半保護されたページ

仮面ライダーリバイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

仮面ライダーシリーズ > 仮面ライダーリバイス
令和仮面ライダー
第2作 仮面ライダーセイバー 2020年9月
- 2021年8月
第3作 仮面ライダーリバイス 2021年9月
-
仮面ライダーリバイス
ジャンル 特撮テレビドラマ
原作 石ノ森章太郎
脚本 木下半太
監督 柴﨑貴行
出演者 前田拳太郎
日向亘
井本彩花
濱尾ノリタカ
浅倉唯
関隼汰
八条院蔵人
奥智哉
西郷豊
小松準弥
田邊和也
矢柴俊博
映美くらら
戸次重幸
声の出演 木村昴
音楽 中川幸太郎
オープニング Da-iCE feat. 木村昴
「liveDevil」
言語 日本語
製作
プロデューサー 井上千尋(テレビ朝日)
水谷圭(テレビ朝日)
望月卓(東映)
製作 テレビ朝日
東映
ADK
放送
放送局テレビ朝日系列
映像形式文字多重放送
データ放送
音声形式ステレオ放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2021年9月5日 -
放送時間日曜 9:00 - 9:30
放送枠スーパーヒーロータイム第1枠
放送分30分
仮面ライダーリバイス|テレビ朝日
仮面ライダーリバイス|仮面ライダーWEB【公式】|東映

特記事項:
令和仮面ライダー」第3作
仮面ライダー生誕50周年記念作品
テンプレートを表示

仮面ライダーリバイス』(かめんライダーリバイス、欧文表記:KAMEN RIDER REVICE)は、2021年9月5日よりテレビ朝日系列で毎週日曜9:00 - 9:30(JST)に放送されている、東映制作の特撮テレビドラマ作品[1]

キャッチコピーは「ヒーローと悪魔が相棒タッグ…つまり最強!」。

概要

仮面ライダー生誕50周年記念作品。令和仮面ライダー第3弾となる本作品では、悪魔と契約して変身する1人で2人の仮面ライダーが主役となる[1]

新型コロナウイルスの影響を受けて、企画当初はロードムービーのようなアフターコロナの時代を見据えたコンセプトを想定していたが、一向に収束する気配もなく、子供たちは特別な行事だけでなく日常も制限されて普通の幸せを奪われているため、子供たちだけでなくとにかく観てくれる人に楽しんでもらえるよう心がけている[2]。感染症流行の影響で家族と過ごす時間が増えた人にとっても、逆に簡単には会えなくなった人にとっても、以前とは異なる家族の景色を見る中で、その大切さに気づいてほしいという思いから家族をテーマとしている[2]。また、我慢を強いられる時代だからこそ、自分の内側に潜む悪魔のささやきが聞こえやすくなり、屈しやすくなるため、それを制御するための力を身につけてほしいという比喩表現として[2][3]、また、単純な勧善懲悪ではなく悪の力で敵を倒すという善悪の曖昧さや表裏一体さを持つ仮面ライダーの原点に立ち返る意味で[4][3]悪魔の要素を取り入れている。

仮面ライダーディケイド』や『仮面ライダージオウ』との差別化として、本作品ではレジェンドライダーたちが直接的に関わるのではなく、50周年をフックにしてレジェンドライダーをデザインなどのモチーフにするのに留めており、初期の構想ではレジェンド要素を全面に出すつもりはなかったという[5]

脚本に木下半太を起用したのは、木下の作品が人間の恥部や暗部を隠さずに描くような、実は暗いテーマや陰惨な話である一方で、それを親しみやすく提示できるそこはかとなく明るい作風であるため、ストーリーが展開するなかでどうしても暗い方向に進んでしまう仮面ライダーにおいても全体のムードを明るく保ち続けられると考えたからだという[6]

主人公が家族で銭湯を営んでいる設定は、家族をテーマとして描く上で、全員が共通で大事にしているものとして、脚本の木下やパイロット監督の柴崎が銭湯好きであることから決まっていった[6]

