伊丹潤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
いたみ じゅん
伊丹 潤
Itami jun BALTHAUS.jpg
生誕 庾 東龍(ユ・ ドンヨン)
1937年5月12日
死没 (2011-06-26) 2011年6月26日(74歳没)
東京都
国籍 大韓民国の旗 韓国
出身校 武蔵工業大学
職業 建築家、画家
受賞 芸術文化勲章(2005年)
村野藤吾賞(2010年)
所属 伊丹潤建築研究所
建築物 墨の家
温陽美術館
ゲストハウス PODO HOTEL

伊丹 潤(いたみ じゅん、1937年5月12日 - 2011年6月26日[1])は、日本建築家画家在日韓国人2世で本名は庾東龍 (ユ・ ドンヨン)。

経歴・人物[編集]

東京都出身。1964年、武蔵工業大学工学部建築学科卒業。1968年に伊丹潤建築研究所設立。2007年から2008年まで、日本民藝館運営委員。2009年から済州国際英語教育都市開発事業のマスター・アーキテクトに就任。

代表作にDuson Museum (2007年) ・WIND MUSEUM・STONE MUSEUM・WATER MUSEUM、Guest House PODO Hotel (2001年)、PINX Public Golf Club House (1998年) the Kinta Naeba(1985年)など。

父祖の地である大韓民国では済州島のプロジェクトなどを手がけた。

主な展覧会に、2003年「伊丹潤-建築展」パリ・国立ギメ東洋美術館、2004年「伊丹潤-建築展」ベルリン、Aedes East Architecture Forumなどがある。2009年にはニューヨーク・グッゲンハイム美術館に招待作家として招請された。

2011年6月26日、脳出血のため東京都内の病院で死去。74歳没[1]

著書等[編集]

  • 李朝民画(講談社)
  • 李朝の建築(求龍堂)

受賞歴[編集]

  • 1980年 日本サイン協会協会賞
  • 1992年 GIDコンペティション優秀賞
  • 1992年 ナショナルオーシャニックミュージアム国際コンペティション最優秀賞
  • 2001年 韓国建築家協会作品賞
  • 2002年 韓国・名家名人賞
  • 2005年 シュバリエ勲章
  • 2006年 国連人間住居計画 -UN HABITAT-主催のアジア文化・景観賞
  • 2006年 韓国・金寿根文化賞
  • 2008年 韓国建築文化大賞優秀賞
  • 2010年 村野藤吾賞

参考文献[編集]

  • 伊丹潤 建築作品集(求龍堂、1993年)
  • JUN ITAMI―1970-2008 建築と都市(主婦の友社、2008年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b インターネットミュージアム:建築家の伊丹潤さんが死去