仲宗根梨乃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
RINO NAKASONE
Rino Nakasone.jpg
ロサンゼルスのダンス教室で『MR.TAXI』の振付けを指導する仲宗根
基本情報
出生名 仲宗根 梨乃(なかそね りの)
別名 リノ・ナカソネ
MUSIC
生誕 (1979-06-11) 1979年6月11日(42歳)[1]
出身地 日本の旗 日本沖縄県那覇市[1]
職業 ダンサー振付師女優
事務所 Sony Music Artists (日本)
Go2Talents (USA)
共同作業者 SMタウンSMエンターテインメントSHINeeビート・フリークス 英語版America's Best Dance Crewf(x)少女時代
公式サイト http://rinonakasone.com/

仲宗根 梨乃(なかそね りの、1979年6月11日 - )[1]は、日本ダンサー振付師である。現在はアメリカ合衆国ロサンゼルスを拠点に活動[2]しており、血液型はA型[3]である。身長は168cm。

アメリカ合衆国のダンス競技番組『America's Best Dance Crew』シーズン3にビート・フリークス 英語版の一員として出演。2004年グウェン・ステファニー率いる「原宿ガールズ」に“MUSIC”の役名で参加しており、マイケル・ヒューストン、メアリー・J・ブライジブリトニー・スピアーズミッシー・エリオットクリス・ブラウンジャネット・ジャクソンクリスティーナ・アギレラジャスティン・ビーバーリアーナらのライブやミュージックビデオにダンサーとして出演している。

2008年韓国の男性グループSHINeeのデビューシングル「お姉さんは本当にきれい(Replay)」で振付師を務めて[4][5]以降、SHINee少女時代を中心に韓国人歌手の振付を多く手がけている。[6]

アイドルグループSUPER MONKEY'Sに在籍した中曾根梨乃は別人物である。

経歴[編集]

1979年沖縄県那覇市で生まれ、幼い頃からマイケル・ジャクソンジャネット・ジャクソンを好んで将来エンターテイナーになる事を夢見る。小学5年の時にマイケル出演の映画『ムーンウォーカー』を見て進路を決意している。アメリカのエンターテインメント界を目指して沖縄県立那覇商業高等学校を卒業後に19歳で渡米し、大学で学びながらダンスを修練[2]する。[5]

2004年ビザの有効期限が迫る中、ジャネット・ジャクソンのバックダンサーオーディションに合格し[4]思案している折、ジャネットの尽力で新しいビザが発給され無事にダンサーを務める。以降、様々な仕事[7]を依頼されている。同年にグウェン・ステファニー率いる「原宿ガールズ」に“MUSIC”の芸名で参加してミュージックビデオ数作に出演し、ライブツアー「Harajuku Lovers Tour 2005」のバック・ダンサーとして同行した。[8]

2009年アメリカ合衆国のダンス競技番組『America's Best Dance Crew』シーズン3に女性ダンスグループビート・フリークスの一員として出演して準優勝[9][10]

2010年にプッシーキャット・ドールズへ一時的に加入[11][12]している。

2015年、Huading Awards「ベスト・グローバル・ダンサー賞」受賞。

2017年「SHINee WORLD 2017~FIVE」での総合演出[13] のほか、様々なアーティストのコンサート演出を手がけている。

2019年から2020年にかけて開催されたSuperMのワールドツアー「We Are The Future Live」[14]の演出を担当。

2021年、「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2[15][16][17]ではダンストレーナーとして出演している。[18][19]

近年では、女優として映画出演など多岐にわたって活動している。[20][21]

振付師[編集]

2008年5月韓国の男性グループSHINeeのデビュー・シングル「お姉さんは本当にきれい(Replay)」を振付[4]して以来、K-POPアーティストの振付を多く担当[22]している。

2009年少女時代のシングル「GENIE」を振付し、彼女らの長い脚を生かした“美脚ダンス”[23][24]が話題になる。

2011年にブリトニー・スピアーズのツアー「Femme Fatale Tour」で、「トキシック」の振付を担当[25]している。

2013年に台湾を初めに中国人居住地で絶大な人気を誇るショウ・ルオの2013年ワールドツアー「舞極限」を振付している。

2016年にWorld Of Dance Industry Awards「International Choreographer Of The Year」を受賞。

