伊勢の海県立自然公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

伊勢の海県立自然公園(いせのうみけんりつしぜんこうえん)は三重県中勢地域沿岸部一帯に広がる県立自然公園である。1953年昭和28年)10月1日に三重県が指定し、指定面積は782haである[1]。2003年(平成15年)の観光入込客数は60万1千人であった[2]

鈴鹿市長太ノ浦(なごのうら)から津市香良洲町に至る、全長28km海浜地帯である。白砂青松海岸が広がる。

主な観光地[編集]

津競艇場

以下の海水浴場海水浴はもちろん、釣り潮干狩りキャンプなどが楽しめる。特にゴールデンウィーク頃は、アサリの潮干狩りで大勢の人が訪れ、地元のマスメディアで取り上げられることが多い。

鈴鹿市
  • 鼓ヶ浦海水浴場
  • 千代崎海水浴場
津市
  • 香良洲海水浴場
  • 御殿場海水浴場
  • 阿漕浦海水浴場
  • 贄崎海水浴場

そのほか、以下のようなマリンスポーツや海辺に親しむ施設がある。

津市
津ヨットハーバー(2004年5月)

脚注[編集]

  1. ^ a b みえの自然楽校/8.白塚海岸
  2. ^ 三重県政策部統計室分析・情報グループ(2005)"217. 主要観光地別入込客数".『平成17年度刊三重県統計書』

参考文献[編集]

  • 『県別シリーズ25 郷土資料事典 三重県・観光と旅』(人文社観光と旅編集部、人文社1968年7月10日、p.28)