仰山慧寂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
仰山慧寂
804年 - 890年
諡号 智通禅師
生地 韶州須昌(広東省韶関市曲江区
宗派 潙仰宗
潙山霊祐

仰山慧寂(ぎょうざん えじゃく、 804年(貞元20年) - 890年(大順元年))は、中国代の禅僧。 俗姓は葉氏、韶州須昌(広東省韶関市曲江区)の人。

生涯[編集]

17歳の時に出家し、各地を遊方した。耽源に会って大悟した。その後、潙山霊祐に出会い、15年前後の間、霊祐に師事した。後に、仰山(江西省宜春市南方)に住したので、その名となった。以後、その地で、高僧や名僧たちとともに修行に励んだ。

師の住した潙山と合わせて、その系統を潙仰宗と呼んでいる。

伝記資料[編集]


師:潙山霊祐 潙仰宗 弟子: