代田文誌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

代田 文誌(しろた ぶんし、1900年9月26日 - 1974年)は、鍼灸師。長野県鍼灸師会初代会長。息子は医師の代田文彦。

長野県豊丘村に生まれ、澤田健に弟子入りし、1944年に長野市で開業。1951年5月30日から1965年4月20日まで長野県鍼灸師会初代会長を歴任。太極療法(澤田流)を正式に継承し、数多くの著作物を世に送り出してきた。鍼灸の中でも科学派に属し、塩沢幸吉、木下晴都、倉島宗二、米山博久、三木健次、森秀太郎、清水千里らと共に内臓体壁反射学説を学ぶため1960年に結成された日本針灸皮電研究会(現日本臨床鍼灸懇話会)で、石川太刀雄を筆頭に集まった。

著書[編集]

  • 求むる心(1935)
  • 閃光記(1939)
  • 鍼灸治療基礎学(1940)
  • 閃光記(1940)
  • 十四経図解鍼灸読本(1940)
  • 鍼灸真髄(1941)
  • 療病神髄(1942)
  • 灸療雑話(正・続)(1942・43)
  • 鍼灸治療臨床学(1・2・3・4)(1943)
  • 鍼灸治療の理論と実際(1946)
  • 簡易灸法(1946)
  • 鍼灸治療の新理論と其の応用(1950)
  • 頸動脈洞刺鍼の学理と実際(1950)
  • 洞刺の手引(1956)
  • よく効く灸とはりの療法(1965)
  • 鍼灸治療の実際(上下)(1966)
  • 鍼灸臨床ノート(1・2・3・4)(1972)
  • 鍼灸臨床録(1973)
  • 歌集 火の山(1975)
  • 和訳寒山詩(1977)
  • 歌集 武蔵野(1982)