仮谷忠男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

仮谷 忠男(かりや ただお、1913年5月30日 - 1976年1月15日)は、日本政治家自由民主党衆議院議員三木内閣建設大臣高知県出身。

来歴・人物[編集]

高知県幡多郡上灘村以布利出身。高等小学校卒業後、清水町助役、以布利漁協組合長、県漁連副会長[1]を経て1947年より高知県議会議員を4期、同議長を経て、1960年第29回衆議院議員総選挙高知県全県区から立候補し、当選する(当選同期に海部俊樹亀岡高夫細田吉蔵小沢辰男佐々木義武田沢吉郎谷垣専一伊藤宗一郎田川誠一渋谷直蔵藤井勝志など)。当選5回。自民党では佐藤派田中派に所属する。農林政務次官建設政務次官、衆議院農林水産委員長を歴任し、田中改造内閣で科学技術庁長官を要請されたが辞退し、1974年三木武夫内閣で建設大臣に就任する。

建設大臣としては、石油危機による本州四国連絡橋建設凍結を解除した。

大三島橋の起工式に出席した際喘息をこじらせ、建設大臣在任中の1976年1月15日に急死した。なお、後任の建設相には同じ田中派の竹下登が就任した。

舌禍事件[編集]

建設大臣在任中の1975年10月12日、自民党青森県連のパーティーで「私はここでは国会答弁のようないい加減なことは言わない」と舌禍事件を起こし、野党から反発を招き、国会が空転した。10月17日に仮谷は国会で遺憾の意を表明し、国会は正常化した。

この事件では仮谷が一方的に批判されることが多いが、一方で野党には舌禍事件まで仮谷の「国会答弁におけるいい加減さ」を見抜けなかったという批判がある。

脚注[編集]

  1. ^ 足摺の名所”. www.ashizuri.jp. 2020年2月17日閲覧。