代々木造形学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

代々木造形学校(よよぎぞうけいがっこう、英:Yoyogi Seminar Formative Arts School)は、東京都渋谷区原宿にある、基礎造形を学ぶ専修学校(一般課程)。学校法人高宮学園が運営しており、正式名称は「専修学校代々木ゼミナール造形学校」(略称「代々木造形」)。数多くの卒業生が、芸術家美術家クリエイティブディレクターアートディレクターデザイナーとして活躍。また、美術館博物館キュレーターや、美学美術史専攻の大学教員評論家編集者としても活躍している。

沿革[編集]

  • 1962年 代々木ゼミナール内に「デッサン科」を設置
  • 1965年 「芸大受験科」を新設。夜間部を設置
  • 1966年 代々木ゼミナール発足の地を「美術センター」として改築し、独立した校舎へ移転
  • 1968年 現役高校生のための土曜・日曜の「基礎コース」を設置
  • 1970年 「デッサン科」を「美術科」に改称
  • 1972年 美術科分室を開設
  • 1981年 代々木ゼミナールの「美術科」が新校舎を建設し独立。東京都が認可する専修学校制度に準ずる「代々木ゼミナール造形学校」(「造形学校」)として開校。5階建て17室のアトリエと大石膏室、アートギャラリーを併設。当時の校舎はJR新宿駅代々木駅の中間地点(のちの代ゼミ本部校所在地)に位置していた。
  • 1987年 専修学校「大阪造形専門学校」を、専修学校代々木ゼミナール大阪校(代々木ゼミナール大阪校)の校舎内に開校
  • 1989年 「横浜アトリエ」を開校。「造形学校」昼間部の「デザイン・工芸科」を、東京藝術大学を目指す「デザイン・工芸科芸大コース」と、私立の芸術大学、美術大学を目指す「デザイン・工芸科私大コース」に分ける。
  • 1991年 地方在住の受験生のために「通信教育」を開始
  • 2004年 「個別指導アトリエ」を設置
  • 2005年 代々木ゼミナール本部校代ゼミタワーの地とするため、「造形学校」を原宿駅前に移設
  • 2012年 開校50周年を記念し、付属施設として「代々木アートギャラリー」を開廊
  • 2014年 「造形ジュニアこども絵画教室」を開講。専修学校代々木ゼミナール大阪校の閉校に伴い、校舎を共有していた「大阪造形専門学校」も閉校となる。
  • 2015年 専修学校代々木ゼミナール大阪校と校舎を共有していた「大阪造形専門学校」閉校の代替処置として、専修学校代々木ゼミナール大阪南校に「芸大美大コース」が開設される(のち、生徒募集停止)

学科[編集]

新入学部科[編集]

  • 造形本科
    • 油絵科
    • 日本画科
    • 彫刻科
    • デザイン・工芸科
  • 造形受験生科
    • 油絵科
    • 日本画科
    • 彫刻科
    • デザイン・工芸科
    • 建築科
    • 芸術学科
    • メディア表現科
    • 基礎科

前年度在籍部科[編集]

  • 造形本科・大学受験科
  • 造形受験生・造形生科
  • 通信教育・個別指導アトリエ科
  • 造形講習会生・代ゼミ生科

主な出身者[編集]

学校長[編集]

  • 横田充

所在地[編集]

〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-62-3

関連施設[編集]

  • 代々木アートギャラリー

過去に存在した関連施設[編集]

  • 代々木ゼミナール大阪造形専門学校
  • 代々木ゼミナール造形学校横浜アトリエ