伊号第百五十六潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
I-56.jpg
初代「伊56」時代(1929年春、呉)
艦歴
計画 大正12年度艦艇補充計画
起工 1926年11月3日
進水 1928年3月23日
就役 1929年3月31日
除籍 1945年11月30日
その後 1946年4月1日 五島列島沖で爆破処分
性能諸元
排水量 基準:1,635トン 常備:1,800トン
水中:2,300トン
全長 101.00m
全幅 7.90m
吃水 4.90m
機関 ズルツァー[1]3号ディーゼル2基2軸
水上:6,800馬力
水中:1,800馬力
速力 水上:20.0kt
水中:8.0kt
航続距離 水上:10ktで10,000海里
水中:3ktで60海里
燃料 重油:230t
乗員 63名
兵装 40口径十一年式12cm単装砲1門
留式7.7mm機銃1挺
53cm魚雷発射管 艦首6門、艦尾2門
六年式魚雷16本
Kチューブ(水中聴音機)
備考 安全潜航深度:60m

伊号第百五十六潜水艦(いごうだいひゃくごじゅうろくせんすいかん)は、日本海軍潜水艦伊百五十六型潜水艦(海大III型b)の1番艦。竣工時の艦名は伊号第五十六潜水艦(初代)。

艦歴[編集]

※この頃回天輸送用に改装されて、光基地において回天連合訓練あるいは大神基地への数回に渡る回天輸送作戦に従事。

    • 6月25日 - 呉を出航し大連に回航し、燃料輸送に従事[5]
    • 7月2日 - 呉に入港[5]
    • 8月15日 - 第15潜水隊に編入され終戦を迎える[5]
  • 1946年(昭和21年)4月1日 - 五島列島沖で米軍により爆破処分[7]

撃沈総数4隻、撃沈トン数9,125トン。撃破総数2隻、撃破トン数3,044トン。

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』425頁による。

艤装員長[編集]

艦長[編集]

  • 古宇田武郎 少佐:1928年11月9日 - 1929年11月5日
  • 吉富説三 少佐:1929年11月5日 - 1930年12月1日
  • 石崎昇 少佐:1930年12月1日 - 1931年12月1日
  • 服部邦男 少佐:1931年12月1日 - 1932年3月26日
  • (兼)斎藤栄章 少佐:1932年3月26日 - 1932年6月1日
  • 奥島章三郎 少佐:1932年6月1日 - 11月1日
  • 久米幾次 少佐:1932年11月1日 - 1934年10月22日
  • 奥島章三郎 少佐:1934年10月22日 - 1935年7月3日[8]
  • 都築登 少佐:1935年7月3日[8] -
  • 西野耕三 少佐:1935年12月26日 - 1937年12月1日[9]
  • 岩上英寿 少佐:1937年12月1日 - 1938年6月29日
  • 水口兵衛 中佐:1938年6月29日 - 1938年12月15日[10]
  • 畑中純彦 少佐:1938年12月15日 - 1939年11月20日[11]
  • 山田薫 少佐:1939年11月20日 - 1941年7月31日[12]
  • 大橋勝夫 少佐:1941年7月31日 -
  • 折田善次 大尉:1942年6月30日 -
  • 関戸好蜜 少佐:1942年7月20日 -
  • 米原実 大尉:1942年10月15日 -
  • 寺本巌 大尉:1943年3月16日 -
  • 神本信雄 少佐:1944年1月31日 -
  • 河野昌通 中佐:1944年10月11日 -
  • 山根権 少佐:1944年10月24日 -

脚注[編集]

  1. ^ スイス・SULZER社。英語読みではスルザー。
  2. ^ a b 『艦長たちの軍艦史』425頁。
  3. ^ アジア歴史資料センターリファレンスコードC05035387200
  4. ^ 昭和13年6月1日付、内令第421号。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 『ハンディ版 日本海軍艦艇写真集19巻』71頁。
  6. ^ a b c d e f 『日本海軍の潜水艦 - その系譜と戦歴全記録』100頁。
  7. ^ 『日本海軍史』第7巻、355頁。
  8. ^ a b 『官報』第2550号、昭和10年7月4日。
  9. ^ 海軍辞令公報 号外 第99号 昭和12年12月1日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072072700 
  10. ^ 海軍辞令公報(部内限)号外 第273号 昭和13年12月15日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072074800 
  11. ^ 海軍辞令公報(部内限)第405号 昭和14年11月20日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072076900 
  12. ^ 海軍辞令公報(部内限)第681号 昭和16年7月31日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072081600 

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 雑誌「丸」編集部『ハンディ版 日本海軍艦艇写真集19巻』潜水艦伊号、光人社、1997年。
  • 勝目純也『日本海軍の潜水艦 - その系譜と戦歴全記録』大日本絵画、2010年。
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9