学校法人伊勢学園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
学校法人伊勢学園

学校法人伊勢学園本部
学校法人伊勢学園本部

伊勢学園高等学校
伊勢学園高等学校
法人番号 9190005004639
創立者 中西宇助
理事長 中西康裕
創立 1913年(大正2年)6月20日
所属学校 伊勢学園高等学校
双康幼稚園
伊勢保健衛生専門学校
伊勢調理製菓専門学校
所在地 三重県伊勢市黒瀬町562-13
北緯34度29分31.05秒
東経136度44分2.24秒
ウェブサイト 学校法人 伊勢学園
Project.svg プロジェクト:学校/学校法人の記事について
Portal.svg Portal:教育
テンプレートを表示
双康幼稚園
伊勢保健衛生専門学校
伊勢調理製菓専門学校

学校法人伊勢学園(がっこうほうじん いせがくえん)は、三重県伊勢市に本部を置く学校法人伊勢学園高等学校(旧・伊勢女子高等学校)などを運営する。

本項目では、伊勢学園が運営する諸学校についても記述する。

概要[編集]

1913年大正2年)に中西宇助が創立した「三重百日算簿記学校」を母体とする学校法人で[1]、2010年現在の理事長は中西康裕が務める。法人本部は伊勢学園高等学校内の三重県伊勢市黒瀬町562-13に置いている[2]

2010年現在、以下の学校を運営する。

中西重雄[編集]

中西 重雄(なかにし しげお)は日本の教育家である。学校法人伊勢学園の理事長を務め、伊勢女子高校[3]や双康幼稚園を創立する[4]などして学校法人の発展に寄与した。2009年(平成21年)4月29日旭日小綬章を受章[5]。同年12月12日に伊勢学園高校体育館にて学園葬が営まれた[6]

沿革[編集]

  • 1913年(大正2年)6月20日 - 中西宇助が「三重百日算簿記学校」を設立[1]。この日を学校法人伊勢学園の創立記念日とする[3]
  • 1915年(大正4年) - 中西速算学校を設立[7]
  • 1954年昭和29年)8月13日 - 準学校法人の設立認可、準学校法人宇治山田高等実務学校となる[8]
  • 1955年(昭和30年)4月1日 - 法人名を伊勢学園に改称[9]
  • 1956年(昭和31年)5月28日 - 宇治山田割烹学校の設立認可[10]
  • 1959年(昭和34年) - 厚生省(当時)から調理師養成施設第1号指定を受け[11]、「三重調理師学校」を設置[12][13]
  • 1963年(昭和38年)
    • 2月1日 - 伊勢女子高等学校の設立認可[14]
    • 4月1日 - 伊勢女子高等学校が開校[3]
  • 1969年(昭和44年) - 2年制看護婦養成所として伊勢高等看護学院を開設[15]
  • 1976年(昭和51年) - 三重調理師学校を「伊勢調理師専門学校」に改称[13]
  • 1977年(昭和52年) - 専修学校認可を受け、伊勢高等看護学院を「伊勢看護専門学校」に改称[15]
  • 1977年(昭和52年)
    • 2月28日 - 双康幼稚園の設立が認可[4]
    • 4月1日 - 双康幼稚園が開園[4]
    • 5月2日 - 双康幼稚園の開園式及び第1回入園式を挙行[4]
  • 1983年(昭和58年) - 伊勢看護専門学校を「伊勢保健衛生専門学校」に改称、歯科衛生学科を設置[15]
  • 2001年平成13年) - 伊勢調理師専門学校に製菓衛生師科を併設し、「伊勢調理製菓専門学校」に改称[13]
  • 2004年(平成16年)4月 - 伊勢保健衛生専門学校の看護学科を3年制に改組[15]。鉄筋コンクリート4階建ての新館が完成[16]
  • 2009年(平成21年)4月 - 伊勢女子高等学校を男女共学化し、「伊勢学園高等学校」に改称。

