任城里駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

座標: 北緯34度49分13.4秒 東経126度26分7.5秒

任城里駅
駅名板
駅名板
임성리
イムソンニ
Imseong-ri
一老 (5.9km)
(7.3km) 木浦
所在地 大韓民国の旗全羅南道木浦市任城路62番ギル 18
所属事業者 韓国鉄道公社
駅種別 普通駅
駅等級 3級
所属路線 湖南線
キロ程 245.2km(大田操車場起点)
駅構造 地上駅
ホーム 島式 2面4線
開業年月日 1913年5月15日
任城里駅
各種表記
ハングル 임성리역
漢字 任城里驛
平仮名
(日本語読み仮名)
にんじょうりえき
片仮名
(現地語読み仮名)
イムソンニヨク
英語 Imseong-ri Station
テンプレートを表示

任城里駅(イムソンニえき)は、大韓民国全羅南道木浦市にある韓国鉄道公社(KORAIL)湖南線の駅である。

概要[編集]

駅名は開業当時位置していた近隣の集落である全羅南道務安郡三郷面任城里から付けられ、その後1987年の行政区域の改編により全羅南道木浦市玉岩洞となった。湖南線複線化に伴い、2001年に駅舎が建て替えられた。 当駅と宝城駅を結ぶ慶全線の新設区間の工事が進行中である。

沿革[編集]

駅周辺[編集]

  • 国立木浦病院
  • 南岳新都市
  • 任城初等学校
  • 三郷邑事務所

隣の駅[編集]

韓国鉄道公社
湖南線
一老駅 - 任城里駅 - 木浦駅

関連項目[編集]