あらすじ

人間の体内にいる悪魔と契約し、分離させることができる謎のスタンプバイスタンプが中南米の遺跡で発見されてから50年の月日が流れ、現代では悪魔を崇拝する組織デッドマンズが、同じく遺跡で発見されたミイラのギフを、人間を生贄にすることで復活させようと暗躍し、その一方で政府特務機関であるフェニックスは、デッドマンズの野望を阻止すべくライダーシステムの開発に着手していた。

家族で銭湯しあわせ湯を営んでいる五十嵐一輝は、自分の中にいる悪魔のささやきに悩まされながらも日々を過ごしていたが、あるときその悪魔が自分にだけ認知できるようになる。後日、フェニックスに所属する一輝の弟五十嵐大二の分隊長任命式にて、一輝たちはデッドマンズのアギレラが率いるデッドマンの襲撃を受ける。一輝は家族を守るために悪魔から持ちかけられた契約に応じるが、実体化した悪魔が暴走を始めたため、フェニックスの研究者ジョージ・狩崎の指示で、悪魔を制御するためにリバイスドライバーを装着し仮面ライダーに変身し、悪魔とともに敵を一掃。狩崎は一輝のライダーを仮面ライダーリバイ、悪魔のライダーを仮面ライダーバイスと命名する。

登場人物

五十嵐家

五十嵐 一輝いがらし いっき / 仮面ライダーリバイ
本作品の主人公[1]。銭湯「しあわせ湯」を経営する五十嵐家の長男。デッドマンの襲撃を機に、家族を守るためにバイスと契約し仮面ライダーリバイの変身者となる。サッカー経験者で憧れの人物は三浦知良
バイス / 仮面ライダーバイス
本作品のもう1人の主人公[1]。一輝の内側に宿っている悪魔。常にテンションが高く陽気な性格で、一人称は「俺っち」。一輝と契約し仮面ライダーになった際に、狩崎からバイスと命名される。一輝と契約を交わしたことで実体化が可能となったが基本的には一輝以外の人間にはバイスの姿・声は認識できず、また自らの好奇心や欲望の赴くままに行動するため、一輝の意思に反する行動を取ることも少なくない。
第2話では、カマキリ・デッドマンズとの戦闘中、近くにいた人間に悪魔を解放するよう唆したことで一輝の怒りを買い、悪魔の危険性を知る彼に説教されても駄洒落で誤魔化そうとするなど悪びれる様子を一切見せていなかったが、自身が唆した人間が解放したメガロドン・デッドマンズの襲撃によって一輝が窮地に陥ったことや彼が死ぬとバイス自身も死んでしまうことで自らの非を認め、「一輝の言うことを守る」という契約を交わす。
  • バイスの声を演じる木村は、台本に台詞のない場面でもスーツアクターがアクティブに動くことから、自分もアドリブの台詞を多く入れており[7]、また、仮面ライダーシリーズで関智一が演じたキャラクターを意識し、そこにガキ大将のイメージやランプの魔人であるジーニーのイメージを取り入れて演じている[8]
  • 悪魔をエンタメとして昇華させるために、怖い側面もあるが子供がワクワクするような見た目を意識してデザインされた[3]
五十嵐 大二いがらし だいじ
一輝の弟。悪魔を崇拝する団体「デッドマンズ」に対抗するための組織「フェニックス」の隊員。
リバイスドライバーの本来の適合者であったが、自身が「フェニックス」の分隊長に就任する式典の最中に現れたデッドマンズの襲撃の際、門田が無断でドライバーを使おうとして新たな怪人を生み出してしまったのを目の当たりにした恐怖に苛まれてドライバーとレックスバイスタンプを手放し、結果的に兄・一輝がドライバーの新たな適合者となる。
五十嵐 さくらいがらし さくら
一輝と大二の妹。
五十嵐 幸実いがらし ゆきみ
一輝たち3兄妹の母。
大二が「フェニックス」の分隊長に就任する式典におけるデッドマンズの襲撃によって負傷し病院に搬送される。一輝が仮面ライダーに変身する場面を目撃しており、彼が「しあわせの湯」の経営を優先するために「フェニックス」との契約を断ろうとしているのを知ると、「銭湯は家族で守れるけど、世界は一輝にしか守れない」と諭す。
五十嵐 元太いがらし げんた
一輝たち3兄妹の父。