人物[編集]

影響を受けたダンサーとしてマイケル・ジャクソン[26][27]、アンソニー・トーマス、ティナ・ランドン、マイケル・ピータースの名前を挙げている[2]

憧れはジャッキー・チェン岡村隆史[7][21][28] 自身の一人称は「俺」。[29]

私生活[編集]

2007年7月6日に開業医を父に持つフィリピン系2世のリー・ラザランと結婚[30]して2012年5月に離婚している。

エピソード[編集]

マイケル・ジャクソンの「THIS IS IT」のバックダンサーのオーディションにて、男性ダンサーのオーディション、女性ダンサーのオーディションの両方を受けた。最終選考まで残るが、最終日にどちらで受けるか悩んだ末、女性ダンサーを選択したが不合格だった。

2013年ディズニー映画オズ はじまりの戦い』のジャパン・プレミアで、ダンス・パフォーマンスを演出、出演する。[10]

2016年Reebok US Woman Dance グローバル・アンバサダーを務める。

2019年ラックスの新シリーズ「ラックス アスレジャーシリーズ」公式アンバサダーを務める。[31]

主な振付[編集]

ミュージックビデオ[編集]

  • Chu(2009年、with Hwang Sang-hoon)
  • NU ABO(2010年、with Maryss from Paris)[44]
  • Gangsta Boy(2011年)
  • Hot Summer(2011年、with Maryss from Paris)
  • Jet (2012年、with Shim Jaewo)

ツアー演出/振付[編集]

  • 少女時代 Japan 1st Tour GIRLS' GENERATION(2011年)- You-Aholic、I'm In Love With HERO、Beautiful Strangerの振付
  • Britney Spears Femme Fatale Tour(2011年)- TOXICの振付
  • 王力宏 Music Man Ⅱ(2011年)- Dragon、18 martial art、Beautiful、Faraway Place、Hero、By the plumの振付
  • SMAP GIFT of SMAP CONCERT'2012(2012年)- HIKARIの振付[50]
  • 羅志祥 ワールドツア「舞極限」(2013年)- Jangle section~opening、愛的主場秀、wowの振付
  • 少女時代 Japan 2st Tour GIRLS' GENERATION II 〜Girls & Peace〜(2013年)- BOOMERANG、BEEP BEEPの振付
  • 少女時代 Japan 3st Tour GIRLS' GENERATION 〜LOVE & PEACE〜(2014年)- Blue Jeans、Karma Butterflyの振付
  • BoA LIVE TOUR 2014 ~WHO'S BACK?~(2014年)- 演出・振付
  • 少女時代 GIRLS' GENERATION 「THE BEST LIVE」at TOKYO DOME(2014年)- Show Girlsの振付
  • 少女時代 GIRLS' GENERATION 4th Tour ~Phantasia~In SEOUL / JAPAN(2015年、2016年)- 演出・振付[51]
  • SHINee WORLD 2017~FIVE~(2017年)- 演出・振付[13]
  • TAEMIN THE 1st STAGE 日本武道館(2017年)- 演出[52]
  • SHINee WORLD 2017~FIVE~ Special Edition(2017年)- 演出・振付
  • SHINee WORLD THE BEST 2018~FROM NOW ON~(2018年)- 演出・振付
  • SHINee WORLD J presents~SHINee SPECIAL FAN EVENT~(2018年)- 演出
  • TAEMIN Japan 1st TOUR~SIRIUS~(2018年)- 演出・振付[53]
  • NCT127 1st tour NEO CITY SEOUL The origin (2019年)- 演出[54]
  • TAEMIN ARENA TOUR 2019 ~X™~(2019年)- 演出[55]
  • NCT 127 WORLD TOUR 'NEO CITY - The Origin'(2019年)- 演出[56][23]
  • NCT 127 Arena Tour NEO CITY JAPAN The Origin(2019年、2020年)- 演出
  • SuperM We Are The Future Live(2019年、2020年)- 演出[14]

映画[編集]

  • Go For It (2010) [57] 監督: カーメン・マロン

TV&コマーシャル[編集]

主な出演[編集]

映画[編集]

TV&コマーシャル[編集]

ミュージックビデオ[編集]

  • メアリー・J・プライジ
  • マーカス・ヒューストン

ツアー[編集]

