代官山UNIT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
代官山UNIT
Daikanyama UNIT in TOKYO JAPAN.jpg
代官山UNITが入っているザ・ハウスビル
(2018年8月撮影)
情報
開館 2004年7月4日
収容人員 550人
設備 多目的スペース(B1FLAT・地下1階)
バー(SALOON・地下3階)
用途 ライブハウスクラブ
運営 TYPE2
所在地 101-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-34-17 ザ・ハウスビル
アクセス 代官山駅から徒歩2分
外部リンク www.unit-tokyo.com

代官山UNIT(だいかんやまユニット)は、東京都渋谷区恵比寿西にあるライブハウスクラブである。バーなどを併設した、地下3階建の音楽複合施設となっている[1]

沿革 [編集]

代官山UNITはオープン2年前に企画が立てられ、2004年7月4日オープンした[2]。設立に携わったスタンドワークスによれば、「ライヴハウスとクラブとの融合」を目指した新宿LIQUIDROOMを原点として、それを発展させるコンセプトで建設された[2]。その後、2012年7月6日・7日にはオープン8周年を記念し、「UNIT 8TH ANNIVERSARY PARTY」を開催している[3]。日本に限らずアジア系の音楽イベントも開催されており[4]、2019年時点ではスタンドワークスから分社したTYPE2によって運営されている[1]

施設 [編集]

代官山・鎗ヶ崎交差点付近の[1]Za HOUSEビル内に位置し[4]、ライブスペースのある地下2階のUNITのほか[2]、地下1階の多目的スペース「B1FLAT」[5]と地下3階のバー「SALOON」で構成される[2]。天井高 5.1メートルのライブフロアは、スタンディングで550名が収容可能となっている[1]。「B1FLAT」は元々カフェとして営業されていた[2]「UNICE」を2019年8月に改装オープンした空間で、キッチンやバーカウンターを備えている[5]。「SALOON」は音楽の流れる30席を備えたバーであり、2007年の改装に伴い吊り下げ式のスピーカーが備え付けられた[6]。代官山UNITでは、これらの3つの施設を連動させたイベントの開催も可能としている[5]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 代官山UNIT”. LiveWalker. ファイアーレンチ. 2017年7月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月25日閲覧。
  2. ^ a b c d e 山本 士朗氏 スペシャル・インタビュー 株式会社スタンダードワークス代表取締役社長”. Musicman-NET. エフ・ビー・コミュニケーションズ株式会社 (2004年7月1日). 2020年1月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月19日閲覧。
  3. ^ 代官山"UNIT"が8周年(クラベリア)”. 2012年9月20日閲覧。
  4. ^ a b 日本live houseインタビュー・代官山UNIT 「いい架け橋ようになれば」”. MeMeOn Music. MeMeOn. 2016年6月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月25日閲覧。
  5. ^ a b c 代官山B1FLAT”. LiveWalker. ファイアーレンチ. 2020年1月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月25日閲覧。
  6. ^ 代官山サルーン”. LiveWalker. ファイアーレンチ. 2017年11月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月25日閲覧。
  7. ^ OKMusic編集部 (2018年11月28日). “【androp ライヴレポート】『one-man live tour 2018"angstrom 0.9 pm"』2018年11月16日 at 代官山UNIT”. OKMusic (ジャパンミュージックネットワーク). オリジナルの2020年1月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200125055832/https://okmusic.jp/news/307721 2020年1月25日閲覧。