伊号第百七十九潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
艦歴
計画 昭和14年度計画(第四次海軍軍備充実計画
起工 1941年8月21日
進水 1942年7月16日
就役 1943年6月18日
その後 1943年7月14日沈没
除籍 1944年4月15日
性能諸元
排水量 基準:1,630トン 常備:1,833トン
水中:2,602トン
全長 105.50m
全幅 8.25m
吃水 4.60m
機関 艦本式1号乙8型ディーゼル2基2軸
水上:8,000馬力
水中:1,800馬力
速力 水上:23.1kt
水中:8.0kt
航続距離 水上:16ktで8,000海里
水中:5ktで50海里
燃料 重油:354.7t
乗員 86名
兵装 45口径十一年式12cm単装砲1門
25mm機銃連装1基2挺
53cm魚雷発射管 艦首6門
九五式魚雷12本
九三式水中聴音機
九三式探信儀[1]
備考 安全潜航深度:80m

伊号第百七十九潜水艦(いごうだいひゃくななじゅうくせんすいかん)は、日本海軍潜水艦伊百七十六型潜水艦(海大VII型)の4番艦。

艦歴[編集]

事故の状況[編集]

1943年7月14日夜、国東半島沖で急速浮上を実施後に物資を揚陸する訓練を行っていた。浮上後、最前部の1番ベント弁が開き、1番メインタンクの空気が放出され、各メインタンクに注水されたため、艦体が急速に沈下すると共にハッチから浸水が起こり沈没した[3][5]

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』439頁による。

艤装員長[編集]

  • 湯浅弘 少佐:1943年3月16日 -

艦長[編集]

  • 湯浅弘 少佐:1943年6月18日 - 7月14日殉職

脚注[編集]

  1. ^ 九三式探信儀は完成時に装備していない可能性が有る。
  2. ^ a b 『ハンディ版 日本海軍艦艇写真集19巻』75頁。
  3. ^ a b c 『艦長たちの軍艦史』439頁。
  4. ^ 『日本海軍史』第7巻、359頁。
  5. ^ 『日本海軍の潜水艦 - その系譜と戦歴全記録』118頁。

参考文献[編集]

  • 雑誌「丸」編集部『ハンディ版 日本海軍艦艇写真集19巻』潜水艦伊号、光人社、1997年。
  • 勝目純也『日本海軍の潜水艦 - その系譜と戦歴全記録』大日本絵画、2010年。
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9