仙台馬市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

仙台馬市(せんだいうまいち)は、江戸時代の日本の陸奥国仙台で開かれたの定期市である。仙台の国分町で開かれたため、国分町馬市(こくぶんまちうまいち)ともいう。仙台藩で最大、全国的にも知られた大きな市で、領外から買い付けに来る者も多かった。

市の起源[編集]

仙台は慶長6年(1601年)になって新たに開かれた町である。仙台馬市の始まりもそれを遡らないが、起源は陸奥国分寺付近で開かれたと考えられる国分日町にあった。伊達政宗が国分日町で馬11頭を買い求めた代金の支払いについて命じる文書が、仙台に居城を移すことを決める前の慶長5年(1600年)10月28日付である[1]。仙台の国分町は国分寺付近から移転してできた町なので、馬市も国分の市から引き継いだのであろう[2]

国分町の馬市は、春と秋の2回に分かれて開かれた。秋の市が国分日市を引き継ぐものと思われ、初めは晩秋か冬の開催で、後に7月20日からの50日間に繰り上げられた[3]

春のものは3月上旬から4月中旬まで開かれた[4]。享保10年(1725年)の文書には、岩沼で100日間開催されていた市のうち50日分が寛文元年(1661年)に仙台に移されたとある[5]。そうすると春の市はこの年に岩沼から移される形で始まったと推測できる[6]。ところが、寛永2年(1625年)に岩沼馬町が100日ではなく後世と同じく2月から3月に開催されていたことを示す文書もあり、短縮が事実だとしてもそれは寛文元年ではなさそうである[7]。結局、岩沼馬市との関係は伺えるが、詳しい事情は不明としなければならない。

ともかくも仙台の馬市は藩の奨励によって発展し、やがて領内で第一の規模になった[8]

市の様子[編集]

年2回の市のうち、売買が多かったのは春の市である。2月から3月の岩沼馬市の終了後、1日おいて3月上旬から4月中旬まで開かれた。国分町からは引継ぎのための人が岩沼に派遣された[9]

『日本山海名物図会』によれば、城下の中心である芭蕉の辻から北に伸びる国分町を上・中・下に分け、場所を1日交代で変えて市が立った。市の初め5から7日は幕府役人が購入し、続いて仙台藩の役人が購入し、それが終わってから一般の取引が許された。馬を買う人の多くは馬喰(仲買)に手数料を払って鑑定と価格交渉を依頼した。

飢饉のときには馬が減るので、馬市も衰え、回復には年月を要した。天明の大飢饉では馬の減少にともない馬喰の不正が増えたという[10]天保の大飢饉では統計的に馬の数、馬市の売買数の減少が確かめられる[11]

売買統計[編集]

仙台馬市での売買数[12]
西暦年 和暦年
1818年 文政元年 1513 144 1122 154
1819年 文政2年 1827 207 1073 738
1820年 文政3年 1680 257 1166 105
1821年 文政4年 1973 144 837 100
1821年 文政5年 1538 107 815 33
1822年 文政6年 1477 153 860 67
1823年 文政7年 1998 177 1150 101
1824年 文政8年 1534 81 1315 96
1825年 文政9年 1708 99 1173 67
1826年 文政10年 1598 108 1029 416
1827年 文政11年 1376 1302
1828年 文政12年 2226 1483
1829年 天保元年 2638 1894
1830年 天保2年 1417 1213
1831年 天保3年 1515 1002
1832年 天保4年 1322 1084
1834年 天保5年 1714 1451
1835年 天保6年 1806 1951
1838年 天保9年 1936 1802
1839年 天保10年 538 657

脚注[編集]

  1. ^ 『仙台市史』第9巻(資料篇2)1頁、資料番号522に「伊達政宗代物渡方黒印状」として収録。
  2. ^ 伊東信雄「仙台馬市の起源」190-191頁。なお、日市は市と同義である。
  3. ^ 伊東信雄「仙台馬市の起源」193頁。
  4. ^ 伊東信雄「仙台馬市の起源」192頁。
  5. ^ 伊東信雄「仙台馬市の起源」192頁。
  6. ^ 伊東信雄「仙台馬市の起源」190-192頁。
  7. ^ 石母田文書。小々田幸一「仙台藩の馬政について」247頁。
  8. ^ 小々田幸一「仙台藩の馬政について」248頁。
  9. ^ 伊東信雄「仙台馬市の起源」192頁。
  10. ^ 中目文書。小々田幸一「仙台藩の馬政について」249-251頁。
  11. ^ 中目文書。小々田幸一「仙台藩の馬政について」249-250頁。
  12. ^ 小々田幸一「仙台藩の馬政について」より。

参考文献[編集]

  • 伊東信雄「仙台馬市の起源」、『仙台郷土史の研究』、宝文堂、1979年。
  • 小々田幸一「仙台藩の馬政について」、東北大学教育教養学部歴史研究室地域社会研究会『宮城県の地理と歴史』第2巻、東北大学教育教養学部歴史研究室地域社会研究会、1956年。
  • 仙台市史編纂委員会『仙台市史』第9巻(資料篇2)、仙台市役所、1953年。復刻版が萬葉堂より1975年。