仙石久尚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

仙石 久尚(せんごく ひさなお、承応元年8月19日1652年9月21日) - 享保20年7月23日1735年9月9日))は、江戸時代中期の旗本江戸幕府大目付。通称は次兵衛(じへえ)。官位は従五位下丹波守伯耆守。隠居後には丹波入道と呼ばれた。

生涯[編集]

承応元年(1652年)8月19日、6000石の旗本仙石久邦の次男として誕生。母は石河貞政の娘。兄に仙石久信がいる。妻は井戸幸弘の娘。養子に久近(但馬出石藩士仙石政友の子)。戦国武将仙石秀久は父方の曾祖父にあたる。

寛文元年(1661年)閏8月13日、初めて4代将軍徳川家綱に謁見し、寛文7年(1667年)11月21日、小姓組に入り幕府に出仕。寛文9年(1669年)、切米300俵を支給された。延宝4年(1676年)6月18日に奥番小姓、11月26日に中奥小姓と転じ、12月26日に従五位下丹波守に叙任した。延宝5年(1677年)閏12月27日、200俵を加増され都合500俵となる。

天和元年(1681年)12月23日、父の遺領6,000石のうち5,000石は長男である兄の久信が継いだが、近江浅井郡の1,000石は久尚に分知され、新しい旗本仙石分家を興した。またそれまで旗本の次男として幕府から支給されていた切米500俵も、この時に返還している。

元禄4年(1691年)12月3日、小姓組組頭。元禄8年(1695年)6月10日に大目付に就任した。元禄12年(1699年)12月22日、上総武射郡下総印旛郡において500石を加増された。元禄13年(1700年)4月には日光山東照宮にて行われる3代将軍徳川家光の五十回忌の法事の事務の為、日光へ赴いた。

元禄15年(1702年)12月15日に高家の吉良義央(吉良上野介)邸を旧赤穂藩士の集団が襲撃した事件、通称「赤穂事件」の際には、旧赤穂藩士側の盟主である大石良雄は、吉田兼亮らを大目付役宅すなわち久尚の下に派遣して、犯行を自首して出ている。

宝永2年(1705年)11月6日、遠江掛川藩井伊直朝が病にかかると幕府からの使者として掛川藩に赴いた。正徳元年(1711年)7月28日、評定所での働きぶりから縮三反を賜った。同年11月22日には先に朝鮮通信使の来日に備えて、東海道・京都・大阪・伏見・兵庫などの順路を巡見した功績で時服四領を賜った。

正徳4年(1714年)、目付稲生正武中町奉行坪内定鑑と共に江島生島事件の捜査に当たり、また同年12月28日には長崎に派遣されている。

享保4年(1719年)1月11日に大目付を退任して小姓組番頭に転じ、享保9年(1724年)1月11日には旗本の最高職である留守居役に就任。この際に上総市原郡に500石の加増があり、都合2,000石となった。

役職と加増には恵まれたが、久尚は後継者の男子に恵まれなかった。兄・久信の子の久豊を養子に迎えたが先立たれ、本家の家臣の仙石左京家から迎えた養子・久近(家祖の仙石秀久の長男であったが、盲目で家督を継げなかった仙石久忠の玄孫。子孫一族は本家の重臣となっていた。久近の一族はのちに仙石騒動の当事者となる)とは折り合いが悪く、80過ぎても家督を譲ろうとしなかった。このため久尚は旗本仙石分家の断絶を恐れる家臣団と対立した[1]。 享保16年(1731年)1月16日、老齢のために留守居役を辞した。慰労のため時服5領を与えられたが、下総印旛郡の領地は上総長柄郡山辺郡に移された。久近が将軍・吉宗に接見し、嫡子と認められた[2]

家中の強い要請により享保17年(1732年)8月26日に82歳で隠居し、敵対していた久近にようやく家督を譲る。失意の久尚は仏の教えにすがろうと出家したが、病に倒れ二年後の享保20年(1735年)7月23日に死去。享年84。駒込の養源寺に葬られる。法名宗毅[3]

久尚の没後40年余、久近の子の久行(久尚の義理の孫)が、宗家である但馬出石藩の養子となり、出石藩第4代藩主となった。

赤穂事件[編集]

元禄15年(1702年)12月15日早朝、吉良義央を討ちとり主君浅野長矩が葬られた高輪泉岳寺へ向かう赤穂浪士46名のうち(47人目の寺坂信行は討ち入り後に隊から外れたと見られる)、吉田兼亮富森正因は一行と別れて大目付仙石久尚の屋敷へと向かい、自首手続きを行なった。 なぜ彼らが久尚に対して自首(犯行の届け)をしたのかについては諸説[4]あるが、仙石家が浅野家の遠縁であったためである、とする説がある(久尚の兄、仙石久信の妻は安部信盛の娘であり、この信盛の曾孫安部信峯は浅野長矩の従兄弟)。

