仮面ライダー剣の登場仮面ライダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
仮面ライダーシリーズ > 仮面ライダー剣 > 仮面ライダー剣の登場仮面ライダー

仮面ライダー剣の登場仮面ライダー(かめんライダーブレイドのとうじょうかめんライダー)では、特撮テレビドラマ仮面ライダー剣』に登場する「仮面ライダー」について記述する。

概要[編集]

『仮面ライダー剣』の劇中世界には、アンデッドと呼ばれる不死の生物が存在する。彼らはそれぞれの種族の代表戦士であり、進化のシミュレーションたる勝ち残り戦・バトルファイトを執り行う。そして、勝者となったアンデッドの種族に地球上を支配する権利が与えられるのである。1万年前に行われた前回のバトルファイトでは、人類の祖たるヒューマンアンデッドが勝者となり、それ以降の人類の繁栄を決定づけた。

そして現代。人類基盤史研究所、通称BOARDボードは、とある山中からカードに封印された状態のアンデッドを発見した。BOARDはアンデッドの不死性の秘密を解明すべくカードの研究に着手したが、結果的に封印を解いて、アンデッドを自由の身にしてしまった[1]

殺すことのできないアンデッドを行動不能にするには、再び封印するしかない。研究者の烏丸啓は、ジョーカーと呼ばれる特別なアンデッドの、他のアンデッドを封印して自らの強さに変える能力に着目し、解析を行った。こうして特殊強化服にアンデッドの力を宿らせ、アンデッドに対抗できる戦士を生み出す「仮面ライダーシステム」が開発されたのである[1]

BOARDはこの時点で保持していた、カテゴリーAエースのアンデッドが封印されたカード2枚を用い、ふたりの戦士を生み出した。彼らの活動はやがて「未知の生命体と戦う鎧の男」という都市伝説へと発展していった[2]

各仮面ライダーの攻撃力はAP(アタックポイント)で表記され、100APで1tの破壊力に換算される。ライダーたちは専用の召喚機ラウザーを所持しており、アンデッドを封印したカードを読み込ませるラウズを行うことで、その力を得る[1]。ただしラウザーにはそれぞれ初期APが設定されており、これを消費することでカードの効果を発動するため、無制限にラウズを行うことはできない[3]。また、複数のカードを同時にラウズするコンボの上限は、通常3枚までに制限されているが、仮面ライダーブレイド キングフォームのキングラウザーのみ5枚のコンボを行うことが可能である[4]

ラウズカード[編集]

仮面ライダーたちの力の源となるラウズカードとは、トランプの原型となったとされる53枚のカードである[1]。バトルファイトに敗北したアンデッドは、統制者の遣わした黒い石版か、あるいはジョーカーの手によってラウズカードへと封印される[1]。特にジョーカーは単に封印するだけではなく、ラウズカードからアンデッドの力を引き出すラウズシステムをその身に備えていた[1]。BOARDの烏丸啓はジョーカーのラウズシステムを解析して再現し、特殊強化服にアンデッドの力を宿らせる仕組みを作り上げ、ライダーシステムを完成させたのである[1]

ラウズカードは以下の4種類に大別される。

プロパーブランク
封印前のカードのうち、固有のスーツとカテゴリーが記されたもの[1]
コモンブランク
スーツとカテゴリーが記されていない、汎用の封印前カード[1]
プライムベスタ
プロパーブランクが、アンデッドの封印によって変化したもの[1]
ワイルドベスタ
コモンブランクが、アンデッドの封印によって変化したもの[1]
なお、カード能力はプライムベスタと差異がない[1]

また、ラウズカードの効果はカテゴリーごとに傾向があり、その威力は各種のポイントによって示される。

カテゴリー ポイント 能力
A - 仮面ライダーへの変身[3]
2 FP(フォースポイント) ラウザーや武器の強化[3]
3 パンチの強化[3]
4 身体能力の強化[3]
5 キックの強化[3]
6 MP(マジックポイント) 属性の付加[3]
7 攻撃系の身体変化[3]
8 防御系の身体変化[3]
9 身体機能の強化[3]
10 特殊効果[3]
J EP(エマージュポイント) 固有能力の付加[3]
Q 能力の取り込み[3]
K 強化形態への進化[3]

ただしJ・Q・Kに関しては、上記の効果を発揮させるためには追加装備ラウズアブゾーバーを使わねばならず、通常の手段では減少したAPを再チャージすることしかできない[3]

各ラウズカードの詳細は以下の通り。

スーツ カテゴリー 名称 アンデッド AP 効果
スペード(♠) A CHANGE ビートルアンデッド - ブレイドアーマーの力を生み出す[3]
2 SLASH リザードアンデッド 400 ブレイラウザーの切断能力の強化[3]
3 BEAT ライオンアンデッド 600 パンチの加速と破壊力の強化[3]
4 TACKLE ボアアンデッド 800 直進方向への突進力の強化[3]
5 KICK ローカストアンデッド 1000 ジャンプ力とキックの破壊力の強化[3]
6 THUNDER ディアーアンデッド 1200 電撃属性の付加[3]
7 METAL トリロバイトアンデッド 1200 全身の硬化[3]
8 MAGNET バッファローアンデッド 1400 磁力操作[3]
9 MACH ジャガーアンデッド 1600 高速移動[3]
10 TIME スカラベアンデッド 1800 対象の時間を停止させる[3]
J FUSION イーグルアンデッド 2400 飛行能力の付加[3]
Q ABSORB カプリコーンアンデッド 2000 カード能力の取り込み[3]
K EVOLUTION コーカサスビートルアンデッド 4600 強化形態への進化と武器の付与[3]
ハート(♥) A CHANGE マンティスアンデッド - マンティスアンデッドの姿への変身[3]
2 SPIRIT ヒューマンアンデッド - 人間の姿への変身[3]
3 CHOP ハンマーヘッドアンデッド 600 チョップの威力の強化[3]
4 FLOAT ドラゴンフライアンデッド 1000 浮遊能力の付加[3]
5 DRILL シェルアンデッド 1200 旋回キックの破壊力の強化[3]
6 TORNADO ホークアンデッド 1400 竜巻属性の付加[3]
7 BIO プラントアンデッド 1600 触手の生成[3]
8 REFLECT モスアンデッド 1800 攻撃反射[3]
9 RECOVER キャメルアンデッド 2000 ダメージ回復[3]
10 SHUFFLE センチピードアンデッド 2200 ラウズカードの総取り換え[3]
J FUSION ウルフアンデッド 2400 ウルフアンデッドの能力の付加[3]
Q ABSORB オーキッドアンデッド 2000 カード能力の取り込み[3]
K EVOLUTION パラドキサアンデッド 2800 強化形態への進化[3]
ダイヤ(♦) A CHANGE スタッグビートルアンデッド - ギャレンアーマーの力を生み出す[3]
2 BULLET アルマジロアンデッド 400 ギャレンラウザーの銃弾の強化[3]
3 UPPER フロッグアンデッド 600 アッパーカットの破壊力の強化[3]
4 RAPID ペッカーアンデッド 800 連打能力を強化し、銃の場合は連射を可能とする[3]
5 DROP ホエールアンデッド 1000 足先の質量を増加させ、キックの破壊力を強化する[3]
6 FIRE ファイアフライアンデッド 1000 火炎属性の付加[3]
7 ROCK トータスアンデッド 1400 対象の石化[3]
8 SCOPE バットアンデッド 1200 暗視能力の付加と追尾能力の強化[3]
9 GEMINI ゼブラアンデッド 1400 分身[3]
10 THIEF カメレオンアンデッド 1600 一時的に敵の武器を奪う[3]
J FUSION ピーコックアンデッド 2400 飛行能力の付加[3]
Q ABSORB サーペントアンデッド 2000 カード能力の取り込み[3]
K EVOLUTION ギラファアンデッド 4000 強化形態への進化と武器の付与[3]
クラブ(♣) A CHANGE スパイダーアンデッド - レンゲルクロスの力を生み出す[3]
2 STAB ビーアンデッド 400 レンゲルラウザーの切れ味の強化[3]
3 SCREW モールアンデッド 600 コークスクリューパンチの強化[3]
4 RUSH ライノスアンデッド 800 レンゲルラウザーの打突能力の強化[3]
5 BITE コブラアンデッド 1200 両足を牙に見立てたクロスキックの強化[3]
6 BLIZZARD ポーラーベアアンデッド 1200 冷凍属性の付加[3]
7 GEL ジェリーフィッシュアンデッド 1400 全身の液化[3]
8 POISON スコーピオンアンデッド 1800 毒の生成[3]
9 SMOG スキッドアンデッド 2000 煙幕の展開[3]
10 REMOTE テイピアアンデッド 2200 アンデッドの封印を解放する[3]
J FUSION エレファントアンデッド 2800 エレファントアンデッドの能力の付加[3]
Q ABSORB タイガーアンデッド 2000 カード能力の取り込み[3]
K EVOLUTION タランチュラアンデッド 4000 強化形態への進化と武器の付与[3]
特殊 - WILD - - ワイルドサイクロンの発動[3]
- JOKER ジョーカー - 不明[3]
A CHANGE ケルベロスアンデッド - ケルベロスの能力の付加[3]

