伊勢市立港中学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
伊勢市立港中学校
Ise city Minato junior high schools.JPG
2009年2月28日撮影
過去の名称 宇治山田市立第五中学校
宇治山田市立港中学校
国公私立 公立学校
設置者 伊勢市
設立年月日 1947年4月15日
創立記念日 5月12日
共学・別学 男女共学
学期 2学期制
所在地 516-0005
三重県伊勢市竹ヶ鼻町100番地
北緯34度30分39秒東経136度43分58秒
外部リンク 港中学校ホームページ
プロジェクト:学校/中学校テンプレート
テンプレートを表示

伊勢市立港中学校(いせしりつみなとちゅうがっこう)は、三重県伊勢市竹ヶ鼻町にある公立中学校

概要[編集]

  • 校地面積 21,834m2
  • 構成
    • 校舎 3階建て
    • 運動場 12,700m2
    • 体育館 延べ床面積:1,013m2

沿革[編集]

  • 1947年昭和22年)4月15日 - 宇治山田市立第五中学校が創立する。宇治山田市立大湊小学校、同神社小学校、同浜郷小学校の一部を借り受け分教場とする。
  • 1948年(昭和23年)5月12日 - 元神戸製鋼株式会社青年学校跡敷地に移転、同会社講堂と、寮1棟を借り受け1ヶ所で授業を行う。独立校として発足、当日を創立記念日とする。
  • 1948年(昭和23年)9月1日 - 宇治山田市立港中学校と改称する。
  • 1950年(昭和25年)3月4日 - 現在地(青年学校跡)に校舎が落成する。
  • 1955年(昭和30年)1月1日 - 市名改称に伴い、伊勢市立港中学校に改称する。
  • 1959年(昭和34年)9月26日 - 伊勢湾台風(台風15号)により、校舎に大被害を受ける。
  • 1961年(昭和36年)6月12日 - 体育館を新築、落成する。(災害復旧)
  • 1969年(昭和44年)4月10日 - プール建設の起工式を挙行する。
  • 1969年(昭和44年)7月14日 - プールの完工式を挙行する。
  • 1975年(昭和50年)10月3日 - 新校舎建設の起工式を挙行する。
  • 1977年(昭和52年)3月30日 - 新校舎の完工式を挙行する。
  • 1985年(昭和60年)8月12日 - 体育館建設の起工式を挙行する。
  • 1985年(昭和60年)12月26日 - 2教室(3階)の増築工事が完了する。
  • 1986年(昭和61年)3月28日 - 体育館の完工式を挙行する。
  • 1991年平成3年)4月1日 - 障害児学級(精薄)を設置する。
  • 1993年(平成5年)4月1日 - 障害児学級(情緒)を設置する。
  • 2005年(平成17年)4月1日 - 3学期制から2学期制に移行する。

学校区[編集]

大湊小学校

  • 大湊町

神社小学校

  • 神社港(かみやしろこう)
  • 下野町
  • 馬瀬町
  • 小木町(こうぎちょう)
  • 竹ヶ鼻町

浜郷小学校区の一部

  • 田尻町
  • 通町
  • 黒瀬町
  • 一色町

周辺[編集]

交通アクセス[編集]

著名な卒業生[編集]

  • 八田直樹 - Jリーグ選手[1]、在学中(2001年、3年生時)にU-15日本代表フランス遠征メンバーに選出される[2]
  • 大畑拓也 - Jリーグ選手、在学中(2005年、3年生時)にU-15日本代表メンバーに選出される。

参考文献[編集]

  • 平成13年度 学校要覧 伊勢市立港中学校

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 2005年6月3日付け 読売新聞 中部朝刊 24頁 記事「Jリーグ・ジュビロの八田、森下選手 加藤・伊勢市長に活躍を誓う=三重」、同日付け 毎日新聞 地方版/三重 21頁 記事「表敬訪問:八田直樹・森下俊の両選手、市長を表敬--伊勢出身のJリーガー /三重」より
  2. ^ 2001年4月7日付け 朝日新聞 名古屋地方版/三重 28頁 記事「サッカー代表、欧州に遠征へ 中3八田君・森下君選ばれる /三重」、同日付け 毎日新聞 地方版/三重 21頁 記事「U15サッカー国際トーナメント 伊勢の中学生2人を激励--市役所 /三重」、同日付け 中日新聞 朝刊 21頁 三重総合版 記事「伊勢の2中学生 U15サッカー日本代表 フランスでの健闘誓う」より

関連項目[編集]