フェニックス

ジョージ・狩崎ジョージ かりざき
ライダーシステムの開発者。
門田 ヒロミかどた ヒロミ
フェニックスの幹部。デッドマン襲撃時の失態により、分隊長に降格する。
若林 優次郎わかばやし ゆうじろう
フェニックスの幹部。

デッドマンズ

アギレラ
デッドマンズの首魁。
オルテカ
デッドマンズの幹部。
フリオ
アギレラのボディーガード。

その他の人物

牛島 光うしじま ひかる
牛島太助の息子。
伊良部 正造いらぶ しょうぞう
しあわせ湯の常連。
牛島 太助うしじま たすけ
しあわせ湯の常連。

仮面ライダー

共通ツール

ガンデフォン50ガンデフォンフィフティ
フェニックスの上級隊員に支給される多機能端末。電話型のフォンモードと銃型のガンモードの2モードに切り替えることができる。

仮面ライダーリバイス

仮面ライダーリバイと仮面ライダーバイスのコンビ。

  • 1人で2人の仮面ライダーという本作品のコンセプトにより、タイトルは真ん中の単語が共通になるようにするというルールを設け、最初に「悪・犯罪」という意味を持ち、バディ感を出すことができる「副」の意味を持ったバイスが決まり、次に「悪を修正する」という意味を込めてリバイスという単語が浮上し、最後に旧約聖書に登場するリヴァイアサンを彷彿とさせ、ヘブライ語で「結びつける」という意味を持つリバイが決まった[6][3]
  • デザインモチーフは生物の遺伝子と過去の仮面ライダーであり、人間の体内に蓄積された遺伝情報をスタンプで取り出し肥大化させるというイメージで、それを特徴として落とし込むにあたって、オーソドックスで個性的な生物としてTレックスが基本形態のモチーフとなった[6]。また、派生形態の変身音声もモチーフのライダーに因んだものとなっている。

仮面ライダーリバイ

五十嵐一輝がリバイスドライバーで変身する仮面ライダー。

形態
レックスゲノム
レックスバイスタンプで変身するリバイの基本形態。
変身音声は「オーイング!ショーニング!ローリング!ゴーイング!仮面ライダー!リバイ!バイス!リバイス!」。
イーグルゲノム
イーグルバイスタンプで変身するリバイの派生形態。
変身音声は「荒ぶる!高ぶる!空駆け巡る!イーグル!お前の羽を数えろ!」。モチーフは仮面ライダーW[9]
スペック
名称 身長 体重 パンチ力 キック力 ジャンプ力
(ひと跳び)
走力
(100m)
初登場
レックスゲノム 198.2cm 93.6kg 8.9t 32.1t 28.2m 3.8秒 第1話
イーグルゲノム 196.9cm 81.1kg 8.0t 25.7t 52.4m 5.3秒 第2話
ツール
リバイスドライバー
リバイが使用する変身ベルト。バックルの状態で携行され、腹部に当てると自動で収納されているベルト帯が展開して装着される。反応速度を向上させるために印面に呼気を当てたバイスタンプをオーインジェクターに押印し、バイスタンプゴースロットにセットして倒すことでオーインジェクターが回転し変身する。変身中にバイスタンプを倒してオーインジェクターを回転させてからもう一度バイスタンプを倒すことで必殺技を発動する。変身中にバイスタンプを倒してオーインジェクターを回転させ、バイスタンプのボタンを押してもう一度倒すことでリミックス変身を行う。
オーインバスター50オーインバスターフィフティ
リバイが使用する武器。本来はスタンプ部分のみだがリバイに押印することで武器化する。銃型のガンモードと斧型のアックスモードの2モードに切り替えることができる。

仮面ライダーバイス

バイスがリバイスドライバーのバディアップで変身する仮面ライダー。

形態
レックスゲノム
レックスバイスタンプで変身するバイスの基本形態。
イーグルゲノム
イーグルバイスタンプで変身するバイスの派生形態。
スペック
名称 身長 体重 パンチ力 キック力 ジャンプ力
(ひと跳び)
走力
(100m)
初登場
レックスゲノム 199.8cm 92.2kg 8.5t 29.9t 29.6m 3.7秒 第1話
イーグルゲノム 200.0cm 84.3kg 7.2t 22.3t 56.1m 5.1秒 第2話