ステージ[編集]

  • グルーバルーズ(Groovaloos)
  • ナイキ・インダストリアルショー(Nike Industrial)

舞台[編集]

  • 舞台『ASTERISK』(2013年[68]、2014年[69][70]
  • ミュージカル『ウィズ』(2015年) - 黄色い道の案内人 役(同公演の振付も担当)
  • 舞台『ASTERISK~女神の光~』(2015年)[71][72]
  • 舞台『SUPERLOSERZ~SAVE THE EARTH 負け犬は世界を救う』演出:宮本亜門(2015年、2016年)[73]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i BIOGRAPHY” (日本語). RINO NAKASONE official website. 2011年8月24日閲覧。
  2. ^ a b c 仲宗根梨乃 (2011年6月28日). 仲宗根梨乃 “美脚ダンス”を生んだ琉球の舞姫. インタビュアー:Yuki Tanno. JSDA.. 東京都. http://ameblo.jp/jsda/entry-10931997768.html 2011年8月24日閲覧。 
  3. ^ アメーバブログ. “プロフィール”. 2016年5月20日閲覧。
  4. ^ a b c Inc, Natasha. “ワールドワイドな演出家・振付師の仲宗根梨乃と対面(前編) | 土岐麻子の「大人の沼」 ~私たちがハマるK-POP~ Vol.6 前編” (日本語). 音楽ナタリー. 2021年5月27日閲覧。
  5. ^ a b 琉球の血を引く世界のエンターテイナー仲宗根梨乃インタビュー | 特集” (日本語). RQ+(リューキュープラス). 2021年5月31日閲覧。
  6. ^ 仲宗根梨乃さん(ダンサー・振付師)の「仕事とは?」” (日本語). 就職ジャーナル (2013年5月8日). 2021年5月31日閲覧。
  7. ^ a b 仲宗根梨乃 (2011年2月2日). 開くドアがあればチャレンジ―― 日本人・ダンサー仲宗根梨乃氏インタビュー(2). インタビュアー:石井宏美. nikkansports.com.. 東京都. http://www5.nikkansports.com/entertainment/column/ishii/archives/16800.html 2011年8月24日閲覧。 
  8. ^ 仲宗根梨乃 (2017年5月23日). “仲宗根梨乃さんインタビュー「感性に従って動けば、人生も動く!」” (日本語). Women's Health. 2021年5月31日閲覧。
  9. ^ (日本語) RINO from America's Best Dance Crew's Beat Freaks, https://www.youtube.com/watch?v=AJSE3yvjQcQ 2021年5月27日閲覧。 
  10. ^ a b いつでも、どこでも、どんな仕事でも“一緒に作り上げる仲間への敬意”が原動力【今月のAnother Action Starter vol.9 ダンサー/振付師・仲宗根 梨乃さん】 - Woman type[ウーマンタイプ|女の転職type]” (日本語). Woman type[ウーマンタイプ] 働く女のワーク&ライフマガジン - 女の転職type. 2021年5月31日閲覧。
  11. ^ The Pussycat Dolls - From Wikipedia, the free encyclopedia, (2012-07-25) 
  12. ^ THE PUSSYCAT DOLLSに新メンバー4人が加入 - TOWER RECORDS ONLINE”. tower.jp. 2021年5月1日閲覧。
  13. ^ a b 【特集】累計168万人動員“SHINee WORLD”の魅力を改めて検証―仲宗根梨乃ら関係者が語る“すべての人を虜にする”5人の素顔/ライブ名場面も厳選”. モデルプラス. 2018年4月24日閲覧。
  14. ^ a b Inc, Natasha. “ワールドワイドな演出家・振付師の仲宗根梨乃と対面(後編) | 土岐麻子の「大人の沼」 ~私たちがハマるK-POP~ Vol.6 後編” (日本語). 音楽ナタリー. 2021年4月28日閲覧。
  15. ^ a b 仲宗根梨乃 | 出演者” (日本語). PRODUCE 101 JAPAN OFFICIAL SITE. 2021年4月28日閲覧。
  16. ^ a b (日本語) 仲宗根梨乃(NAKASONE RINO) トレーナーコメント [PRODUCE 101 JAPAN SEASON2], https://www.youtube.com/watch?v=hN3yeg-qBQo 2021年5月22日閲覧。 
  17. ^ a b (日本語) 仲宗根梨乃 トレーナーリアクションcam [PRODUCE 101 JAPAN SEASON2], https://www.youtube.com/watch?v=aUflAiuzV68 2021年5月22日閲覧。 
