仙太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

仙太郎(せんたろう 天保3年(1832年) - 明治7年(1874年10月8日)は江戸時代明治期の人物。安芸国瀬戸田村(現広島県尾道市)の出身。幼名は三太郎、のちに倉次郎。日本人で最初のバプテスト教会の信者である。

生涯[編集]

嘉永3年(1850年)10月29日、乗船していた栄力丸が江戸からの帰路の途中、志摩大王崎で激しい北風のため難破し、漂流。その後12月21日アメリカ商船・オークランド号に救助される。嘉永4年2月(1851年)オークランド号の目的地・サンフランシスコに行き、そこで約一年間停留する。

栄力丸の漂流民一行は、マシュー・ペリー率いる黒船艦隊が日本を訪れる際に同行させられることになる。嘉永5年2月2日軍艦セントメリー号英語版に移され、3月3日ハワイに着いたが船頭の万蔵が病死した。残りの乗組員は9日後出航、香港へ向いアメリカ東洋艦隊のサスケハナ号に移される。香港で浜田彦蔵・治作・亀蔵の3人は再びイギリス船でアメリカに渡航。帳助、清太郎他11名は6年上海へ送られ、そこで定住していた日本人漂流者の音吉の支援を受けて脱走した。

こうして仙太郎ひとりのみがサスケハナ号に残され、真面目に働いた。同船のアメリカ人からはサム・パッチ(Sam Patch)とよばれており、一説によれば、「サム・パッチ」の名は、彼が絶えず呟いていた「心配、心配」から名付けられた渾名だと云われている(some+(sin)pai=patch)[1]。仙太郎はペリー艦隊の中での唯一の日本人として遠征に同行、日本に着いた際には通詞堀達之助らと面会している。しかし、面会した幕府の役人を前に、平伏するばかりで何も言い出すことができなかった。幕府は帰国に身の安全を保証したが、仙太郎には処罰の恐怖が勝ったといわれている。

上陸を諦めた仙太郎は、再度アメリカに渡り、1860年に宣教師ゴーブルに従い本当の帰国を果たした。ただし、自分の意志により、終生外国人居留地から出ることはなかった。

1862年 ゴーブル宣教師が居留地110番に移転。それに伴い、ゴーブルの使用人をしていた仙太郎ジェームス・ハミルトン・バラ宣教師の使用人となる[2]

1866年にはマーガレット・テート・キニア・バラ(ジェームス・ハミルトン・バラの妻)に伴って渡米している[3]。1871年、静岡藩の学問所の教員として招聘されたエドワード・ウォーレン・クラークのコックに雇われて日本に戻り静岡で暮らしたのち、クラークが開成学校の教員になると一緒に上京した[4]

1874年、脚気により死去。中村正直の計らいで、中村家の菩提寺である法華宗本伝寺に葬られた。墓碑にはサム・パッチの音を取り、「三八君墓」と刻まれている。

注釈・出典[編集]

  1. ^ 同時代のアメリカに、著名なスタントマンでナイアガラの滝を飛び下りて死んだSam Patch(1807 - 1829)がいる。
  2. ^ ジェームズ・バラ 飛田 妙子訳 (2018年5月25日). 日本最初のプロテスタント教会を創ったジェームズ・バラの若き日の回想. キリスト新聞社. pp. 200-215. 
  3. ^ マーガレット・テイト・キンニア バラ (著), Margaret Tate Kinnear Ballagh (原著), 川久保 とくお (翻訳)『古き日本の瞥見』、有隣新書
  4. ^ 宮永孝「北米・ハワイ漂流奇談(その二・完)」 p.81

参考文献[編集]

  • ジェームズ・バラ著 飛田妙子訳 『日本最初のプロテスタント教会を創ったジェームズ・バラの若き日の回想』 キリスト新聞社、2018年。ISBN 978-4-87395-744-9。