仮面ライダーブレイド[編集]

諸元
仮面ライダーブレイド
MASKED RIDER BLADE[5]
身長 201cm
体重 101kg
パンチ力 280AP
キック力 480AP
ジャンプ力 ひと跳び33m
走力 100mを5.7秒

剣崎一真がブレイバックルを使用し、特殊装備ブレイドアーマーを装着して変身する仮面ライダー[6]。ラウズカードのスーツはスペード(♠)[7]。仮面ライダーギャレンに続いてBOARDが製作した、ライダーシステムの第2号である[6]

ミスリルケプラーを編み上げた濃紺のボディスーツミスリルアーマーレザーは、どんな状況でも体温を一定に保持できる[8]。120tの衝撃をも吸収する銀色の胸部装甲オリハルコンブレストなど、各部の装甲は古代鉱石オリハルコンを精製したオリハルコンプラチナからなり、破損しても自己修復する[8]。頭部から伸びる角イデアランサーにはスーパーコンピュータSPC-NEXSASが搭載されており、必殺技使用時には発光する[8]。赤い複眼オーガンスコープは、暗視機能や透視機能を備えている[8]。このようなアーマーの基本構造はギャレンとほぼ同じだが、SPC-NEXSASはギャレンに搭載されているSPC-GENESISの次世代型であるため、ブレイドのほうがやや有利に戦うことができる[9]

また、ギャレンの変身者がBOARDの研究員から選ばれているのに対し、剣崎は一般からスカウトされてブレイドとなった。ブレイドの変身者にはシステムとの高い融合計数と優れた戦闘センスが求められたため、BOARD内に適任の者がおらず、外部から雇い入れる形になったと考えられる[9]

  • 頭部のデザインはスペードを基調としているが、単純にトランプマークを落とし込むのではなく、ヘラクレスオオカブトの意匠が加えられている[10]
ツール
ブレイバックル
仮面ライダーブレイドの変身ベルト。
♠A「CHANGE」のカードを装填することでバックルからカード状のベルト・シャッフルラップ[11]が自動的に伸長し、バックルが装着される[6]。次いで右部のターンアップハンドル[11]を引くことで中央部・ラウズリーダー[11]が回転し、ブレイドアーマーを原子分解した光の壁オリハルコンエレメントが装着者の前面に放出される[6]。エレメントを通過することでアーマーが1/500秒で再構成され、ブレイドへの変身が完了する[6]
プラントアンデッド戦で変身前に首を絞められた剣崎は、オリハルコンエレメントを展開させる勢いで相手を跳ね飛ばし、窮地を脱することができた[6]。この戦法はその後もたびたび用いられており、ブレイドの得意技のひとつと言える[6]
  • 変身描写は、メカニカルな装備に魔法的なイメージを付加することを意図した物である[12]
醒剣ブレイラウザー
ブレイド専用の型カードリーダー。重量は2.3kgで、普段は左腰部のラウザーホルスターに収納されている[13]。初期APは5000。ラウズカードを12枚まで収納可能なオープントレイが内蔵されている[14]。トレイを扇状に展開してカードを引き抜き、刀身部のリーダーにラウズすることでベスタの効果を発揮する。
オリハルコンプラチナを極限まで研磨したオリハルコン・エッジに、地球上の固形物で斬れない物は無いと言われる[14]。剣であるため接近戦で使用するのが基本だが、第1話・第21話では投擲によって敵を負傷させた[14]
オートロック機能によってブレイド以外の者がホルスターから引き抜くことは不可能だが[13]、第32話でスカラベアンデッドの時間停止能力で動きを止められた際に、キングに引き抜かれて一時的に奪われ利用されていた。
カードによる効果
♠2=リザードスラッシュ
ブレイラウザーの斬れ味を増幅させる[15]。400FP[15]
♠3=ライオンビート
拳にエネルギーを込めて、強力なパンチを放つ[15]。600FP[15]
♠4=ボアタックル
突進攻撃を発動させる[15]。800FP[15]
♠5=ローカストキック
ジャンプ力が強化され、飛び蹴りを放つ[15]。1000FP[15]
♠6=ディアーサンダー
電撃を放出する[15]。1200MP[15]
♥4=ドラゴンフライフロート
イーグルアンデッド戦において仮面ライダーカリスから借りたカードで発動し、空中に浮遊した[15]
このように、本作品の仮面ライダーはスーツにかかわりなくすべてのラウズカードを使用できる[15]
カードコンボ
♠2+6=ライトニングスラッシュ
電気エネルギーを帯びたブレイラウザーで敵を斬り裂く[15]。1600AP[15]
♠5+6=ライトニングブラスト
電気エネルギーを収束した足で跳び蹴りを叩き込む[15]。2200AP[15]
♠5+6+9=ライトニングソニック
超高速でジャンプして放つライトニングブラスト[15]。3800AP[15]
♠2+9
『ネット版 オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー 〜ガチで探せ!君だけのライダー48〜』の「Type.26」で使用。
ブレイラウザーを高速で使用し、敵を斬り刻む。

仮面ライダーブレイド ジャックフォーム[編集]

諸元
仮面ライダーブレイド
MASKED RIDER BLADE
ジャックフォーム
JACK FORM
身長 201cm
体重 111kg
パンチ力 350AP
キック力 550AP
ジャンプ力 ひと跳び133m
走力 100mを4.6秒
飛行速度 300km/h
飛行高度 10km

仮面ライダーブレイドがラウズアブゾーバーに♠Q「ABSORB」のカードを装填し、♠J「FUSION」のカードをラウズすることで強化変身した姿[16]

顔と胸部の装甲が金色のディアマンテゴールドへと強化され、背部に装備されたオリハルコンウイングによって空中を飛行する[16]。胸の中央にはの紋章が刻印されたハイグレイドシンボルが浮かんでいる[16]

第33話で、相川始 / ジョーカーの封印の是非をめぐってギャレンと争いになった際は、同じジャックフォームでの力比べにもかかわらず、ブレイドが想定以上の性能を発揮して勝利した[17]。これは剣崎の高い潜在能力に起因するもので、その力はやがてさらなる進化形態であるキングフォームを生むことになる[17]

  • ハイグレイドシンボルのデザインは、ショッカーのレリーフである大鷲をモチーフとしている[18]
ツール
ラウズアブゾーバー
チベットに渡った烏丸が開発し、嶋 / タランチュラアンデッドによってもたらされたツール[16]。しかし嶋は訪日してもすぐには剣崎にアブゾーバーを渡さず、彼に戦うべき理由をわからせようとした[16]。剣崎が使命や義務ではなく、人を愛しているから戦うのだと悟ったとき、嶋はアブゾーバーを手渡して進化への道を開いたのであった[16]
中央部に♠Q「ABSORB」のカードを装填することで「進化を助ける」能力が発動し、さらに♠J「FUSION」のカードをラウズすることで「融合能力を高める」力が取り込まれて、ジャックフォームへの強化変身が完了する[16]
♠Jの代わりに♠Kのカードを用いることで、後述のキングフォームにも変身可能。
醒剣ブレイラウザー〈強化型〉
ジャックフォームへの変身とともに強化されたブレイラウザー[19]。機能は変化していないが、初期APが7400に増加している[19]
また、先端に鋭利な刃ディアマンテ・エッジが付加され、斬れ味が通常時の1.5倍にまで強化されている[19]
カードコンボ
♠2+6=ライトニングスラッシュ
電撃を帯びたブレイラウザーで敵を斬りつける技[17]
AP消費値は1600のままだが、オリハルコンウイングが大気中の電気を吸収してエネルギーに変化させることで、実際の破壊力は飛躍的に上昇している[17]

仮面ライダーブレイド キングフォーム[編集]

諸元
仮面ライダーブレイド
MASKED RIDER BLADE
キングフォーム
KING FORM
身長 201cm
体重 131kg
パンチ力 450AP
キック力 700AP
ジャンプ力 ひと跳び25m
走力 100mを6.6秒

ラウズアブゾーバーに♠Q「ABSORB」のカードを装填し、♠K「EVOLUTION」のカードをラウズすることで強化変身する、仮面ライダーブレイドの最強形態[20]。烏丸が想定していたのはあくまでカテゴリーKとの融合であったが、剣崎の並外れた適合能力により、スペードスーツのアンデッド全13体と同時融合している[20]

全身の装甲がディアマンテゴールド製のキングアーマーへと強化され、オリハルコンプラチナ製である胸部装甲のキングブレストをはじめ随所が金色に輝いている[21]。左右の肩・上腕部・太腿・膝・脚部・右下腕部の11箇所にはカテゴリー2-Qまでの紋章が刻印されたアンデッドクレストが浮かび、胸部にはカテゴリーKの紋章が刻印されたハイグレイドシンボルが現れている[21]。背部のグラビティジェネレーターによってアーマーの重量をコントロールしており、最大稼動させれば簡単な飛行も可能[21]。ただし装甲が重くなったためパワー・防御力は上昇しているものの、スピード・ジャンプ力は通常時よりも低下している[21]

アンデッドクレストの機能により、単にアンデッドの能力を引き出すだけなら、もはやカードをラウズする必要はない[21]。コンボ技の発動に際してはラウズカードを用いるものの、ブレイドが所持するスペードのカード13枚は金色のギルドラウズカードへと変化しており、それぞれのAPが200ずつ増加している[20]。なおギルドラウズカードはどこかに収納されているわけではなく、使用する際にブレイドの意志に応じて実体化する[22]

キングフォームはその強大な力の代償として変身者の体力を大幅に消耗させるため、当初の剣崎は変身解除後に眠り込んでしまっていた[20]。戦闘経験を重ねることでこのような現象はしばらく見られなくなったが、無限に出現するダークローチとの連戦が続くと、剣崎は再び睡魔に襲われるようになった[20]。またこのフォームに変身する度に、その力を感じ取った始がジョーカーとしての闘争本能をかきたてられ、暴走してしまう危険性もあった[22]。さらに最悪の場合、変身者の肉体がアンデッドと完全融合し、第2のジョーカーと化してしまうという想定外の欠点もはらんでいた[23]

『仮面ライダーディケイド』最終回客演時には、通常の変身の動作で剣崎の姿から直接キングフォームへと変身している。

ツール
重醒剣キングラウザー
キングフォームへの強化変身と共に出現する巨大型カードリーダー。初期APは9600[24]。従来のラウザーと異なり、自動装填で最大5枚のラウズカードを読み込むオートラウズシステムが搭載されている[25]。変身時に新たに出現する剣であるため、ブレイラウザーとの二刀流での使用も可能。
刀身のディアマンテ・エッジMAXはブレイラウザーの3倍の斬れ味を誇る[25]。柄頭のヒルトエンドグリップも、打撃に用いれば強力な武器となる[25]。ラウザー部分は、内部のバリアシステムが生成するアブソリュート・シールドによって保護されている[25]
第42話ではブレイド キングフォームから貸し出された睦月が生身で使用し、自身の体から分離したスパイダーアンデッドを撃破した[25]。第49話ではブレイドの危機に駆け付けた橘が同様に生身で振るい、3体のダークローチを消滅させている[25]
キングパンチ
カードをラウズせずにライオンアンデッドの力を引き出し、グラビティフォースをまとった腕で放つカウンターパンチ[26]
カードコンボ
ギルド♠2+3+4+5+6=ストレートフラッシュ
ブレイラウザーに♠2+4+5の力、キングラウザーに♠3+6の力を宿らせ、二刀で敵を斬り裂く[26]。5000AP[26]
暴走したジョーカーを封印せずに止めるために使用された。
ギルド♠6+♥6+♦6+♣6+ギルド♠K=フォーカード
4人のライダーが持つカテゴリー6の力をキングラウザーに乗せ、突進して敵を一刀両断する。9400AP[26]
ライダー全員の協力がなければ使用不可能な特別な技。合成アンデッド・ティターンを倒すために使用された。
ギルド♠10+J+Q+K+A=ロイヤルストレートフラッシュ
5枚のカードに宿る力をキングラウザーに乗せて放つ最強技。11200AP[26]。通常の手段では倒すことも封印することも不可能な改造実験体を一撃で消滅させ、邪神でさえも討ち滅ぼす程の破壊力を誇る。
ラウズしたカードのイメージが一列になって出現し、それらをくぐり抜けながら敵の懐に踏み込み一刀両断するパターンと、キングラウザーから放った光線がカードを貫いて敵を撃ち抜くパターンの2種類が存在する[26]