  18. ^ (日本語) #7 ハイライト|チーム「Dynamite」センター尾崎の苦悩, https://www.youtube.com/watch?v=kZjnEwdq8Ok 2021年5月27日閲覧。 
  19. ^ 『PRODUCE 101 JAPAN』新名物トレーナー仲宗根梨乃氏がぶちかます! 練習生に「新しい風を吹かせろ!」” (日本語). トレンドニュース(GYAO!). 2021年5月27日閲覧。
  20. ^ 世界の歌姫が認めたダンサー・仲宗根梨乃の美の作り方とは?【美痩せインタビュー】 (1/1)” (日本語). 8760 by postseven (2019年4月19日). 2021年5月31日閲覧。
  21. ^ a b c 振付師・演出家の仲宗根梨乃「マイケルになる!」の次に挑戦したいこと” (日本語). 大手小町 (2020年3月5日). 2021年5月31日閲覧。
  22. ^ a b 仲宗根梨乃 (2011年2月1日). K-POPの振付師として話題の仲宗根梨乃「夢を叶えてくれる場所へ」. (インタビュー). WoW!Korea.. http://www.wowkorea.jp/news/enter/2011/0201/10079779.html 2011年8月24日閲覧。 
  23. ^ a b Inc, Natasha. “ワールドワイドな演出家・振付師の仲宗根梨乃と対面(前編) | 土岐麻子の「大人の沼」 ~私たちがハマるK-POP~ Vol.6 前編” (日本語). 音楽ナタリー. 2021年5月27日閲覧。
  24. ^ 仲宗根梨乃 (2011年1月26日). 開くドアがあればチャレンジ―― 日本人・ダンサー仲宗根梨乃氏インタビュー(1). インタビュアー:石井宏美. nikkansports.com.. 東京都. http://www5.nikkansports.com/entertainment/column/ishii/archives/16799.html 2011年8月24日閲覧。 
  25. ^ http://www.youtube.com/watch?v=_oFs8pjYWRg&feature=player_detailpage#t=92s
  26. ^ a b (日本語) Maryss From Paris talks to Rino Nakasone bout KPOP Choreo, https://www.youtube.com/watch?v=9N0mI-1Bfgw 2021年5月27日閲覧。 
  27. ^ (日本語) Rino and Angelica Plan to Find Maryss a Man, https://www.youtube.com/watch?v=PCXTgefzJnc 2021年5月27日閲覧。 
  28. ^ いつでも、どこでも、どんな仕事でも“一緒に作り上げる仲間への敬意”が原動力【今月のAnother Action Starter vol.9 ダンサー/振付師・仲宗根 梨乃さん】 - Woman type[ウーマンタイプ|女の転職type]” (日本語). Woman type[ウーマンタイプ] 働く女のワーク&ライフマガジン - 女の転職type. 2021年5月31日閲覧。
  29. ^ (日本語) PRODUCE 101 JAPAN シーズン2【王様のブランチ独占映像】, https://www.youtube.com/watch?v=M4IJmVb_m6A 2021年6月13日閲覧。 
  30. ^ (日本語) Maryss and Rino of Beat Freaks talks about Filipino food, https://www.youtube.com/watch?v=d1TWhPAoWnI 2021年5月27日閲覧。 
  31. ^ ダンサー・仲宗根梨乃「前に進む秘訣は行動がすべて」” (日本語). telling,. 2021年5月31日閲覧。
  32. ^ “少女時代“美脚ダンス”の振付師・仲宗根梨乃が緊急帰国!” (日本語). WoW!Korea. (2011年1月5日). http://www.wowkorea.jp/news/enter/2011/0105/10078746.html 2011年8月24日閲覧。 
  33. ^ (日本語) Rino Nakasone @ TM Dance Studio [REPLAY - SHINee], https://www.youtube.com/watch?v=09lOTXEBq5M 2021年5月27日閲覧。 
  34. ^ (日本語) Original Choreography Footage of SHINee "Love Like Oxygen" by RINO NAKASONE, https://www.youtube.com/watch?v=jPqMWLDhkx8 2021年5月19日閲覧。 
