U181 (潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

U181第二次世界大戦時のドイツ海軍潜水艦Uボート)。IXD/2型。ドイツの降伏後は日本軍に接収されて伊号第五百一潜水艦(いごうだいごひゃくいちせんすいかん)となった。U181は大西洋において3隻、19,454トン、インド洋で24隻、119,325トン[1]の船を沈めている。

昭和20(1945)年秋、シンガポールのセレター軍港における妙高と横付け中の伊501潜(左)と伊502潜[2]

艦歴[編集]

1941年3月15日、ブレーメンのデシマーク、AVヴェーザー造船所で起工。1941年12月30日に進水し、1942年5月9日にヴォルフガング・リュート艦長の元で就役した。シュテッティン第4潜水隊群で訓練を行った後、1942年10月1日に第10潜水隊群に編入され、11月1日には第12潜水隊群に移った[3]

U181はリュートの指揮の元で1942年から1943年にかけて南アフリカモザンビーク沖へと出撃し、22隻、合計103,712トンを沈めた[4]。これにより、リュートはオットー・クレッチマーに次いで戦果をあげたUボート艦長となり、少佐への昇進と柏葉・剣・ダイヤモンド付騎士鉄十字章を獲得した。また、リュートは第22潜水隊群司令官となった。[5]

1943年11月1日、クルト・フライヴァルト (Kurt Freiwald) がU181艦長となった。U181は1944年中頃にボルドーからペナンへ向かい、4隻、24,869を沈めた[4]。この際、Fa 330やNaxosレーダー探知機を運んでいる[6]:183–184,190。1944年10月1日、第33潜水隊群に転籍[3]。帰路ではスズ130トン、モリブデン20トン、生ゴム80から100トンや最新のレーダー探知機FUMB26 TUNISを積み[6]:199,207、1隻、10,198を沈めた[4]。積荷のため魚雷は2本しか搭載しておらず、1隻を沈めるのでそれは消費された[6]:215。ベアリングの磨耗のため、帰路の航海は途中で中止され、1945年1月6日にバタビアへと戻った。また、その途中でココス諸島付近で潜水艦U843へと燃料を移している。[6]:219–221

1945年(昭和20年)5月にドイツ連合国に降伏したためシンガポールで帝国海軍に接収され[7]、7月15日に艦籍に入って伊号第五百一潜水艦となる。呉鎮守府籍となり、第一南遣艦隊付属となった。入籍が戦争末期であったために活躍することなく終戦を迎えた。まもなくシンガポールでイギリス軍に接収され、11月30日に除籍された。1946年(昭和21年)2月16日0545、北緯03度05分 東経100度04分 / 北緯3.083度 東経100.067度 / 3.083; 100.067マラッカ海峡で海没処分された[8]

戦果一覧[編集]

日付 船名 国籍 トン数 結果
1回目の哨戒[9]
1942年11月3日 East Indian アメリカ合衆国 8,159 沈没
1942年11月8日 Plaudit パナマ 5,060 沈没
1942年11月10日 K.G. Meldahl ノルウェイ 3,799 沈没
1942年11月13日 Excello アメリカ合衆国 4,969 沈没
1942年11月19日 Gunda ノルウェイ 2,241 沈没
1942年11月20日 Corinthiakos ギリシャ 3,562 沈没
1942年11月22日 Alcoa Pathfinder アメリカ合衆国 6,797 沈没
1942年11月24日 Dorington Court イギリス 5,281 沈没
Mount Helmos ギリシャ 6,481 沈没
1942年11月28日 Evanthia ギリシャ 3,551 沈没
1942年11月30日 Cleanthis ギリシャ 4,153 沈没
1942年12月2日 Amarylis パナマ 4,328 沈没
2回目の哨戒[10]
1943年4月11日 Empire Whimbrel イギリス 5,983 沈没
1943年5月11日 Tinhow イギリス 5,232 沈没
1943年5月27日 Sicilia スウェーデン 1,633 沈没
1943年6月7日 Harrier 南アフリカ 193 沈没
1943年7月2日 Hoihow イギリス 2,798 沈没
1943年7月15日 Empire Lake イギリス 2,852 沈没
1943年7月16日 Fort Franklin イギリス 7,135 沈没
1943年8月4日 Dalfram イギリス 4,558 沈没
1943年8月7日 Umvuma イギリス 4,419 沈没
1943年8月12日 Clan Macarthur イギリス 10,528 沈没
3回目の哨戒[11]
1944年5月1日 Janeta イギリス 5,312 沈没
1944年6月19日 Garoet オランダ 7,118 沈没
1944年7月15日 Tanda イギリス 7,174 沈没
1944年7月19日 King Frederick イギリス 5,265 沈没
4回目の哨戒[12]
1944年11月2日 Fort Lee アメリカ合衆国 10,198 沈没

伊号第五百一潜水艦歴代艦長[編集]

艦長[編集]

  1. 佐藤清輝 少佐:1945年7月15日 -

脚注[編集]

  1. ^ Ships hit by U-181 uboat.net 2010年11月19日閲覧。
  2. ^ #【決定版】写真 太平洋戦争 (5) p.278
  3. ^ a b Helgason, Guðmundur. “The Type IXD2 boat U-181”. German U-boats of WWII - uboat.net. 2010年3月7日閲覧。
  4. ^ a b c Helgason, Guðmundur. “War Patrols by German U-boat U-181”. German U-boats of WWII - uboat.net. 2010年3月7日閲覧。
  5. ^ Helgason, Guðmundur. “Kapitän zur See Wolfgang Lüth”. German U-boats of WWII - uboat.net. 2010年3月7日閲覧。
  6. ^ a b c d Giese, O., 1994, Shooting the War, Annapolis: United States Naval Institute, 1557503079
  7. ^ U-181 uboat.net 2010年11月19日閲覧。
  8. ^ 海軍歴史保存会『日本海軍史 第7巻』第一法規出版、1995年、p.365
  9. ^ Helgason, Guðmundur. “Patrol of U-boat U-181 from 12 Sep 1942 to 18 Jan 1943”. German U-boats of WWII - uboat.net. 2010年3月7日閲覧。
  10. ^ Helgason, Guðmundur. “Patrol of U-boat U-181 from 23 Mar 1943 to 14 Oct 1943”. German U-boats of WWII - uboat.net. 2010年3月7日閲覧。
  11. ^ Helgason, Guðmundur. “Patrol of U-boat U-181 from 16 Mar 1944 to 8 Aug 1944”. German U-boats of WWII - uboat.net. 2010年3月7日閲覧。
  12. ^ Helgason, Guðmundur. “Patrol of U-boat U-181 from 19 Oct 1944 to 5 Jan 1945”. German U-boats of WWII - uboat.net. 2010年3月7日閲覧。