仲村之菊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

仲村之菊(なかむら みどり、1979年 - )は、日本の政治活動家。本名は中村之菊。2002年より政治結社大行社に所属していたが、2016年11月付けで除名処分となった。単車KH.バブ愛好家で旧車好き。自称「日本一のあげまん」「日本一拡声器の似合うエロテロリスト」と称しているが、詳細は不明。インターネット上では、のぎたま・のんちゃんなどで活動中。

自民党本部に消火器噴射[編集]

2014年4月3日00時01分頃、内閣総理大臣安倍晋三の辞任を求め、自民党本部正門前にて本部建物へ向けて消火器を噴射し身柄を確保される[1]。この事件をもって、警視庁が日本全国の警察署内警備課に女性警備を配置させるという出来事ともなった。なお2013年12月22日にも自民党本部前で同未遂をし、身柄を拘束されている。

その他[編集]

  • 拉致事件に言及して来た仲村は「拉致事件を次世代に継承させない父母の会」の代表を務める。
  • 平成19年8月に埼玉県護国神社清掃奉仕の会[2]を発足。代表を務める。
  • 平成20年5月から約2ヶ月に渡りレンタルパンダはいらない署名運動[3]を実施。代表を務める。

参考文献[編集]

  • 現代右翼アンダーワールド―街宣・抗議行動・特攻・テロ!「行動右翼」その生き様 (洋泉社MOOK) [ムック]
  • 右翼という生き方 田口宏睦, 池尻泰顔 大洋図書
  • 日の丸を視る目 「日の丸で描かれた、100の日本」 石川真生 未来社
  • 実録ドキュメント893THE 右翼関東編 [DVD]
  • 真の日本精神を発揚する愛国機関誌「大吼」 大吼出版
  • 38歳、女性右翼活動家がアメリカと断固闘い続ける理由[4]

脚注[編集]

  1. ^ 犯行声明文「安倍晋三総理大臣の掛け声倒れ外交姿勢に憂慮す」
  2. ^ 埼玉県護国神社清掃奉仕の会
  3. ^ レンタルパンダはいらない
  4. ^ http://gendai.ismedia.jp/articles/-/56511