仮面ライダーブレイドの専用ビークル[編集]

諸元
ブルースペイダー
全高 1410mm
全長 2070mm
全幅 810mm
最高出力 320馬力
最高速度 340km/h
ブルースペイダー
BOARDがブレイド専用マシンとして開発したスーパーバイク[27]。変身に伴う変形機能はなく、剣崎は普段からこのマシンを愛用している[27]
フロントカウル内にはスーパーコンピュータのSPC-NEXASSが積載されており、ブレイドの意志を受けての無人走行も可能[27]。超小型原子力エンジンのAB-27E・アトミックブラスト[28][29]を搭載し、駆動部にリニアモーターを採用している[30]。車体はオリハルコンプラチナ製の装甲で覆われているため、壁を突破したりアンデッドに体当たりを繰り出しても損傷しない[30]
タンク上には覚醒機モビルラウザーを搭載しており、特定のカードをラウズすることで効果を発動可能[30]
  • 撮影用車両のベースは、ホンダ・XR250[31]
♠6=サンダースペイダー
電気を帯びたブルースペイダーで突進し、強烈な体当たり攻撃を放つ[30]
♠9=マッハスペイダー
ブルースペイダーのスピードをアップさせる[30]

仮面ライダーカリス[編集]

諸元
仮面ライダーカリス
MASKED RIDER CHALICE[32]
身長 204cm
体重 109kg
パンチ力 320AP
キック力 520AP
ジャンプ力 ひと跳び45m
走力 100mを4.8秒

相川始がアンデッドと戦うために、特殊装甲・カリスベイルをまとって変身した姿[4]。ラウズカードのスーツはハート(♥)[33]。その正体は「残忍な殺し屋」として恐れられるアンデッド・ジョーカーであり、彼が♥Aのカードに封じられたマンティスアンデッドの外見と能力を模倣したのが仮面ライダーカリスである[34]。なお始の姿もまた、♥2に封じられたヒューマンアンデッドの見た目を借りたものであり、同様に他のカードを使えばそれぞれのアンデッドの姿になることも可能である[34]

全身の装甲は、BOARDも発見できなかった自然回復機能を有する古代鉱石シャドウクリスタルから成る[35]。黒い皮膚ブラックスキンは、引き伸ばしたシャドウクリスタルに強化物質ブラックタールを塗布したもので、その上に刻印された金色のカリス・クレストは、エネルギーが正常であることを表している[35]。ハート形の赤い目インセクト・ファインダーは、5km先の米粒を視認できるという[35]。額から伸びる2本の触覚ウィングフィーラーは、10km四方のアンデッドの存在を感知する[35]

  • デザインの裏モチーフは『アクマイザー3』のザビタンであり、石森プロの早瀬マサトもカリスについて「裏モチーフは『アクマイザー3』のザビタンですが、ちょっと似すぎてしまったかもしれません。」とコメントしている[36]。また、頭部はハートマークがモチーフのため、女性的な印象を与えないようにデザインは苦労が伴ったという[10]
  • 変身シーンやカリスラウザー召喚時のエフェクトは、パイロット版監督の石田秀範の「ブレイド・ギャレンとは異なる有機感が欲しい」という要望により、水のイメージで合成が付与されている[12]
ツール
カリスラウザー
カリス専用のベルト型カードリーダー。始の意志に呼応し、腰に装着された形で出現する[37]。中央のスラッシュ・リーダーにラウズカードを通すことで、それぞれのアンデッドに変身する[34]
バックル・ラウザーユニットはベルトから取り外すことができ、戦闘時にはカリスアローにコネクトすることでベスタの効果を発揮できる[37]
本来はジョーカーの腰部に装着されたベルトである[37]。ただしラウザー中央部の色が異なり[4]、ジョーカー時では緑だが、カリス時は赤い。
醒弓カリスアロー
カリス専用の型武器。カリスの脳波を受けて手中に浮かび上がるように出現する[38]。初期能力値は7000AP[38]
本来はマンティスアンデッドの武器なのではないかと考えられる[4]
通常モード
弓部が内側に折り畳まれた形態で、高熱のエネルギー矢フォースアローを連射する。なおブレードモードでも射撃できるため、この形態を使用することは非常に少ない[38]
ブレードモード
両端のソードボウを展開した双刃の剣形態。刀身が1秒間に300万回振動することで切れ味を高める[39]
醒弓モード
ブレードモードにカリスラウザーのラウザーユニットを装着した形態。カードをラウズしてベスタの能力を発揮できる。
カードによる効果
♥3=ヘッドチョップ
強化された手刀で放つチョップ攻撃[40]。600AP[40]
♥6=ホークトルネード
カリスアローから強化された矢を放つ[40]。1400AP[40]
♥7=プラントバイオ
カリスアローから触手を伸ばし、敵を捕縛する[40]。1600AP[40]
カードコンボ
♥3+6=スピニングウェーブ
竜巻に包まれながら、風の力を込めた鋭い手刀で切り裂く[40]。2000AP[40]
♥5+6=スピニングアタック
竜巻に包まれながら上昇し、ドリルキックを打ち込む[40]。2600AP[40]
♥4+5+6=スピニングダンス
敵の頭上に舞い上がり、高速回転しながら蹴り込む[40]。3600AP[40]

仮面ライダーワイルドカリス[編集]

諸元
仮面ライダーカリス
MASKED RIDER WILD CHALICE[41]
身長 204cm
体重 109kg
パンチ力 420AP
キック力 620AP
ジャンプ力 ひと跳び60m
走力 100mを4.5秒

ハートのプライムベスタを13枚すべて所持している状態で、♥K「EVOLUTION」のカードをカリスラウザーにラウズすることで変身するカリスの究極形態[42]。ジョーカーとしての力が暴走して苦しむ始を救うため、剣崎一真が奔走してカードを集めたことで実現した形態である[43]

胸部にはハートのアンデッド13体を支配し、融合したことを示す紋章ハイグレイドシンボルが浮かんでいる[44]。皮膚は赤いリミテッドスキンとなり、防御力が格段に高まっている[44]。腕・ひざ・すねを覆っていた装甲スケイルアーマー[35]、体側部と上腕部にも追加された[44]。攻撃力も充実しており、1秒間に200万回以上振動する刃状の触角シックルフィーラー、真空の竜巻を生んで敵を切り刻む襟元のシャドウカッター、肩から生えたゴルドプラチナ製の鉤爪ショルダーネイルなど、随所に武器が追加されている[44]。また、目は緑色のインセクト・ファインダーHGへと進化している[44]

