任侠流山動物園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

任侠流山動物園(にんきょうながれやまどうぶつえん)は落語浪曲の演題。二代目広沢虎造で知られる浪曲「清水次郎長伝」をベースにした三遊亭白鳥作、動物園の人気動物が主人公である荒唐無稽な新作落語の一席。別題「流山の決闘」。流れの豚次伝シリーズの最初に出来た作品。

あらすじ[編集]

千葉県にある流山動物園にはライオンや虎のような人気の動物はおらず、象のマサオが人気者。しかし今は病気で伏せている。ある日、閉園後にブタの豚次が園長の所にやってきて経営状態を訊ねるが、「県からの補助金を打ち切られて財政難になっている」「どうやったら客が来るだろうか」と打ち明けられる。豚次は、牛の牛太郎、ニワトリのチャボ子に相談するが答えが出ない。豚次は古巣の上野動物園に向かった。昔世話になった親分、パンダのパン太郎に挨拶する。かつて子分であった豚次から「流山動物園に客を呼ぶために来てくれないか」その覚悟を見せるために、昔食われるはずだった豚次の元兄貴分、虎夫に尻をかじらせるが、約束は反故にされ、放り出される目に遭う。ほうほうの体で流山動物園に戻った豚次と、牛太郎、チャボ子は、園長に人間としゃべることを教わると、流山動物園は大盛況。代わりに上野動物園には客が来なくなり、パン太郎と虎夫は流山に殴り込んでくる。そこにマサオこと政五郎が登場、「昔知られた動物を束ねた次郎長のことを聴いたことはあるだろう。その子分を知っているか?」パン太郎はその象が目の前の大政、政五郎と分かる。パン太郎は虎夫に政五郎を襲わせるが返り討ちに遭う。パン太郎は殴り飛ばされ中国の四川省に。その時の黒アザが目の周りに残るという。

全10席

  • 「豚次誕生秩父でブー!」
  • 「掛け取り上野動物園」
  • 「流山の決闘」
  • 「雨のベルサイユ」
  • 「天王寺代官切り」
  • 「男旅牛太郎」
  • 「悲恋かみなり山」
  • 「チャボ子絶唱」
  • 「人生鳴門劇場」
  • 「金比羅ワンニャン獣の花道」
  • 原作者の三遊亭白鳥の協力によりフシ付け(浪曲化)され春野恵子瑞姫(たまき)、玉川太福が演じている。

出典[編集]