伊勢志摩連絡道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

伊勢志摩連絡道路(いせしまれんらくどうろ)は、三重県志摩市阿児町から同県伊勢市二見町に至る総延長 約20 km地域高規格道路である。

伊勢志摩の円滑な交通の確保と観光客の誘致促進のために整備が進められている[1]

概要[編集]

  • 起点 : 三重県志摩市阿児町[2]
  • 終点 : 三重県伊勢市二見町[2]
  • 総延長 : 約20 km[2]

通過する自治体[編集]

構成する道路[編集]

国道167号 鵜方磯部バイパス、国道167号 第二伊勢道路がそれぞれ開通している[3]。鵜方磯部バイパスは2017年(平成29年)12月17日に全線開通した[4][5]。鵜方磯部バイパスと第二伊勢道路の間の磯部バイパスを含む区間は調査中となっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 再評価書 一般国道167号鵜方磯部バイパス (PDF)”. 三重県 (2005年). 2012年3月25日閲覧。
  2. ^ a b c 連携・交流を広げる地域高規格道路 伊勢志摩連絡道路 一般国道167号 第二伊勢道路 (PDF)”. 三重県. 2012年3月25日閲覧。
  3. ^ 一般国道167号第二伊勢道路 再評価結果(平成23年度事業継続箇所) (PDF)”. 国土交通省 (2011年). 2012年3月25日閲覧。
  4. ^ 国道167号(鵜方磯部バイパス)を12月17日に供用開始します”. 三重県 (2017年11月2日). 2017年12月17日閲覧。
  5. ^ 一般国道167号鵜方磯部バイパス 再評価結果(平成18年度事業継続箇所) (PDF)”. 国土交通省 (2006年). 2012年3月25日閲覧。

関連項目[編集]