ツール
醒鎌ワイルドスラッシャー
ワイルドカリス専用の2本の型武器。普段は折り畳まれて両腿のシャドウ・ホルスターに収められているが、ワイルドカリスの意思に呼応して自動的に起き上がる[45]
醒鎌モード
接近戦用の2本の鎌形態。1秒間に刀身スラッシャーエッジが300万回以上振動し、切れ味を高める[45]
醒弓モード
2本を合体させ、さらにカリスアローにコネクトした形態。初期APは9800[46]。破壊力が通常時の1.5倍にまで上昇している[46]
カリスラウザーをコネクトさせなくとも、この形態のままカードをラウズしてベスタの能力を引き出すことが可能[46]
必殺技
ワイルドサイクロン
♥A-Kの13枚のカードを1枚に融合させた「WILD」のカードを、醒弓モードのワイルドスラッシャーにラウズして放つ、猛烈な旋風波[47]。14600AP[47]
「WILD」のカードには1枚でアンデッド13体分の力が込められているため、その威力は仮面ライダーブレイド キングフォームのロイヤルストレートフラッシュを凌ぐ[47]
ワイルドサイクロン 斬撃モード
エネルギーを放射せず、カリスアローのソードボウに溜めたまま斬りかかる技[47]
ケルベロスII戦で使用し、ブレイドのロイヤルストレートフラッシュと同時攻撃した[47]

仮面ライダーカリスの専用ビークル[編集]

諸元
シャドーチェイサー
全高 1370mm
全長 2080mm
全幅 830mm
最高出力 420馬力
最高速度 410km/h
シャドーチェイサー
始が普段使用している市販のバイクが、始のカリスへの変身に際して放たれるシャドウフォースによって強化変形した専用バイク[48]
空気中の元素をエネルギーに変換するエンジン・シャドージェネレーターによって、ブルースペイダーやレッドランバスを凌ぐ出力を誇る[48]。生体コンピューターブレインボックスにカリスの脳波を受けての無人走行が可能となっている[49]
タンク上にはモビルラウザーを搭載しており、特定のカードをラウズすることでカードの効果を発動できる[49]
始はどんなバイクでもシャドーチェイサーへと変形させることが可能と言われる[49]
  • 撮影用車両のベースは、ホンダ・XR250[31]
♥6=トルネードチェイサー
竜巻を巻き起こしながらシャドーチェイサーで突進し、強烈な体当たり攻撃を放つ。

仮面ライダーギャレン[編集]

諸元
仮面ライダーギャレン
MASKED RIDER GARREN[50]
身長 200cm
体重 104kg
パンチ力 260AP
キック力 450AP
ジャンプ力 ひと跳び38m
走力 100mを5.4秒

橘朔也がギャレンバックルを使用し、強化服ギャレンアーマーを装着して変身する仮面ライダー[51]。ラウズカードのスーツはダイヤ(♦)[52]。BOARDの製作したライダーシステム第1号である[51]

ミスリルケプラーを編み上げたワインレッドのボディスーツ・ミスリルアーマーレザーは、どんな状況でも体温を一定に保持できる[53]。スーツにゆるみが見られるのは、開発時に適格者を特定していなかったためと思われる[4]。120tの衝撃をも吸収する銀色の胸部装甲オリハルコンブレストなど、各部の装甲は古代鉱石オリハルコンを精製したオリハルコンプラチナからなり、破損しても自己修復する[53]。アトラスグラス製のダイヤモンドシールドで保護された、頭部から伸びる角のようなブレードホーン Ver.0にはスーパーコンピュータSPC-GENESISが搭載されており、ラウズカード使用時には高速演算モードとなって緑色に輝く[9]。同じく緑色の複眼オーガンスコープは、暗視機能や透視機能を備えている[53]

本来BOARDが適合者として選定していたのは、橘の先輩にあたる桐生豪だった[51]。しかし桐生は変身実験の際に、アーマーを装着するためのオリハルコン・エレメントをくぐり抜けることができず、衝撃で右手までも失ってしまった[51]。このような事故が起きた背景には、ギャレンが突発的に解放されたアンデッドを封印する目的で急遽造られたシステムであるため、当初はカテゴリーAの力をうまく利用できなかったことがあると考えられる[51]

また適合者として活躍していた橘も、内心では戦闘に対する恐怖を抱いていたことで能力が低下し、一時はピーコックアンデッドの支配下に置かれてしまった[51]。しかし、恋人の深沢小夜子を殺された橘が恐怖心を克服したことで、反対にピーコックアンデッドを圧倒する実力を発揮した[54]

  • デザインはノコギリクワガタをモチーフとしており、ダイヤのマークを二分割して頭部に配置することでクワガタの角をイメージしている[55]
ツール
ギャレンバックル
仮面ライダーギャレンの変身ベルトとなるカードリーダー[56]。外観や起動方法はブレイバックルとほぼ同様だが、中央部のマークがギャレンのスーツであるダイヤ(♦)となっている点が異なる[56]
サブコンピュータSPC-MD3G(マジック・ディーラー)が内蔵されており、頭部のSPC-GENESISではまかないきれない変身機能の制御を行っている[9]
変身に際しては、まず♦Aのカードを装填すると、バックルから自動的にベルトが伸びて腰部に装着される[51]。次いで右脇のターンアップハンドルを引くと[56]、中央部が回転して原子分解されたギャレンアーマーが放出され、光の壁オリハルコン・エレメントを形成する[51]。最後にその壁を通過することでアーマーが装着され、変身完了となる[51]
原型となったジョーカーの変身よりも手間がかかる方法なのは、人間の側でオリジナルの完璧な再現ができなかったことを示している[9]
醒銃ギャレンラウザー
ギャレン専用の型カードリーダーで、普段は右腰部のラウザーホルスターに収納されている[57]。重量1.2kg[57]。初期APは5500[57]
銃口ダイヤモンドマズルから放たれる光弾の威力は、アンデッドの力による強化なしでも、密着した状態での連射でギラファアンデッドを封印に追い込めるほど[58]。また戦況に応じてシングルモード(単発)とバーストモード(速射)を切り替えることができ、いかなる体勢からでも高い命中率を誇る[57]
ラウズカードを12枚まで収納可能なオープントレイが内蔵されている[58]。トレイを扇状に展開してカードを引き抜き、銃身部のスラッシュ・リーダーにラウズすることでベスタの効果を発揮する[58]
なお、グリップにあるフォース・ターミナルを通じてギャレンから供給されるエネルギーが光弾の元なので[58]、ライダー以外には扱うことができないのだが[9]、ハイパーバトルビデオでは橘が生身で使用している。
カードによる効果
戦い慣れた橘はコンボ技を使用することが多く、カード単独での技はあまり使わない[59]
♦2=アルマジロバレット
強化された光弾を発射する[54]。400FP[54]
コンボ技と比較すると、発動時間が短くて済むため接近戦や牽制に向いているが、威力は落ちる[60]
♦4=ペッカーラピッド
高速連射を行う[54]。800FP[54]
♦6=フライファイア
高熱弾を発射する[54]。1000MP[54]
カードコンボ
♦2+6=ファイアバレット
炎の強化弾を発射する[54]。1400AP[54]
♦3+6=ファイアアッパー
炎の力を込めた強烈なアッパーカット[54]。1600AP[54]
ギャレンのスーツアクターを務めた押川善文は、監督からカエルのような動きを要求されたがうまくいかず、結果的にただのアッパーになってしまったと述べている[61]
♦5+6=バーニングスマッシュ
ジャンプして回転しながら、炎の力を込めたドロップキックを打ち込む[60]。2000AP[54]
♦5+6+9=バーニングディバイド
分身して2体同時に放つバーニングスマッシュ[54]。3400AP[54]

