任実駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
任実駅
駅舎
駅舎
임실
イムシル
Imsil
館村 (4.0km)
(6.3km) 鳳泉
所在地 全羅北道任実郡任実邑春香路2932
位置座標
所属事業者 韓国鉄道公社
駅種別 普通駅
駅等級 3級
所属路線 全羅線
キロ程 53.0km(益山起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面4線
開業年月日 1931年10月1日
任実駅
各種表記
ハングル 임실역
漢字 任實驛
平仮名
(日本語読み仮名)
にんじつえき
片仮名
(現地語読み仮名)
イムシルリョク
英語 Imsil Station
テンプレートを表示

任実駅(イムシルえき)は、全羅北道任実郡任実邑韓国語版にある全羅線鉄道駅

任実郡の中心駅ではあるが郡庁までは2kmほど距離がある。ムグンファ号の一部が停車する。

歴史[編集]

駅構造[編集]

ホームは2面2線の相対式ホームとなっている。また、外側に待避線2線が設置されており、通過待ちが可能。

ホーム[編集]

全州
| | | |
1 全羅線 龍山 · 永登浦 · 安養 · 水原 · 平沢 · 天安方面
2 順天 · 麗水エキスポ方面

隣の駅[編集]

韓国鉄道公社
全羅線
全州駅 - (新里駅) - (竹林温泉駅) - (館村駅) - 任実駅 - (鳳泉駅) - 樹駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 대한민국관보 국토해양부 고시 제2008-561호, 2008년 10월 17일.