仙台真田家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

仙台真田家(せんだいさなだけ)は、真田信繁(幸村)の二男・片倉守信を家祖とする家で、江戸時代を通じて仙台藩士を勤めた。

概略[編集]

戦国時代末期、真田家信濃国(現・長野県小県郡から上野国(現・群馬県吾妻郡にかけて勢力を保っていた。しかし、慶長5年9月15日西暦1600年10月21日)の関ヶ原の合戦直前にあった第二次上田合戦において、当主の真田昌幸ならびに次子の信繁は豊臣方に、嫡男の真田信之徳川方にと敵味方に分かれた。徳川方として勝者となった信之は、沼田家・松代藩主として江戸時代も存続した。一方、敗者となった豊臣方の二人は幽閉され、昌幸は幽閉先の九度山で病死、信繁も大坂の陣の折に嫡男・大助と共に討ち死にした。

しかし、信繁の二男である守信は、伊達政宗仙台藩主)の家臣であり、かつ姉の阿梅の夫でもある、片倉重長(仙台藩・白石城主。地図)に匿われた[1]。その後、守信は伊達家の家臣となり、現在の宮城県刈田郡蔵王町東部の矢附(やづき、地図)および曲竹(まがたけ、地図)に300の領地を与えられた[2](在郷屋敷は矢附に構えた[3])。以降、養子を取りながらも仙台藩士の家系として家督は存続し、今日まで続いている[4]

なお、菩提寺は仙台城下町の新寺小路(現・仙台市若林区新寺)にある成覚寺(じょうかくじ。地図)である[5]

歴代当主と後嗣たち[編集]

  • 初代 片倉守信(当初は片倉姓を名乗る)
    • 辰信(2代)
  • 2代 辰信
    • 信成(3代)
  • 3代 信成
    • 信経(4代)
    • 信周
  • 4代 信経
    • 信廣
    • 信親(5代:養子、田村顕道三男)
    • 信珍(6代:養子、大條頼始三男)
  • 5代 信親
  • 6代 信珍
    • 信凭(7代)
  • 7代 信凭
    • 幸清(8代:養子、真田信知長男)
  • 8代 幸清
    • 幸歓(9代)
  • 9代 幸歓(通称喜平太、洋式兵学者・参政、戊辰戦争に従軍、真田に復姓)
    • 昌棟

系図[編集]

真田信繁子女系図1

竹林院
(正室・大谷吉継娘)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
真田信繁
 
 
 
 
 
隆清院
豊臣秀次娘)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あくり
(蒲生郷喜室)
 
幸昌
 
阿昌蒲
(片倉定広室)
 
おかね
(石川貞清室)
 
片倉守信
 
石田之親
 
三好幸信
 
なほ
岩城宣隆室)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
仙台真田家
 
 
 
 
 
三好氏/秋田真田家
亀田藩士)
 
 
 

真田信繁子女系図2

堀田興重
 
 
 
 
 
真田信繁
 
 
 
 
高梨内記
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
阿菊
(石合重定室)
 
 
 
 
於市
(早世)
 
阿梅
片倉重長室)

仙台真田家[編集]

緑色は当主

片倉守信
 
 
 
真田辰信
 
 
 
信成
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
信経
 
信周
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
信廣
 
信親
(田村顕道三男)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
信珍
(大條頼始三男)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
信凭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
幸清
(真田信知長男)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
幸歓
(真田姓に復姓)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昌棟

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]