久尚はこの両名から事情を聞いた後、家老の井上万右衛門に聴取書を作らせ、吉田・富森をそのまま仙石邸へ置いて、自身はまず月番老中稲葉正通邸へ立ち寄った後、江戸城へ登城し幕閣に報告した。また、故・吉良義央の子吉良義周からも赤穂浪士が吉良義央邸に討ち入ってきた旨が稲葉邸に届け出られ、泉岳寺からも寺社奉行阿部正喬を通して、また町奉行松前嘉広からもそれぞれ報告があったために大方の書類は出揃った。老中の評議の結果、ひとまず赤穂浪士は細川綱利松平定直毛利綱元水野忠之の4藩に分割してお預け、とすることが決まった。午後6時頃、仙石は、部下の徒目付の石川弥一右衛門、市野新八郎、松永小八郎の3人を泉岳寺へ派遣し、赤穂浪士に対して一旦全員を仙石邸へ移送するよう指示した。仙石邸での取り調べの後、赤穂浪士にそれぞれの預かり先を言い渡した後、仙石邸から4藩に引き渡した[5]

その後、幕府評定所(大目付4人=十里四方鉄炮改兼帯・仙石久尚、道中奉行兼帯・安藤重玄、宗門改加役人別改兼帯・近藤用章、服忌令分限帳改兼帯・折井正辰、寺社奉行3人=永井直敬、阿部正喬、本多忠晴、何れも奏者番兼帯、町奉行3人=南町・丹羽長年、北町・保田宗郷、中町・松前嘉広、勘定奉行4人=佐渡奉行兼帯・荻原重秀、公事方道中奉行兼帯・久貝正方戸川安広、中山時春で構成)において赤穂浪士の処分について議論されたが、久尚はじめほとんどの評定所参加者が浅野(赤穂藩浪人衆)寄りであったため、12月23日に老中へ提出された評定所の最終的意見書は「吉良義周は切腹、吉良家の家臣で戦わなかった者は侍ではないので全員斬罪、吉良の実子上杉綱憲は父の危機に何もしなかったため領地召し上げ。浅野遺臣たちは真の忠義の者たちであるので、このままお預かりにしておいて最終的には赦免するべき」という浅野方に贔屓な内容となった。しかしこの評定所の意見は将軍徳川綱吉ら幕閣には受け入れられず、赤穂浪士は2月3日に切腹と決定され、4日に切腹が4藩で実施された。ただし、同時に評定所は吉良義周を呼び出し、討ち入りの際の義周の行動が「不埒・不届き」であったとして吉良家を改易にしている。

江島生島事件[編集]

正徳4年1月12日1714年2月26日)、月光院に仕える御年寄・江島は、主人の名代として上野寛永寺増上寺へ前将軍・家宣の墓参りに赴いた。その帰途に木挽町(現在の東京都中央区東銀座。歌舞伎座周辺)の芝居小屋・山村座にて生島新五郎の芝居を見物する。江島は生島らを茶屋に招いて宴会を開いたが、大奥の門限に遅れてしまった。大奥七ツ口の前で押し問答をしている内にこの事が江戸城中に知れ渡り、評定所が審理することになった。

大目付である久尚は、江戸中町奉行坪内定鑑目付稲生正武らとともに関係者を徹底的に調べ、それにより大奥の規律の緩みが次々と明らかにされた。江島は生島との密会を理由に、評定所から下された裁決は死一等を減じての遠島(島流し)。連座して、旗本であった江島の異母兄の白井勝昌は斬首、弟の豊島常慶は重追放となった。江島についてはさらに罪一等を減じて高遠藩内藤清枚にお預けとなった。 江島の遊興相手とみなされた生島は三宅島への遠島、山村座座元の五代目山村長太夫伊豆大島への遠島となって、山村座は廃座。風紀粛正のために多数の連座者が出され、最終的に50人近くの人が罰せられた[6]

演じた俳優[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 同時期に本家である旗本5千石家の仙石久治(仙石兵庫。兄の久信の子。定火消として知られた。)も実子にすべて先立たれ、60半ばになっても後継がなく家中混乱が起きている。
  2. ^ 寛政重修諸家譜 巻第307」
  3. ^ 『仙石家文書』より「日記類」および「改撰仙石家譜」(出石町立史料館)
  4. ^ 町奉行の扱いとなる「江戸市中における浪人集団の凶行」などではなく、あくまで大名家同士の諍いであるとする体裁を取るため、大目付に届けるのが妥当と判断した、など。
  5. ^ 肥後藩細川家は泉岳寺から直接移送と勘違いし、江戸家老三宅藤兵衛の指図によりその旨の準備(17人の預かり担当に対し、警護含む人員847人)がされたが、仙石邸からの受取と知って急遽行先を変更した上で、当時としてはかなり夜間となる午後10時に仙石邸から17名の受け取りを行っている。これにより、現場では多少の混乱・情報の錯綜があったことが窺い知れる。
  6. ^ 山本博文『大奥学』(2008年、新潮社)

関連項目[編集]