伊号第四十六潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
艦歴
計画 昭和17年度計画(マル急計画
起工 1942年11月21日
進水 1943年6月3日
就役 1944年2月29日
その後 1944年10月28日戦没
除籍 1945年3月10日
性能諸元
排水量 基準:2,184トン 常備:2,554トン
水中:3,561トン
全長 109.3m
全幅 9.10m
吃水 5.34m
機関 艦本式2号10型ディーゼル2基2軸
水上:14,000馬力
水中:2,000馬力
速力 水上:23.6kt
水中:8.0kt
航続距離 水上:16ktで14,000海里
水中:3ktで60海里
燃料 重油
乗員 95名[1]
兵装 40口径14cm単装砲1門
25mm機銃連装1基2挺
53cm魚雷発射管 艦首8門
九五式魚雷20本
22号電探1基
航空機 なし
備考 安全潜航深度:100m

伊号第四十六潜水艦(いごうだいよんじゅうろくせんすいかん、旧字体:伊號第四十六潜水艦)は、大日本帝国海軍潜水艦伊十六型潜水艦(巡潜丙型)の6番艦[2]

艦歴[編集]

1941年昭和16年)の昭和17年度計画(マル急計画)により、佐世保海軍工廠1942年(昭和17年)11月21日起工、1943年(昭和18年)5月25日に艦艇類別等級別表に加えられ[2]6月3日進水、1944年(昭和19年)2月29日に竣工した。横須賀鎮守府籍となり、訓練部隊の第六艦隊第11潜水戦隊に編入されて訓練に従事。

4月2日2145、愛媛県水無瀬沖で訓練のため潜航中、同じく潜航していた呂46と衝突し、潜望鏡が損傷してしまったため修理を受ける。

5月7日、不良箇所が発見され修理を受ける。5月30日に第15潜水隊に編入。

10月19日、伊46は呉を出撃し、フィリピンレイテ島東方沖合に進出する。26日、敵輸送船団を発見したとの報告を最後に消息不明。11月19日に帰投予定だったが、帰ってこなかった[3]

アメリカ側記録によると、10月28日にフィリピン方面で米ジョン・C・バトラー級護衛駆逐艦リチャード・M・ローウェル英語版」の攻撃を受け戦没。艦長の山口幸三郎少佐以下乗員112名全員戦死。沈没地点はフィリピン東方沖合、北緯09度45分 東経126度45分 / 北緯9.750度 東経126.750度 / 9.750; 126.750

同年12月2日喪失認定[3]1945年(昭和20年)3月10日除籍[4]

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』419頁による。

艤装員長[編集]

  • 山口幸三郎 少佐:1944年2月1日 -

艦長[編集]

  • 山口幸三郎 少佐:1944年2月29日 - 10月28日戦死

脚注[編集]

  1. ^ 乗員数は『写真 日本の軍艦 第12巻 潜水艦』より。
  2. ^ a b 昭和18年5月25日付 海軍内令 第1027号。『昭和18年5~6月 内令 2巻(防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C12070177800 。海軍艦船要覧 2013, pp. 90-91
  3. ^ a b 海軍艦船要覧 2013, p. 99.
  4. ^ 昭和20年3月10日付 海軍内令 第228号。海軍艦船要覧 2013, p. 99

参考文献[編集]

  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第12巻 潜水艦』光人社、1990年。ISBN 4-7698-0462-8
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。ISBN 4-7698-1246-9
  • 福井静夫『写真日本海軍全艦艇史』ベストセラーズ、1994年。ISBN 4-584-17054-1
  • 渡辺博史 『海軍艦船要覧 艦艇・特務艦艇・特設艦船・その他』 ブックショップマイタウン、2013年4月5日。ISBN 978-4-938341-86-2。

関連項目[編集]