仲村渠致元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

仲村渠 致元(なかんだかり ちげん、1696年9月15日尚貞王28年8月19日) - 1754年8月6日尚穆王3年6月18日))は、琉球王国陶工琉球焼英語版中興の祖とされる。唐名用 啓基

概要[編集]

那覇・泉崎にて、代々陶工の家系に生まれる。王府の命により1724年八重山に渡り、陶器の製法を伝える。また、1730年には薩摩藩に渡り、薩摩焼や朝鮮焼などの陶法を学び、帰国後窯を開き、白焼陶器を広めた。晩年の1752年に、功績が認められ士族に列せられた[1][2][3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 仲村渠致元 - 『最新版 沖縄コンパクト事典』琉球新報社、2003年3月(琉球新報ウェブサイト)、2017年6月30日閲覧。
  2. ^ 仲村渠致元 デジタル版 日本人名大辞典+Plus - コトバンク、2017年6月30日閲覧。
  3. ^ 新城俊昭『教養講座 琉球・沖縄史』編集工房 東洋企画 p. 177