仲谷義明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
仲谷 義明
なかや よしあき
生年月日 1925年10月27日
出生地 愛知県渥美郡田原町(現・田原市
没年月日 (1988-11-18) 1988年11月18日(63歳没)
出身校 東京帝国大学法学部政治学科
所属政党 無所属

愛知県の旗 公選第8-9代 愛知県知事
当選回数 2回
在任期間 1975年2月15日 - 1983年2月14日
テンプレートを表示

仲谷 義明(なかや よしあき、1925年大正14年)10月27日 - 1988年昭和63年)11月18日)は、日本政治家自治官僚。元愛知県知事(2期)。

来歴・人物[編集]

官僚時代[編集]

愛知県渥美郡田原町(現・田原市)出身[1]愛知県立明倫中学校第四高等学校を経て、東京帝国大学法学部政治学科卒業後、1948年自治省に入省[2]岐阜県庶務課長、知事公室次長などを経て、1960年、愛知県庁へ。水道部長、労働部長などを経て、1969年4月、教育長に就任。教育長在任中には学校群制度を定め、管理教育を推し進めるが、1974年以降の新設校の学校群への組み込みは頓挫し、各校で単独選別を実施した。学校群制度推進の当事者でありながら、自らの子弟の学校群受験を回避、私立進学校に進学させたことは、当時物議を醸した。

1974年7月、病気で療養中だった寺井久副知事が辞任。そのあとを受けて副知事に就任[1]

知事当選・名古屋オリンピック誘致失敗[編集]

1975年2月9日に行われた愛知県知事選挙に自民党民社党の推薦を受けて立候補し、元参議院議員成瀬幡治らを破り初当選を果たした。1977年8月名古屋オリンピック誘致計画を提言し、政府の了承を得て強く押し進める。

反対派の強い抗議に遭いながらも、誘致計画は順調に進む。賛成派の熱狂も重なって誘致は成功するかに見えたがロビー活動の不備などが重なり、1981年9月30日IOC総会の決議投票によりライバルの韓国ソウル夏季オリンピック開催地に決定した。

招致は絶対成功すると見込んでいた地元マスコミ報道特別番組まで編成したものの、開催都市決定の瞬間、スタジオはしんと静まりかえった。

自殺[編集]

1979年の知事選で再選。1983年の知事選には立候補しなかった。知事退任後はナゴヤ球場社長や愛知医科大学理事長などを務めていたが、ソウルオリンピックも終わった1988年11月18日、名古屋市中区にある自身の事務所で首吊り自殺しているのが発見された[3]。一部から「ソウルオリンピックを見届け、名古屋オリンピック誘致失敗の責任をとって自殺した」との推測もあったが、自殺の原因は未だに謎である。

略歴[編集]

  • 1975年2月 - 愛知県知事選に出馬。当選する。
  • 1978年12月 - 第三セクター「桃花台新交通」代表取締役会長に就任。
  • 1979年2月 - 愛知県知事に再選。
  • 1983年2月 - 愛知県知事選に立候補せず。
  • 1988年11月 - 自殺。63歳没。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 中日新聞』1974年7月10日付朝刊、1面、「愛知県 寺井副知事が辞表 後任に仲谷教育長内定」。
  2. ^ 「仲谷 義明(読み)ナカヤ ヨシアキ」日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)
  3. ^ 00年に元ヤクルトの高野光さんが自殺”. 日刊スポーツ (2010年2月5日). 2010年7月24日閲覧。