仮面ライダーギャレン ジャックフォーム[編集]

諸元
仮面ライダーギャレン
MASKED RIDER GARREN
ジャックフォーム
JACK FORM
身長 200cm
体重 114kg
パンチ力 330AP
キック力 520AP
ジャンプ力 ひと跳び118m
走力 100mを4.2秒
飛行速度 250km/h
飛行高度 6km

仮面ライダーギャレンが♦Q「ABSORB」と♦J「FUSION」の力を得て強化変身した形態[62]

顔と胸のアーマーがディアマンテゴールドに変化し、背中に形成されたオリハルコンウイングで自在に空を飛行できる[62]。胸部にはダイヤのカテゴリーJである孔雀の紋章ハイグレイドシンボルが刻印されている[63]。ギャレンは、さらなる進化形態であるキングフォームにも変身可能だが、そのために必要なカテゴリーKであるギラファアンデッドとの激闘でギャレンバックルを破損してしまったため、実現せずに終わった[62]

  • ハイグレイドシンボルのデザインは、石ノ森制作の『中華魔女』シリーズに登場する不死鳥をモチーフとしている[18]
ツール
ラウズアブゾーバー
ブレイド用に続けて開発された、左腕に装備する強化アイテム[63]
まず♦Qを挿入すると「進化を助ける」能力が発動し、次いで「融合能力を高める」♦Jの力を取り込むことで、ジャックフォームへの強化変身を完了させる[62]
醒銃ギャレンラウザー〈強化型〉[64]
ジャックフォームへの強化変身と同時に進化したギャレンラウザー[65]。初期能力値は7900APへと増加している[65]
銃口の下にディアマンテ・エッジと呼ばれる剣が出現しており、その切れ味は強化型ブレイラウザーと同等である[66]。またディアマンテ・エッジには発射される光弾を強化する機能もある[66]
カードコンボ
♦5+6=バーニングスマッシュ
上空から炎の力を込めたキックを打ち込む[67]。2000AP[67]
ノーマルフォームでの発動時よりも威力が増大している[60]
♦2+4+6=バーニングショット
オリハルコンウイングで空高く舞い上がり、炎の弾丸を高速連射する[67]。2200AP[67]
劇場版でのスパイダーアンデッド戦では、強化型ギャレンラウザーのディアマンテ・エッジを相手に突き刺したまま飛翔し、至近距離からの連射で撃破している[67]


仮面ライダーギャレンの専用ビークル[編集]

諸元
レッドランバス
全高 1290mm
全長 2120mm
全幅 790mm
最高出力 355馬力
最高速度 380km/h
レッドランバス
BOARDがギャレン専用マシンとして開発したスーパーバイク。橘は普段からこのマシンを愛用している[68]
超小型原子力エンジンのAS-25E・アトミックストームを搭載しており、ブルースペイダーと比較して加速性能は劣るが出力で勝る[68]。コンピューターのSPC-GENESISの制御によってギャレンの脳波操作[69]を受けての無人走行も可能[70]
タンク上にはモビルラウザーを搭載しており、特定のカードをラウズすることでカードの効果を発動可能だが劇中未使用[70]
第43話では橘になりすましたティターンがガソリンを給油していた[71]
  • 撮影用車両のベースは、ホンダ・XR250[31]
♦6=ファイアランバス
炎を纏ったレッドランバスで突進し、強烈な体当たり攻撃を放つ。劇中未使用だが、ゲーム版では使用可能。

仮面ライダーレンゲル[編集]

諸元
仮面ライダーレンゲル
MASKED RIDER LEANGLE[72]
身長 205cm
体重 111kg
パンチ力 300AP
キック力 490AP
ジャンプ力 ひと跳び30m
走力 100mを5秒

上城睦月が強化服レンゲルクロスを装着して変身する仮面ライダー[73]。ラウズカードのスーツはクラブ(♣)[74]。第18、19話では元BOARD研究員の桐生豪も変身した[73]。そのほか剣崎も一瞬だけ変身したことがあるが、レンゲルの力と融合することができなかったため、すぐに元の姿に戻っている[75]

レンゲルを設計したのはライダーシステムの開発者である烏丸啓だが、そのときの彼は伊坂 / ピーコックアンデッドのマインドコントロール下にあった[73]。バトルファイトにおいてジョーカー同様、自由にアンデッドを封印できる存在である仮面ライダーに目を付けた伊坂は、ギャレンやブレイドの性能を研究してデータを収集し、自らの配下となるはずの新たなライダーを烏丸に造らせたのである[2]。そのためレンゲルは、カテゴリーAが変身者の意志を奪いやすいように調整されていた[2]

当初はスパイダーアンデッドに操られるままにブレイドたちとの対立を繰り返したレンゲルだが、タランチュラアンデッドとタイガーアンデッドの助力を得た睦月がスパイダーアンデッドの完全封印を成し遂げ、人類の平和のために戦う「真の仮面ライダー」へと成長した[73]

レンゲルクロスの設計そのものはギャレンやブレイドと変化ないが、素材が超金属スピリチアエメラルドに更新されている[2]。全身を覆う濃緑のボディスーツ・ミスリルローブは、どんな衝撃にも耐えうる[76]。金色の胸部装甲ブレッシングシールドには、3つの円形パーツ・カイザーストーンがクローバー型に配置されており、装着者の闘争心を高める[76]。また頭部装甲プリーストクラウンの額には、ブレイドたちに搭載されたスーパーコンピュータの代わりに[2]3つの赤いスパイダー・スピリチアが飾られており、装着者に「蜘蛛の意志」を注入するという[76]。紫色の複眼ジェネラルスコープは透視能力を備えている[76]

