仲邑信也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

仲邑 信也(なかむら しんや、1973年4月10日 - )は、日本棋院関西総本部に所属する囲碁棋士。九段、大阪府出身、山下順源七段門下。娘に囲碁棋士の仲邑菫初段。門下に大橋成哉七段、但馬慎吾六段、村松大樹六段。

経歴[編集]

1973年4月10日、大阪府に生まれる。アマチュア高段者の父からの指導も受け、2つ年上の兄についていく形で小学3年生のときに日本棋院関西総本部の院生となる[1]。5年生のときに石井邦生九段から山下順源七段を紹介され弟子入り[1]。高校には進学せず院生として研鑽を重ね、1991年4月、17歳で入段を果たす[1]

1996年、第21回新人王戦で決勝戦に進出するも、高尾紳路に0勝2敗で敗れ、初タイトル獲得を逃す。1998年、第13期NEC俊英囲碁トーナメント戦では決勝戦で溝上知親に勝利、自身初タイトルを獲得する。2002年4月、日本棋院東京本院に移籍。

2006年には国内予選を制し、日本代表4名のうちの一人として富士通杯の出場権を獲得[1][2]。第48期王座戦でも本戦入りするなど躍進し、年間成績33勝8敗(勝率 .805)で棋道賞勝率第1位賞を受賞した。

翌2007年4月の富士通杯では、1回戦は南米代表のアマチュア棋士(アマ六段)に勝利したものの、次戦は中国代表の周鶴洋に敗退、2回戦敗退に終わる[2]。同年、囲碁インストラクターとして活動していた、石井茜の姉と結婚。2008年4月に日本棋院関西総本部に再度移籍する。2009年3月に長女の仲邑菫を授かる。

人物[編集]

  • 他の棋士の棋譜に新しい手を見ると新鮮な感動を覚えるという。子供の頃は武宮正樹九段の三連星の碁が好きで、よく棋譜を並べていた[1]
  • 自身の棋風については「良く言えば厚み、悪く言えば甘い」と語っている[1]
  • 娘の菫には3歳のころから妻が囲碁を教えた。「子どもたちの囲碁環境が日本と全く違う。あれを見て、菫が世界を狙うには韓国で勉強させなければと思った」と語っており、妻の意見もあって日本と韓国を家族で行き来する形で菫に修行を積ませた[3]

棋歴[編集]

獲得タイトル[編集]

良績[編集]

受賞歴[編集]

  • 1996年 松原賞
  • 2006年 棋道賞勝率第1位賞(33勝8敗、勝率 .805)

昇段履歴[編集]

  • 1991年 入段、同年二段
  • 1992年 三段
  • 1993年 四段
  • 1994年 五段
  • 1996年 六段
  • 1998年 七段
  • 2001年 八段
  • 2012年 九段

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 盤上の風景:/23 囲碁 仲邑信也九段 喜びと挫折と愛娘と /大阪” (日本語). 毎日新聞. 2019年4月3日閲覧。
  2. ^ a b 第20回 世界囲碁選手権・富士通杯” (日本語). 日本棋院. 2019年4月3日閲覧。
  3. ^ 囲碁の天才少女、10歳で最年少プロに 名人も手腕評価” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2019年4月3日閲覧。

日本棋院の仲邑信也紹介ページ