仮想結晶近似

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

仮想結晶近似(かそうけっしようきんじ、Virtual crystal approximation、Virtual crystal modelとも言う)は、2種類以上のポテンシャル(Va、Vbとする:2種類の場合)がランダムに配置している場合(例: 不規則二元合金)、その混合比の単純平均をしたポテンシャル(V = xVa + yVb, x + y =1)を考え、これを使ってバンド計算を行う近似。混合比(濃度)で単純に平均化した仮想的なポテンシャルVが、周期的に並んだ結晶を考えることからこの名前が付けられた。

関連項目


過去1時間の間にもっとも読まれた記事
錦織圭 差別用語 マナカナ 加藤雅也 山崎育三郎 山本裕典 菅田将暉 ハマ・オカモト 向井康二 平愛梨 坂下麻衣 ドナルド・トランプ 稀勢の里寛 純烈 中島健人 滝沢秀明 横浜流星 五十嵐潤 安倍なつみ 忽那汐里
「仮想結晶近似」のQ&A
1  ホールもトンネルしますか?
2  BD-R BD-RE DVD-RAM 寿命に…
3  なぜpn接合に逆バイアスをかけても電流は流れ…
モバイル版goo wikipedia提供中!
↓↓↓下記QRコードからアクセス↓↓↓
モバイル版goo wikipedia QRコード
Wikipedia記事検索について