  • レンゲルには装甲が金色に変化するジャックフォームが存在しないため、最初から差し色に金を用いることができ、デザインは比較的容易だったという[10]
ツール
レンゲルバックル
仮面ライダーレンゲルの変身ツール。♣A「CHANGE」をバックルに装填することで、ベルトが自動的に伸長して腰部に装着される[73]
ブレイバックルが中央部を回転させるターンアップによって変身を開始するのに対し、仕様変更されたレンゲルバックルは中央部を左右に展開させるオープンアップによって原子分解された強化服を放出し、光の壁スピリチア・エレメントを形成する[73]。また、ブレイドの場合はオリハルコン・エレメントをくぐり抜ける必要があるが、このスピリチア・エレメントは自動的に装着者を包み込んで変身を完了させる[73]
ベルトの右腰にはカードを保管するラウズ・バンクが設けられており、武器にカードを収納するブレイドと比較して、よりジョーカーのシステムに近づいたといえる[2]
醒杖レンゲルラウザー
レンゲル専用の型カードリーダーで、初期APは6000[77]。重量1.8kg[77]。柄の後端にカードをラウズすることで、ベスタの効果を発揮する。伸縮自在な杖としても使用され、ダガーモードザッパーモードの2つのモードを使用できる[77]
ハイパーバトルビデオでは睦月が生身で使用している。
ダガーモード
近接戦用の短い形態。使用したのは第17話と第22話のわずか2回のみであった。これは、レンゲルがカードを多用して一気に勝負をつける戦法を好んでいたからだと思われる[77]
ザッパーモード
柄を伸長した形態。先端の刃クローバー・エッジが3枚に展開し、秒間200万回の高速振動により敵を切り裂くうえ、麻痺や石化の追加効果を与える[77]
カードによる効果
レンゲルの使うラウズカードには不思議な効果を発揮するものが多い[78]
♣4=ライノスラッシュ
体当たりを放つ[79]。800FP[79]
♣6=ポーラーブリザード
吹雪を噴射し、敵を凍らせる[79]。1200MP[79]
♣9=スキッドスモッグ
レンゲルラウザーから煙幕を噴射する[79]。2000MP[79]
♣10=テイピアリモート
ラウズカードに封印されたアンデッドを解放して操る[79]。2200MP[79]
バトルファイトの勝者が決まってしまうと発動しなくなるため、第48話でジョーカーの勝利を覆そうとして♣Kの解放を試みた際は、不発に終わった[80]
カードコンボ
4人の仮面ライダーの中で、最も多くコンボ技を使ったのがレンゲルである[75]。カテゴリーAの支配力が強く、他のアンデッドの影響を受けにくいために技を連発できたとされる[75]
♣3+4=スクリューラッシュ
レンゲルラウザーを回転させながら突進する[79]。1400AP[79]
♣3+6=ブリザードゲイル
強力な冷気を手先から放ち、相手を氷漬けにする[79]。1800AP[79]
♣5+6=ブリザードクラッシュ
大きくジャンプしながら足先から冷気を吹き付け、氷漬けにした相手を両足で挟み砕く[79]。2400AP[79]
♣4+6+8=ブリザードベノム
冷気を伴ったレンゲルラウザーを突き立て相手を氷漬けにし、さらに猛毒を注ぎ込む[79]。3800AP[79]
♥4+5+6=スピニングダンス
飛翔して竜巻を伴ったキックを繰り出す[79]。3600AP[79]
本来は仮面ライダーカリスの技[79]

仮面ライダーレンゲルの専用ビークル[編集]

諸元
グリンクローバー
全高 1300mm
全長 2060mm
全幅 840mm
最高出力 470馬力
最高速度 320km/h
グリンクローバー
仮面ライダーレンゲルの専用バイクだが、上城睦月は変身前から常用している[81]
内部構造が謎に包まれているエンジン・クラブジェネレーターにより、ブルースペイダーやレッドランバスを凌ぐ出力を誇る[71]。「蜘蛛の意志」を宿した生体コンピューター・バイオブレインケースにより、レンゲルの思考とは独立して自律走行が可能[71]
タンクの両脇に計8門、後部に計4門のウエポンコンテナを搭載しており、ここから生体ホーミングミサイルスモーク錯乱弾捕獲ネット弾を発射できる[71][82]。また、タンク上にはモビルラウザーを搭載しており、特定のカードをラウズすることでカードの効果を発動できる[71]。いずれも劇中未使用。
エレメントコンバーターが空気中の元素をエネルギーに変換することで走行するが、一般車同様にガソリンを燃料とすることもできるらしく、第43話ではガソリンスタンドでの給油が描かれた[71]
  • 撮影用車両のベースは、ホンダ・XR250[31]
♣6=ブリザードクローバー
吹雪を起こしながらグリンクローバーで突進し、強烈な体当たり攻撃を放つ。劇中未使用だが、ゲーム版では使用可能。

新世代ライダー[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l HF 2005, p. 89.
  2. ^ a b c d e f HF 2005, p. 93.
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn bo bp bq br HF 2005, p. 90.
  4. ^ a b c d e HF 2005, p. 91.
  5. ^ OPF 8, p. 2.
  6. ^ a b c d e f g OPF 8, p. 3.
  7. ^ 超全集 2005, p. 14.
  8. ^ a b c d OPF 3, p. 9.
  9. ^ a b c d e f HF 2005, p. 92.
  10. ^ a b c OPF 105, p. 31.
  11. ^ a b c ひみつ超百科 2004, p. 8.
  12. ^ a b 「作品世界を知るための13のキーワード Keyword10」『宇宙船』Vol.112(2004年5月号)、朝日ソノラマ、2004年5月1日、 22頁、 雑誌コード:01843-05。
  13. ^ a b OPF 12, p. 25.
  14. ^ a b c OPF 12, p. 26.
  15. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r OPF 3, p. 10.
  16. ^ a b c d e f g OPF 108, p. 3.
  17. ^ a b c d OPF 66, p. 6.
  18. ^ a b ディケイド公式読本 2009, p. 72.
  19. ^ a b c OPF 113, p. 23.
  20. ^ a b c d e OPF 34, p. 3.
  21. ^ a b c d e OPF 173, p. 3.
  22. ^ a b HF 2005, p. 47.
  23. ^ HF 2005, p. 94.
  24. ^ OPF 164, p. 25.
  25. ^ a b c d e f OPF 164, p. 26.
  26. ^ a b c d e f OPF 173, p. 4.
  27. ^ a b c OPF 174, p. 25.
  28. ^ ひみつ超百科 2004, p. 16.
  29. ^ キャラクター大全平成編 2012, p. 92.
  30. ^ a b c d e OPF 174, p. 26.
  31. ^ a b c d 英雄伝 2010, p. 135.
  32. ^ OPF 70, p. 2.
  33. ^ 超全集 2005, p. 26.
  34. ^ a b c OPF 70, p. 3.
  35. ^ a b c d e OPF 141, p. 5.
  36. ^ 『装着変身マニアックス』p.40、徳間書店、2006年
  37. ^ a b c 超全集 2005, p. 23.
  38. ^ a b c OPF 120, p. 23.
  39. ^ OPF 120, p. 24.
  40. ^ a b c d e f g h i j k l OPF 141, p. 6.
  41. ^ OPF 133, p. 2.
  42. ^ 平成完全超百科 2018, p. 28.
  43. ^ OPF 133, p. 3.
  44. ^ a b c d e OPF 51, p. 7.
  45. ^ a b OPF 31, p. 24.
  46. ^ a b c OPF 31, p. 23.
  47. ^ a b c d e OPF 51, p. 8.
  48. ^ a b OPF 83, p. 25.
  49. ^ a b c OPF 83, p. 26.
  50. ^ OPF 146, p. 2.
  51. ^ a b c d e f g h i OPF 146, p. 3.
  52. ^ 超全集 2005, p. 38.
  53. ^ a b c OPF 31, p. 3.
  54. ^ a b c d e f g h i j k l m n OPF 31, p. 4.
  55. ^ 超辞典 2011, p. 190.
  56. ^ a b c 超全集 2005, p. 35.
  57. ^ a b c d OPF 71, p. 23.
  58. ^ a b c d OPF 71, p. 24.
  59. ^ 超全集 2005, p. 40.
  60. ^ a b c 超全集 2005, p. 41.
  61. ^ 仮面俳優列伝 2014, pp. 101-111, 「第2章 昭和から平成へ仮面の下のイノベーション 09 押川善文」(東映ヒーローMAX vol.38掲載)
  62. ^ a b c d OPF 163, p. 1.
  63. ^ a b OPF 73, p. 3.
  64. ^ 超全集 2005, p. 43.
  65. ^ a b OPF 184, p. 23.
  66. ^ a b OPF 184, p. 24.
  67. ^ a b c d e OPF 73, p. 4.
  68. ^ a b OPF 51, p. 23.
  69. ^ ひみつ超百科 2004, p. 27.
  70. ^ a b OPF 51, p. 24.
  71. ^ a b c d e f OPF 135, p. 24.
  72. ^ OPF 184, p. 2.
  73. ^ a b c d e f g OPF 184, p. 3.
  74. ^ 超全集 2005, p. 48.
  75. ^ a b c 超全集 2005, p. 51.
  76. ^ a b c d OPF 11, p. 3.
  77. ^ a b c d e OPF 43, p. 24.
  78. ^ 超全集 2005, p. 50.
  79. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s OPF 11, p. 4.
  80. ^ HF 2005, p. 86.
  81. ^ OPF 135, p. 23.
  82. ^ キャラクター大全平成編 2012, p. 93.