指定などの日付[編集]

運営する学校[編集]

2010年現在、4校を運営している。

伊勢学園高等学校[編集]

伊勢学園高等学校を参照。

学校法人伊勢学園の主要な学校。女子校であったが、2009年(平成21年)4月より男女共学に移行した。ソフトボール部は強豪として知られ、1998年(平成10年)から6年連続で全国高等学校総合体育大会(インターハイ)に出場[21]2006年(平成18年)にはのじぎく兵庫国体で準優勝している[22]。この時捕手を務めた西井春菜は卒業後、豊田自動織機に入社しプレーを続けている[22]

双康幼稚園[編集]

双康幼稚園(そうこうようちえん)は三重県伊勢市黒瀬町562-13にある私立幼稚園。伊勢学園高等学校に隣接しており、同校の保育実習にも利用されている[23]

定員は180名で、伊勢学園理事長の中西康裕が園長を兼ねる[4]。「正しい食事・つよい体・美しい心・よいしつけ」の教育方針を掲げ、専門家による体育指導や、幼児期からの英語教育の実施などに特色がある[4]

伊勢保健衛生専門学校[編集]

伊勢保健衛生専門学校(いせほけんえいせいせんもんがっこう、英語: ISE Health & Hygiene College)は三重県伊勢市黒瀬町562-13にある専修学校看護学科(3年制)と歯科衛生学科(2年制)の2学科を設置する[24]。伊勢学園高等学校の敷地内にあり、同校からの内部進学枠を設けている。

1969年(昭和44年)に開校した「伊勢高等看護学院」を前身とし、中西康裕・伊勢学園理事長が兼ねる[15]。両学科とも定員は40名ずつであるが、歯科衛生学科は女子のみの募集となっている[24]。特に看護学科は地域医療に貢献する人材を育成することを目指している[24]

伊勢調理製菓専門学校[編集]

伊勢調理製菓専門学校(いせちょうりせいかせんもんがっこう)は三重県伊勢市河崎一丁目10番47号にある専修学校。伊勢学園の設置する学校の中で唯一離れたところに設置されている。調理師科(衛生専門課程・衛生高等課程)と製菓衛生師科の2科を設置している[25]

調理師養成施設第1号に指定を受けて1959年(昭和34年)に「三重調理師学校」として設置された歴史のある学校で[13]、校長は中西久が務める[11]。調理師科の2課程は各40名、製菓衛生師科は70名が定員である[25]。いずれも修業年限は1年[25]。卒業生は地元三重県に留まらず、モナコ日本食レストランに就職した者もいる[26]

関連する団体[編集]

学校法人中西学園
三重県伊勢市河崎一丁目10番30号[27]及び伊勢市河崎一丁目10番47号[28]にある「中西塾」を運営する学校法人。名古屋外国語大学などを開設している同名の学校法人とは別法人である。伊勢学園の前身である1913年(大正2年)開校の「三重百日算簿記学校」[1]を母体とする学校で、同校は「中西速算学校」[7]⇒「宇治山田高等実務学校」[1]⇒「中西珠算学校」[1]と名前を変えながら、現在の「中西塾」となった。
宇治山田高等実務学校では珠算漢字書道の3講座体制であったが[1]、現在の中西塾は礼法・ラッピング料理も実施しており、伊勢学園のノウハウを総動員した学校になっている[27]。元はそろばん学校であることから、コンピュータディスプレイ上に瞬間的に映し出された数字を次々に足していくフラッシュ暗算の検定試験も実施している[29]

交通[編集]