  35. ^ (日本語) SHINee "Lucifer" Workshops by Jae Won & Rino at BZU2 2010, https://www.youtube.com/watch?v=oKEIMrYONQs 2021年5月19日閲覧。 
  36. ^ (日本語) Original Choreography footage of SHINee "Hello" By The GEMINIZ, https://www.youtube.com/watch?v=ujWMnnKIv9s 2021年5月19日閲覧。 
  37. ^ (日本語) SHINee "SEESAW" Original Choreography by Rino Nakasone, https://www.youtube.com/watch?v=JMKxbw7s__E 2021年5月19日閲覧。 
  38. ^ (日本語) #4 ハイライト|SHINee♫Your Number の振付を務めた仲宗根トレーナーによる熱いレッスン, https://www.youtube.com/watch?v=fgUP5kQBaiQ 2021年5月19日閲覧。 
  39. ^ Inc, Natasha. “スーツ姿のSHINeeがクールなスパイに、新作「FIVE」リードトラックMV公開” (日本語). 音楽ナタリー. 2021年5月1日閲覧。
  40. ^ (日本語) Original Choreography of Girls' Generation "GENIE" by RINO NAKASONE, https://www.youtube.com/watch?v=XkQBVjGaVFc 2021年5月19日閲覧。 
  41. ^ (日本語) Girls' Generation 少女時代 LOVE&GIRLS Original Choreography by Rino Nakasone and Koharu Sugawara, https://www.youtube.com/watch?v=LBMGdmpvOPE 2021年5月19日閲覧。 
  42. ^ “女王の帰還”少女時代、本日「M COUNTDOWN」で新曲ステージを初披露”. Kstyle. 2021年4月30日閲覧。
  43. ^ (日本語) Girls’ Generation “All Night” Rino&Fuko Original Choreography Workshop, https://www.youtube.com/watch?v=BlaknX52ROo 2021年5月19日閲覧。 
  44. ^ (日本語) SOREAL STUDIO TV: BEAT FREAKS (LINDSEY BLAUFARB AND RINO NAKASONE), https://www.youtube.com/watch?v=rWvZzsFTrsA 2021年5月27日閲覧。 
  45. ^ (日本語) NO OTHER - Super Junior Official Choreography THE GEMINIZ, https://www.youtube.com/watch?v=qMH2ooCPPnM 2021年5月31日閲覧。 
  46. ^ (日本語) MAXIMUM -TVXQ (東方神起 ) Official Choreography by Rino, https://www.youtube.com/watch?v=x98_BT22uCY 2021年5月19日閲覧。 
  47. ^ (日本語) Key-log 〈EP2. Which KEY would you choose? 〉, https://www.youtube.com/watch?v=Qj6KiYd5_Es 2021年5月5日閲覧。 
  48. ^ (日本語) RINO NAKASONE Workshop KEY “Hologram” Original Choreography, https://www.youtube.com/watch?v=N2MOKpVzG3o 2021年5月19日閲覧。 
  49. ^ (日本語) Rino & Jumi Lite Workshop “Chain” NCT127, https://www.youtube.com/watch?v=Lft_CRGNyS0 2021年5月19日閲覧。 
  50. ^ https://twitter.com/rinokinawa/status/287429690904428545” (日本語). Twitter. 2021年4月28日閲覧。
  51. ^ 少女時代、冬コンサートのポスター&詳細解禁!日本人ダンサー仲宗根梨乃が総演出”. Kstyle. 2021年4月30日閲覧。
  52. ^ (日本語) テミン(TAEMIN) - 「TAEMIN THE 1st STAGE NIPPON BUDOKAN」ドキュメンタリーDigest, https://www.youtube.com/watch?v=LVZeiM2qsZM 2021年5月5日閲覧。 