リミックス

リバイスレックス
レックスゲノムでリバイとバイスがリミックスした形態。
変身音声は「必殺!繰り出す!マックス!レックス!」。

デッドマン

本作品における敵怪人。バイスタンプを人間に押印することによって、人間が宿している悪魔を分離し実体化させて生み出す悪魔獣。

諸元
ギフジュニア
身長 199.2cm
体重 64.1kg
ギフジュニア
デッドマンズの戦闘員。

アイテム

バイスタンプ
本作品におけるキーアイテム。50年前に南米の遺跡で発見された謎のスタンプをフェニックスが研究する過程で発明した、特定の生物の遺伝子情報を保存したスタンプ型アイテム。仮面ライダーが変身のために使用するが、資格を持たない者が使用するとデッドマンを生み出す危険性がある。また、生物のエンブレムの後ろにはモチーフとなった過去の仮面ライダーの顔が刻まれている。
  • プロデューサーの望月は、人間の体内にいる悪魔を引き出すという行為を表現できるアイテムについてバンダイと検討し、自分の子供がスタンプで遊んでいたことや、ウェブでスタンプと検索してもLINEスタンプの画像が上位を占め、デジタルでもスタンプを押すという行為が一般的であることを認識してスタンプに決めたことを話している[6][5]
名称 遺伝子情報 デッドマン 初登場 備考
レックス[10] T-レックス レックス・デッドマン 第1話
ギフジュニア[10] なし ギフジュニア 第1話
イーグル[10] 第2話
プロトバイスタンプ
人間に押印することによって悪魔を分離させデッドマンを生み出す。バイスタンプと違ってこちらは後ろに過去の仮面ライダーの顔が刻まれていない。
名称 遺伝子情報 デッドマン 初登場 備考
マンモス[10] マンモス マンモス・デッドマン 第1話
カマキリ[10] カマキリ カマキリ・デッドマン 第2話
メガロドン[10] メガロドン メガロドン・デッドマン 第2話
バッタ バッタ バッタ・デッドマン 『セイバー』増刊号

キャスト

レギュラー・準レギュラー

声の出演

ゲスト

スーツアクター

スタッフ

  • 原作 - 石ノ森章太郎[16]
  • スーパーバイザー - 小野寺章
  • プロデューサー - 井上千尋[1](テレビ朝日)、水谷圭[1](テレビ朝日)、望月卓[1](東映)
  • 脚本 - 木下半太[1]
  • 音楽 - 中川幸太郎[16]
  • 撮影 - 倉田幸治
  • 照明 - 佐々木康雄
  • 美術 - 大嶋修一
  • 録音 - 堀江二郎
  • 編集 - 若松広大
  • スクリプター - 梅木望帆
  • 助監督 - 作野良輔
  • 制作担当 - 東正信
  • ラインプロデューサー - 下前明弘
  • V.E - 小森広美
  • F.O - 二藤部武男
  • C.A - 中津愛
  • リアルタイム合成 - 大朝舞紀
  • 照明助手 - 西田文彦・才田こずえ
  • 録音助手 - 宇井みゆき
  • 美術助手 - 小林桜
  • 装飾 - 春藤雄・山口康孝
  • 小道具 - 小山徹(東京美工)
  • 装置 - 嶋村亮昴(紀和美建)
  • 衣装 - 神子島佑佳・花房奈苗(東京衣装)
  • ヘアメイク - 松本智菜美・清水亜莉沙(ザフェイスメイクオフィス)
  • キャラクター管理 - 小野島泰宏
  • 絵コンテ - 伊藤そうあ
  • 原稿担当 - 佐々木智章
  • モニターグラフィック - 遠藤眞一郎
  • オープニングイラスト - 武藤聖馬[17]
  • 操演 - 高木友膳(ライズ)
  • カースタント&コーディネート - 西村信宏(武士レーシング)
  • 助監督 - 荒川史絵、田渕大倫、佐藤音二郎、田中祥利、清智史
  • 進行主任 - 本間隆廣・永井大裕、式守修
  • 進行 - 式守修、永井大裕
  • 制作デスク - 山口凛・髙田彩可
  • MA - 曽我薫
  • 選曲 - 金成謙二(ドンカンパニー)
  • 音響効果 - 大野義彦・木下美帆
  • キャラクターデザイン - 田嶋秀樹(石森プロ)・PLEX
  • クリーチャーデザイン - 久正人[18]
  • 衣装デザイン - 伊津野妙子・石川彩希
  • 衣装制作 - JAP工房
  • 衣装スタイリスト - 村瀬昌弘
  • AP - 磯田ゆう
  • プロデューサー補 - 百瀬龍介(東映)
  • 代理店担当 - 古谷大輔(ADK EM)
  • 資料担当 - 山辺浩一・金子しん一(石森プロ)
  • 編成 - 川崎栞・芝高啓介(テレビ朝日)
  • 宣伝 - 森千明
  • デジタル展開 - 渕勇ニ(テレビ朝日)
  • インターネットデータ放送 - メディプレ
  • 取材担当 - 平林京子
  • アクション監督 - 渡辺淳ジャパンアクションエンタープライズ[16]
  • 特撮監督 - 佛田洋[16]
  • 監督 - 柴﨑貴行[1]
  • 制作 - テレビ朝日[16]東映[16]ADK[16]

