伊原克彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

伊原 克彦(いはら かつひこ、1982年2月5日 - )は、日本競輪選手会福井支部に所属する競輪選手日本競輪学校(以下、競輪学校)第91期生。実弟に、競輪学校第90期生の伊原弘幸がいる。

来歴[編集]

福井県立福井商業高等学校在籍時代、1年後輩で元ヤクルトスワローズ山岸穣とともに1999年に開催された第71回選抜高等学校野球大会に出場。3年次の夏の大会は決勝で敗退。

その後、佛教大学に進んで野球を続けたが、大学1年のときに怪我をして野球選手を断念[1]。大学3年のとき、競輪学校受験のため同大学を中退[2]。その後師匠である松山勝久(競輪学校第73期生)に師事し、2005年に同校91期生試験に合格。

2006年7月6日、ホームバンクの福井競輪場でデビューし、初勝利も同日。

2009年ヤンググランプリ京王閣競輪場)に出場し、優勝の神山拓弥についで2位に入った。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 福井でかなえるDream
  2. ^ 伊原克彦選手 - 富永健義のLife is only once. 2009年2月15日付記事

関連項目[編集]