伊勢学園・伊勢学園高校・双康幼稚園・伊勢保健衛生専門学校

伊勢調理製菓専門学校

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 伊勢女子高等学校『【伊勢女子高】概要<伊勢学園紹介>』(2010年4月13日閲覧。)
  2. ^ 三重県総務局予算調整室『交付決定実績調書』2004年7月2日(2010年4月14日閲覧。)
  3. ^ a b c 伊勢女子高等学校『【伊勢女子高】概要<沿革>』(2010年4月13日閲覧。)
  4. ^ a b c d e f g 三重県私立幼稚園協会『双康幼稚園 | 三重県私立幼稚園協会オフィシャルページ』(2010年4月13日閲覧。)
  5. ^ 産経新聞春の叙勲受賞者一覧(三重)』2009年4 月29日(2010年4月15日閲覧。)
  6. ^ 伊勢学園高等学校『創立者 故・中西重雄先生 伊勢学園葬』(2010年4月15日閲覧。)
  7. ^ a b 伊勢市、1968、291ページ
  8. ^ 昭和29年9月22日 三重県公報 第7585号 18ページ 昭和29年9月22日 三重県告示第740号
  9. ^ 昭和30年6月6日 三重県公報 第7762号 2ページ 昭和30年6月6日 三重県告示第485号
  10. ^ 昭和31年7月3日 三重県公報 第8068号 1ページ 昭和31年7月3日 三重県告示第465号
  11. ^ a b 伊勢調理製菓専門学校『学校紹介・校長挨拶【伊勢調理製菓専門学校】』(2010年4月13日閲覧。)
  12. ^ 『伊勢市史』291ページ
  13. ^ a b c d 「伊勢調理専門校 50周年式典開く」中日新聞 2008年11月26日付 朝刊 18面 伊勢志摩版
  14. ^ 昭和38年2月12日 三重県公報 第9093号 2ページ 昭和38年2月12日 三重県告示第109号
  15. ^ a b c d e 伊勢保健衛生専門学校『伊勢保健衛生専門学校:学校案内』(2010年4月13日閲覧。)
  16. ^ 「伊勢保健衛生専門学校 4階建て新館が完成 看護学科 3年課程移行に対処」中日新聞 2004年3月24日 朝刊 16面 伊勢志摩版
  17. ^ 昭和34年4月13日付官報(第9689号)厚生省告示第83号
  18. ^ 昭和44年5月7日付官報(第12714号)厚生省告示第138号
  19. ^ 昭和52年1月12日付官報(第15001号)厚生省告示第2号
  20. ^ 昭和58年7月11日付官報(第16930号)厚生省告示第138号
  21. ^ 伊勢女子高等学校『【伊勢女子高】運動クラブ』(2010年4月14日閲覧。)
  22. ^ a b 豊田自動織機『[1]』(2010年4月14日閲覧。)
  23. ^ ヤフージャパン伊勢学園高等学校 - 学校生活 - Yahoo!学習』(2010年4月15日閲覧。)
  24. ^ a b c 三重県専修学校協会『社団法人三重県専修学校協会/伊勢保健衛生専門学校』(2010年4月15日閲覧。)
  25. ^ a b c 三重県専修学校協会『社団法人三重県専修学校協会/伊勢調理製菓専門学校』(2010年4月15日閲覧。)
  26. ^ 読売新聞調理製菓専門学校の2人 卒業しモナコへ:教育・文化:中部発』2010年3月16日付朝刊(2010年4月15日閲覧。)
  27. ^ a b 学校法人中西学園『学校法人 中西学園』(2010年4月15日閲覧。)
  28. ^ 学校法人中西学園『学校法人 中西学園』(2010年4月15日閲覧。)
  29. ^ 日本珠算連盟『全国施行塾一覧』(2010年4月15日閲覧。)

参考文献[編集]

  • 伊勢市『伊勢市史』伊勢市役所、昭和43年3月31日、954pp.

関連項目[編集]

  • 英心高等学校 - 伊勢調理製菓専門学校と同じ河崎一丁目にある、学校法人八木学園が運営する高等学校。専門学校を併設。
  • 皇學館高等学校 - 伊勢学園高校と同じ倉田山地域にある、学校法人皇學館が運営する私立高等学校。開校年も同じである。