仮想結晶近似

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

仮想結晶近似(かそうけっしようきんじ、Virtual crystal approximation、Virtual crystal modelとも言う)は、2種類以上のポテンシャル(Va、Vbとする:2種類の場合)がランダムに配置している場合(例: 不規則二元合金)、その混合比の単純平均をしたポテンシャル(V = xVa + yVb, x + y =1)を考え、これを使ってバンド計算を行う近似。混合比(濃度)で単純に平均化した仮想的なポテンシャルVが、周期的に並んだ結晶を考えることからこの名前が付けられた。

関連項目


過去1時間の間にもっとも読まれた記事
紗栄子 ジョン万次郎 沖田杏梨 小室哲哉 西部邁 中田英寿 伊藤みき 里崎智也 有安杏果 水沢真樹 千葉雄大 古河グループ 大砂嵐金崇郎 前山田健一 閉鎖都市 三輪ひとみ 高岡早紀 風香 龍が如く 篠めぐみ
「仮想結晶近似」のQ&A
1  ホールもトンネルしますか?
2  BD-R BD-RE DVD-RAM 寿命に…
3  なぜpn接合に逆バイアスをかけても電流は流れ…
モバイル版goo wikipedia提供中!
↓↓↓下記QRコードからアクセス↓↓↓
モバイル版goo wikipedia QRコード
Wikipedia記事検索について