参考文献[編集]

  • 『決定版 仮面ライダーブレイドひみつ超百科』講談社、2004年5月23日。ISBN 4-06-304498-X。
  • 『仮面ライダーブレイド超全集』小学館〈てれびくんデラックス愛蔵版〉、2005年4月。ISBN 4-09-105103-0。
  • 『仮面ライダーブレイド・ハイブリットファイル 剣』メディアワークス、2005年6月20日。ISBN 4-8402-3093-5。
  • 『仮面ライダーディケイド&平成仮面ライダーシリーズ10周年記念公式読本』グライドメディア〈グライドメディアムック〉、2009年11月。ISBN 978-4813080459。
  • 『平成仮面ライダー英雄伝』編集:株式会社レッカ社 斉藤秀夫、カンゼン、2010年12月24日。ISBN 978-4-86255-082-8。
  • 『仮面ライダー超辞典』監修:石森プロ・東映、双葉社、2011年7月24日。ISBN 978-4-575-30333-9。
  • 『仮面ライダー大全 平成編 AD2000-2011』講談社編、講談社〈キャラクター大全〉、2012年3月24日。ISBN 978-4-06-217595-1。
  • 『東映ヒーロー仮面俳優列伝』鴬谷五郎[編著]、辰巳出版、2014年12月20日。ISBN 978-4-7778-1425-1。
  • 『決定版 平成仮面ライダー 完全超百科』講談社、2018年10月31日。ISBN 978-4-06-513004-9。
  • 『週刊 仮面ライダー オフィシャルパーフェクトファイル』デアゴスティーニ・ジャパン
    • 「仮面ライダーブレイド」『オフィシャルパーフェクトファイル』No.3、2014年11月4日、 9 - 10頁。
    • 「仮面ライダーブレイド」『オフィシャルパーフェクトファイル』No.8、2014年12月9日、 1 - 4頁。
    • 「仮面ライダーレンゲル」『オフィシャルパーフェクトファイル』No.11、2014年12月30日、 3 - 4頁。
    • 「醒剣ブレイラウザー」『オフィシャルパーフェクトファイル』No.12、2015年1月6日、 25 - 26頁。
    • 「仮面ライダーギャレン」「醒鎌ワイルドスラッシャー」『オフィシャルパーフェクトファイル』No.31、2015年5月19日、 3 - 4, 23 - 24頁。
    • 「仮面ライダーブレイド キングフォーム」『オフィシャルパーフェクトファイル』No.34、2015年6月9日、 1 - 4頁。
    • 「醒杖レンゲルラウザー」『オフィシャルパーフェクトファイル』No.43、2015年8月11日、 23 - 24頁。
    • 「仮面ライダーワイルドカリス」「レッドランバス」『オフィシャルパーフェクトファイル』No.51、2015年10月6日、 7 - 8, 23 - 24頁。
    • 「仮面ライダーブレイド ジャックフォーム」『オフィシャルパーフェクトファイル』No.66、2016年1月19日、 5 - 6頁。
    • 「仮面ライダーカリス」『オフィシャルパーフェクトファイル』No.70、2016年2月16日、 1 - 4頁。
    • 「醒銃ギャレンラウザー」『オフィシャルパーフェクトファイル』No.71、2016年2月23日、 23 - 24頁。
    • 「仮面ライダーギャレン ジャックフォーム」『オフィシャルパーフェクトファイル』No.73、2016年3月8日、 3 - 4頁。
    • 「シャドーチェイサー」『オフィシャルパーフェクトファイル』No.83、2016年5月17日、 25 - 26頁。
    • 「プロダクションノート 仮面ライダー剣」『オフィシャルパーフェクトファイル』No.105、2016年10月18日、 31 - 32頁。
    • 「仮面ライダーブレイド ジャックフォーム」『オフィシャルパーフェクトファイル』No.108、2016年11月8日、 1 - 4頁。
    • 「醒剣 強化型ブレイラウザー」『オフィシャルパーフェクトファイル』No.113、2016年12月13日、 23 - 24頁。
    • 「醒弓カリスアロー」『オフィシャルパーフェクトファイル』No.120、2017年1月31日、 23 - 24頁。
    • 「仮面ライダーワイルドカリス」『オフィシャルパーフェクトファイル』No.133、2017年5月2日、 1 - 4頁。
    • 「グリンクローバー」『オフィシャルパーフェクトファイル』No.135、2017年5月16日、 23 - 24頁。
    • 「仮面ライダーカリス」『オフィシャルパーフェクトファイル』No.141、2017年6月27日、 5 - 6頁。
    • 「仮面ライダーギャレン」『オフィシャルパーフェクトファイル』No.146、2017年8月1日、 1 - 4頁。
    • 「仮面ライダーギャレン ジャックフォーム」『オフィシャルパーフェクトファイル』No.163、2017年11月28日、 1 - 2頁。
    • 「重醒剣キングラウザー」『オフィシャルパーフェクトファイル』No.164、2017年12月5日、 25 - 26頁。
    • 「仮面ライダーブレイド キングフォーム」『オフィシャルパーフェクトファイル』No.173、2018年2月6日、 3 - 4頁。
    • 「ブルースペイダー」『オフィシャルパーフェクトファイル』No.174、2018年2月13日、 25 - 26頁。
    • 「仮面ライダーレンゲル」「醒銃 強化型ギャレンラウザー」『オフィシャルパーフェクトファイル』No.184、2018年4月24日、 1 - 4, 23 - 24頁。