  53. ^ (日本語) テミン - INSIDE of “TAEMIN Japan 1st TOUR ~SIRIUS~”ダイジェスト, https://www.youtube.com/watch?v=84OfoVWsB5Q 2021年5月5日閲覧。 
  54. ^ (日本語) [NEO CITY : LOG Cheers for our next step!], https://www.youtube.com/watch?v=LQUlZ-X8X84 2021年5月5日閲覧。 
  55. ^ (日本語) TAEMIN LIVE Blu-ray&DVD「TAEMIN ARENA TOUR 2019 ~X™~」ファンクラブ限定盤(FC Limited Edition)ダイジェスト映像, https://www.youtube.com/watch?v=JAo--lf7o8M 2021年5月5日閲覧。 
  56. ^ (日本語) [NEO CITY : LOG Recorded by YUTA (JPN)], https://www.youtube.com/watch?v=YNH4zQIOXBk 2021年5月5日閲覧。 
  57. ^ (日本語) Go For It! Trailer (Official) [HD], https://www.youtube.com/watch?v=irnnOeeUlf4 2021年5月31日閲覧。 
  58. ^ 料理から解きほぐす沖縄 映画「ジーマーミ豆腐」 津嘉山正種・仲宗根梨乃インタビュー” (日本語). 琉球新報デジタル. 2021年5月31日閲覧。
  59. ^ (日本語) 映画『きたなかスケッチ』メイキング 🌟池間夏海 出演作, https://www.youtube.com/watch?v=5ZRovlQRyB4 2021年5月27日閲覧。 
  60. ^ (日本語) 映画『ココロ、オドル』予告編, https://www.youtube.com/watch?v=Vlnwh3eGaG0 2021年5月19日閲覧。 
  61. ^ 世界を舞台に活躍する仲宗根梨乃さんの新しい挑戦に密着インタビュー!” (日本語). 沖縄ハイビ. 2021年5月31日閲覧。
  62. ^ https://twitter.com/rinokinawa/status/624900218417319936” (日本語). Twitter. 2021年4月28日閲覧。
  63. ^ https://twitter.com/rinokinawa/status/638563302965022720” (日本語). Twitter. 2021年4月28日閲覧。
  64. ^ 日本テレビ放送網株式会社. “7/10(水)「今夜くらべてみました」はトリオTHEじっとしてられないNEW沖縄女” (日本語). 日本テレビ. 2021年4月28日閲覧。
  65. ^ 日本テレビ放送網株式会社. “3月4日「今夜くらべてみました」は「なぜ女子は根拠もないのに血液型で語りたがる!?」” (日本語). 日本テレビ. 2021年4月28日閲覧。
  66. ^ WEBザテレビジョン. “振付師の仲宗根梨乃がギャラ事情を告白 AKB48の1曲の振付でもらった“金額感”を明かす<ダウンタウンDX> (1/2)” (日本語). WEBザテレビジョン. 2021年4月28日閲覧。
  67. ^ K-POPアイドルからオファー殺到!仲宗根梨乃さん語る”振付師の矜持” | 女性自身” (日本語). WEB女性自身. 2021年5月31日閲覧。
  68. ^ (日本語) ASTERISK(アスタリスク)DAZZLE・仲宗根梨乃, https://www.youtube.com/watch?v=3AUWwAUJLVc 2021年5月27日閲覧。 
  69. ^ (日本語) 舞台[*ASTERISK 仲宗根梨乃コメント], https://www.youtube.com/watch?v=SO0WqxBf9YM 2021年5月27日閲覧。 
  70. ^ (日本語) 舞台[*ASTERISK 長谷川達也(DAZZLE)×仲宗根梨乃 開演直前コメント], https://www.youtube.com/watch?v=SPpTGhNyiuo 2021年5月27日閲覧。 
  71. ^ (日本語) [PV2015年5月ストリートダンス公演 *ASTERISK「女神の光」], https://www.youtube.com/watch?v=w-o2i1lEFjE 2021年5月27日閲覧。 
  72. ^ ELLE (2015年5月1日). “オーラを放つふたり、KOHARU SUGAWARA&仲宗根梨乃に直撃インタビュー” (日本語). ELLE. 2021年5月31日閲覧。
  73. ^ (日本語) KREVA、w-inds.千葉涼平、Lead・古屋敬多ら、宮本亜門演出で華麗に舞う 新感覚ダンスエンタテインメント舞台『SUPERLOSERZ SAVE THE EARTH 負け犬は世界を救う』, https://www.youtube.com/watch?v=6-CurNygT-I 2021年5月27日閲覧。