仲買 (商業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

仲買(なかがい)とは、物品や権利売買の媒介をして営利をはかること[1]。また、それを業とする人[1]

概要[編集]

近世において仲買とは、問屋から買い取った商品を小売商に売る自己勘定取引をする商人であった[2]

近代に入ると問屋と仲買の区別は曖昧になり両者の機能が合体した「卸商」が旧問屋のなかから現れた[2]。一方旧仲買からは旧来の取引方法をとりつつ「問屋」を称するものが現れた[2]

明治期に仲買といえば、卸商と小売商の間で取引を仲介して手数料をもらうかつての問屋のような存在をさすようになった[2]

参考文献[編集]

  • 『日本経営史の基礎知識』(編者経営史学会、編集代表山崎広明、2004年、有斐閣

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 仲買とは
  2. ^ a b c d 『日本経営史の基礎知識』124頁