伊勢化学工業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
伊勢化学工業株式会社
Ise Chemicals Corporation
種類 株式会社
市場情報
略称 伊勢化、ISE
本社所在地 日本の旗 日本
104-0031
東京都中央区京橋一丁目3番1号
八重洲口大栄ビル10階
設立 1948年3月6日[1]
業種 化学
法人番号 9010001037370
事業内容 ヨウ素及びヨウ素化合物の製造・加工・売買、ニッケル化合物・コバルト化合物等の製造・加工・売買、天然ガスの採取・売買[2]
代表者 代表取締役社長執行役員 藤野隆[1]
資本金 35億9,981万9,820円[1]
発行済株式総数 25,675,675株[2]
売上高 単体166億71百万円
連結180億52百万円
(2014年12月期)[2]
純資産 単体213億16百万円
連結230億95百万円
(2014年12月期)[2]
総資産 単体265億64百万円
連結288億29百万円
(2014年12月期)[2]
従業員数 単体282名、連結310名
(2014年12月31日現在)[2]
決算期 12月31日
主要株主 旭硝子 52.42%
三菱商事 11.25%
(2014年12月31日現在)[2]
主要子会社 ウッドワード・アイオダイン・コーポレーション
外部リンク http://www.isechem.co.jp/
テンプレートを表示

伊勢化学工業株式会社(いせかがくこうぎょう)は、AGC子会社の専門化学メーカーである。ヨウ素及びヨウ素化合物、電池材料に使用される金属化合物の生産や、天然ガスの採取・販売を行っている。特に、ヨウ素は、日本アメリカチリのみで生産されているもので、伊勢化学工業は、日本のヨウ素生産量の4割以上、世界の生産量の約12%を供給する世界的有力メーカーである。地中から汲み上げられた鹹水を原料としてヨウ素を製造している。鹹水の採取地は千葉県南関東ガス田及び宮崎県の宮崎ガス田である。

沿革[編集]

事業所[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 会社概要”. 伊勢化学工業株式会社. 2015年12月11日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k 有価証券報告書-第94期(平成26年1月1日-平成26年12月31日)”. EDINET. 2015年12月11日閲覧。