仙台総合鉄道部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
仙台総合鉄道部
基本情報
鉄道事業者 日本貨物鉄道
帰属組織 東北支社
所属略号 仙貨
配置両数
電気機関車 70両
内燃機関車 13両
合計 83両
備考 2016年3月1日現在
テンプレートを表示

仙台総合鉄道部(せんだいそうごうてつどうぶ)は、宮城県仙台市宮城野区にある日本貨物鉄道(JR貨物)東北支社の車両基地である。また乗務員も所属する。

所在地[編集]

宮城県仙台市宮城野区燕沢字前塚82-1(東北本線東仙台駅 - 岩切駅間の東仙台信号場に併設)

概要[編集]

国鉄時代からの長町機関区が前身で、1987年4月1日のJR貨物発足時もこの名称を継承した。
1999年4月1日に盛岡機関区を吸収合併したのち、長町駅東側に広がる広大な貨物ヤード跡地の都市開発計画を受けて同年8月に現在地へ移転、名称を仙台機関区に変更[1][2]し、2000年4月1日現名称へ変更した[3]。なお、旧機関区の敷地は仙台市と都市再生機構によって土地区画整理事業が実施され、「あすと長町」として整備されている。

2017年現在、JR貨物の中で唯一車両配置のある総合鉄道部でもある。酒田地区常駐のDE10形東新潟機関区所属)を除く、東北地区のJR貨物の機関車の大半が所属する基地である。

配置車両に表示される略号[編集]

  • 仙貨」 - 仙台を意味する「仙」と、貨物を意味する「貨」から構成される。
    • 」 - 長町機関区時代。長町を意味する「長」で構成される。
    • 」は仙台車両センターが使用する。

歴史[編集]

配置車両[編集]

配置は2016年(平成28年)3月1日現在、運用範囲は同年3月26日改正時[4]

電気機関車[編集]

EH500形
70両(1 - 44,51 - 66,73 - 81,901号機)が所属。
定期運用範囲は以下のとおり。

ディーゼル機関車[編集]

DE10形
1000番台4両(1120,1179,1197,1198号機)、1500番台4両(1591,1595,1643,1719号機)、3000番台1両(3001号機)、3500番台3両(3507,3510,3512号機)の計12両が所属。
定期運用範囲は以下のとおり。
過去の運用範囲
DE11形
1000番台1両(1029号機)が所属。

仙台総合鉄道部宮城野派出[編集]

仙台総合鉄道部宮城野派出(せんだいそうごうてつどうぶ・みやぎのはしゅつ)は、宮城県仙台市宮城野区にある日本貨物鉄道(JR貨物)の検修区所である。

所在地[編集]

仙台市宮城野区宮城野3丁目2−1(仙台貨物ターミナル駅構内)

出典[編集]

  1. ^ 2代目。初代は現在の仙台車両センター
  2. ^ a b 鉄道ピクトリアル』第49巻11号(通巻677号)、電気車研究会1999年11月、 87-88頁。
  3. ^ a b 「車両の話題 JR貨物」、『鉄道ファン』第40巻7号(通巻471号)、交友社2000年7月、 91頁。
  4. ^ 「2016貨物時刻表」 公益社団法人鉄道貨物協会発行
  5. ^ 「2015貨物時刻表」 公益社団法人鉄道貨物協会発行

関連項目[編集]