音楽

主題歌「liveDevil」[19]
歌 - Da-iCE feat.木村昴 / 作詞 - 藤林聖子 / 作曲 - MUSOH、STEVEN LEE、SLIPKID、花村想太 / 編曲 - STEVEN LEE / Add Arrangement - Hiroyuki Fujino
オープニング映像は第2話から使用。

放送日程

放送日 放送回 サブタイトル 登場怪人 脚本 アクション監督 監督
2021年09月05日 第1話 家族!契約!悪魔ささやく![ep 1]
  • マンモス・デッドマン
  • レックス・デッドマン
木下半太 渡辺淳 柴﨑貴行
9月12日 第2話 悪魔はあくまで悪いやつ!?[ep 2]
  • カマキリ・デッドマン
  • メガロドン・デッドマン

他媒体展開

他テレビシリーズ

仮面ライダーセイバー
本作品とコラボレーションしたエピソードとして制作された「増刊号」(番組最終回)に、一輝 / 仮面ライダーリバイと仮面ライダーバイスが登場[20]

映画

セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』(2021年7月22日公開)
仮面ライダー50周年×スーパー戦隊45作品記念。テレビシリーズの放送開始に先駆け、仮面ライダーリバイと仮面ライダーバイスが登場。
『仮面ライダーリバイス』(2021年7月22日公開)
本作品の単独作品。上記『スーパーヒーロー戦記』の同時上映作品が本作品の23分尺の短編映画であることが公開当日に発表された[1]。テレビシリーズの放送に先行して映画が公開されたのは、仮面ライダーシリーズでは本作品が初となった[1]。短編映画の時系列はテレビシリーズの3.5話として位置付けられている[21]

脚注

[脚注の使い方]

