伊丹春雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
伊丹春雄

伊丹 春雄(いたみ はるお、安政5年12月2日1859年1月5日[1] - 大正9年(1920年)3月1日)は、日本の政治家貴族院議員男爵正四位勲四等

経歴[編集]

伊丹家は、京都の地下の家系で、父・伊丹重賢、母・ひさ(谷時亮の娘)の長男として生まれた。父の重賢は久邇宮朝彦親王に仕えた忠君愛国の人物である。父と共に東上して慶應義塾に学び、明治29年(1896年)父が男爵を授けられたる後、春雄も拝謁して天盃を賜る。

明治33年(1900年)7月、父の死去に伴い男爵を襲爵。明治40年(1907年)12月、貴族院男爵議員に選出され、死去するまで在任した。

伊丹男爵家は伊丹重雄に継承された。また弟に実業家の伊丹二郎がいる。夫人は秋元三左衛門の娘で、子女はかよ、重雄がいる。

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平成新修旧華族家系大成』上巻(霞会館、1996年)p.147
  2. ^ 『官報』第5123号「叙任及辞令」1900年7月31日。
  3. ^ 『官報』第5842号「叙任及辞令」1902年12月22日。
  4. ^ 『官報』第1630号「叙任及辞令」1918年1月11日。

参考文献[編集]


日本の爵位
先代:
伊丹重賢
男爵
伊丹(重賢)家第2代
1900年 - 1920年
次代:
伊丹重雄