伊万里鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
伊万里鉄道
運行 1898–1898
後継 九州鉄道国鉄JR九州を経て松浦鉄道西九州線
軌間 1067mm
テンプレートを表示
伊万里鉄道
凡例
STR
自社路線
exSTR
他社路線

九州鉄道合併直前

九州鉄道
KBHFxaq xABZq+r
有田
BHF
蔵宿
BHF
夫婦石
KBHFe
伊万里

伊万里鉄道(いまりてつどう)は、明治時代中期に現在の松浦鉄道西九州線のうち有田駅 - 伊万里駅間を建設・運営した鉄道会社である。

主な建設の目的は現在の有田町で造られる陶磁器有田焼)の伊万里港への輸送、初代の九州鉄道伊万里との連絡、伊万里地区の炭田で産出する石炭の輸送であったが、物価騰貴によりたびたび増資し資本金は40万円となったがこれでもたらず借入金にたよることになりこれが経営の足かせとなり結局開業から1年を経ずに九州鉄道に合併された。

沿革[編集]

松浦鉄道西九州線の項目も参照されたい。

駅一覧[編集]

有田駅 - 蔵宿駅 - 夫婦石駅 - 伊万里駅

現在上記のほかにある中間駅は国鉄・松浦鉄道により開業したものである。

車両[編集]

九州鉄道に引き継がれた車両は機関車2両、2軸客車8両、貨車20両

1, 2
1898年、クック製、車軸配置0-6-0 (C) 型タンク機関車。九州鉄道合併後は、140形 (140, 141)国有化前に売却された。

脚注[編集]

  1. ^ 「私設鉄道敷設仮免状下付」『官報』1896年2月22日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  2. ^ 「私設鉄道敷設免許状下付」『官報』1896年6月25日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  3. ^ 「明治31年度鉄道線路開業哩数細別表」『鉄道局年報. 明治31年度』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  4. ^ 「解散会社」『鉄道局年報. 明治31年度』(国立国会図書館デジタルコレクション)

参考文献[編集]

  • 『日本鉄道史 中編』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  • 『伊万里市史』近世近代5 2007年、813-817頁

関連項目[編集]