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q “新ライダーは悪魔と契約して変身!「仮面ライダーリバイス」主演は前田拳太郎&木村昴”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2021年7月22日). https://natalie.mu/eiga/news/437917 2021年8月29日閲覧。 
  2. ^ a b c リバイス 第1話:「家族!契約!悪魔ささやく!」”. 東映オフィシャルサイト. 東映. 2021年9月1日閲覧。
  3. ^ a b c d “「仮面ライダーリバイス」誕生秘話!悪魔と契約する仮面ライダーはこうして生まれた”. (2021年9月4日). https://www.cinematoday.jp/news/N0125669 2021年9月7日閲覧。 
  4. ^ 秋田英夫 (2021年9月5日). “『仮面ライダーリバイス』望月Pを直撃、タイトル&バイスタンプ由来やキャスティング秘話「菅田将暉を彷彿させた逸材」も (1)”. https://news.mynavi.jp/article/20210905-1964727/ 2021年9月7日閲覧。 
  5. ^ a b “「仮面ライダーリバイス」レジェンドライダー要素を全面に出さないワケ 50周年記念で新たなアプローチ”. (2021年9月5日). https://www.cinematoday.jp/news/N0125670 2021年9月7日閲覧。 
  6. ^ a b c d e 秋田英夫 (2021年9月5日). “『仮面ライダーリバイス』望月Pを直撃、タイトル&バイスタンプ由来やキャスティング秘話「菅田将暉を彷彿させた逸材」も (2)”. https://news.mynavi.jp/article/20210905-1964727/2 2021年9月7日閲覧。 
  7. ^ “『仮面ライダーリバイス』木村昴が子どもたちに伝えたい「君はひとりじゃない。秘密の相棒がいるんだぜ」(1)”. (2021年9月4日). https://news.mynavi.jp/article/20210904-1964606/ 2021年9月7日閲覧。 
  8. ^ “『仮面ライダーリバイス』木村昴が子どもたちに伝えたい「君はひとりじゃない。秘密の相棒がいるんだぜ」(2)”. (2021年9月4日). https://news.mynavi.jp/article/20210904-1964606/2 2021年9月7日閲覧。 
  9. ^ https://toy.bandai.co.jp/series/rider/revice_special/vistamp/detail.php?data=03
  10. ^ a b c d e f バイスタンプ|仮面ライダーリバイス|テレビ朝日”. テレビ朝日. 2021年9月12日閲覧。
  11. ^ a b c d “「仮面ライダーリバイス」に浅倉唯、八条院蔵人、映美くらら、戸次重幸が出演”. 映画ナタリー. (2021年7月27日). https://natalie.mu/eiga/news/438424 2021年8月29日閲覧。 
  12. ^ a b c d e キャスト|仮面ライダーリバイス|テレビ朝日”. 2021年8月29日閲覧。
  13. ^ “「仮面ライダーリバイス」変身ベルトの音声はオリラジ藤森慎吾”. 映画ナタリー. (2021年8月29日). https://natalie.mu/eiga/news/442846 2021年8月29日閲覧。 
  14. ^ a b yuya_nawataの2021年7月27日のツイート2021年8月29日閲覧。
  15. ^ eitoku8109の2021年7月22日のツイート2021年8月29日閲覧。
  16. ^ a b c d e f g スタッフ|仮面ライダーリバイス|テレビ朝日”. 2021年8月29日閲覧。
  17. ^ cyq_jokerのツイート(1436849753241751554)
  18. ^ Andrias_japのツイート(1418065382401662977)
  19. ^ “前田拳太郎が「仮面ライダーリバイス」変身ポーズ披露、主題歌はDa-iCEと木村昴”. 映画ナタリー. (2021年7月27日). https://natalie.mu/eiga/news/438419 2021年8月29日閲覧。 
  20. ^ “「仮面ライダーセイバー」増刊号で「リバイス」とコラボ、内藤秀一郎からアドバイス”. 映画ナタリー. (2021年8月22日). https://natalie.mu/eiga/news/441795 2021年8月29日閲覧。 
  21. ^ 秋田英夫 (2021年9月5日). “『仮面ライダーリバイス』望月Pを直撃、タイトル&バイスタンプ由来やキャスティング秘話「菅田将暉を彷彿させた逸材」も (4)”. https://news.mynavi.jp/article/20210905-1964727/4 2021年9月7日閲覧。 

参照話数

  1. ^ 第1話「家族!契約!悪魔ささやく!」”. 仮面ライダーリバイス. テレビ朝日 (2021年9月5日). 2021年9月5日閲覧。
  2. ^ 第2話「悪魔はあくまで悪いやつ!?」”. 仮面ライダーリバイス. テレビ朝日 (2021年9月12日). 2021年9月12日閲覧。
テレビ朝日系列 日曜9:00 - 9:30
スーパーヒーロータイム第1枠
前番組 番組名 次番組
仮面ライダーセイバー
(2020年9月6日 - 2021年8月29日)
仮面ライダーリバイス
(2021年9月5日 - )
-