この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

伊坂幸太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊坂 幸太郎
(いさか こうたろう)
誕生 (1971-05-25) 1971年5月25日(47歳)
日本の旗 日本千葉県松戸市
職業 小説家
最終学歴 東北大学法学部卒業
活動期間 2000年 -
ジャンル 推理小説
代表作重力ピエロ』(2003年)
アヒルと鴨のコインロッカー』(2003年)
ゴールデンスランバー』(2007年)
主な受賞歴 新潮ミステリー倶楽部賞(2000年)
吉川英治文学新人賞(2004年)
日本推理作家協会賞短編部門(2004年)
本屋大賞(2008年)
山本周五郎賞(2008年)
デビュー作オーデュボンの祈り』(2000年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

伊坂 幸太郎(いさか こうたろう、1971年5月25日 - )は、日本小説家

経歴

千葉県松戸市出身。東北大学法学部卒業。この時期の東北大学には、薬学研究科瀬名秀明文学研究科佐藤賢一、理学部に松崎有理円城塔など、現在小説家として活躍している人物が在学していた。大学卒業後、システムエンジニアとして働くかたわら文学賞に応募、2000年オーデュボンの祈り』で第5回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞しデビュー。数年後に作家専業となった。宮城県仙台市在住。

2002年の『ラッシュライフ』で評論家に注目され始め、2003年の『重力ピエロ』で一般読者に広く認知されるようになった。それに続く『アヒルと鴨のコインロッカー』が第25回吉川英治文学新人賞を受賞。

本屋大賞においては第1回から第4回まで連続ノミネートされた後、2008年の第5回に『ゴールデンスランバー』で受賞した。同作品で第21回山本周五郎賞も受賞。なお直木賞については、2003年『重力ピエロ』、2004年『チルドレン』『グラスホッパー』、2005年『死神の精度』、2006年『砂漠』で候補となったが、2008年に同賞の選考対象となることを辞退している[1]

受賞歴

作風

  • 現在住んでいる宮城県仙台市を舞台にした作品が多い。
  • 多くの作品で、舞台設定や登場人物などがリンクしている。また、登場人物の中には、同名でありながらも別人格として、複数の作品に登場する者もいるのが特徴。

作品リスト

小説

  • オーデュボンの祈り(2000年12月 新潮ミステリー倶楽部 / 2003年12月 新潮文庫
    • 書き下ろし
  • ラッシュライフ(2002年7月 新潮ミステリー倶楽部 / 2005年5月 新潮文庫)
    • 書き下ろし
  • 陽気なギャングが地球を回す(2003年1月 祥伝社ノン・ノベル / 2006年2月 祥伝社文庫
    • 書き下ろし
    • 「陽気なギャング」シリーズ第1作
  • 重力ピエロ(2003年4月 新潮社 / 2006年7月 新潮文庫)
    • 書き下ろし
  • アヒルと鴨のコインロッカー(2003年11月 東京創元社 / 2006年12月 創元推理文庫
    • 書き下ろし
  • チルドレン(2004年5月 講談社 / 2007年5月 講談社文庫
    • バンク(『小説現代』2002年4月号)
    • チルドレン(『小説現代』2002年11月号)
    • レトリーバー(『小説現代』2003年9月号)
    • チルドレン2(『小説現代』2003年12月号)
    • イン(『小説現代』2004年3月号)
  • グラスホッパー(2004年7月 角川書店 / 2007年6月 角川文庫
    • 書き下ろし
  • 死神の精度(2005年6月 文藝春秋 / 2008年2月 文春文庫
    • 死神の精度(『オール讀物』2003年12月号)
    • 死神と藤田(『オール讀物』2004年4月号)
    • 吹雪に死神(『オール讀物』2004年8月号)
    • 恋愛で死神(『オール讀物』2004年11月号)
    • 旅路を死神(『別册文藝春秋』第255号・2005年1月)
    • 死神対老女(『オール讀物』2005年4月号)
  • 魔王(2005年10月 講談社 / 2008年9月 講談社文庫)
    • 魔王(『エソラ』vol.1 2004年12月)
    • 呼吸(『エソラ』vol.2 2005年7月)
  • 砂漠(2005年12月 実業之日本社 / 2008年8月 Jノベル・コレクション / 2010年7月 新潮文庫 / 2017年10月 実業之日本社文庫
    • 書き下ろし
  • 終末のフール(2006年3月 集英社 / 2009年6月 集英社文庫
    • 終末のフール(『小説すばる』2004年2月号)
    • 太陽のシール(『小説すばる』2004年5月号)
    • 籠城のビール(『小説すばる』2004年8月号)
    • 冬眠のガール(『小説すばる』2004年11月号)
    • 鋼鉄のウール(『小説すばる』2005年2月号)
    • 天体のヨール(『小説すばる』2005年5月号)
    • 演劇のオール(『小説すばる』2005年8月号)
    • 深海のポール(『小説すばる』2005年11月号)
  • 陽気なギャングの日常と襲撃(2006年5月 祥伝社ノン・ノベル / 2009年8月 祥伝社文庫)
    • 初出:第一章は『小説NON』2004年5月号・9月号・2005年2月号・6月号掲載の短編を長編の一部として改稿、第二章以降は書き下ろし
    • 「陽気なギャング」シリーズ第2作
    • 文庫版のみ、短編「海には、逃がしたのと同じだけの良い魚がいる。」(『映画「陽気なギャングが地球を回す」公式ガイドブック』)収録
  • フィッシュストーリー(2007年1月 新潮社 / 2009年11月 新潮文庫)
    • 動物園のエンジン(『小説NON』2004年5月号)
    • サクリファイス(『別冊東北学』vol.8 2004年8月)
    • フィッシュストーリー(『小説新潮』2005年10月号)
    • ポテチ(単行本書き下ろし)
  • ゴールデンスランバー(2007年11月 新潮社 / 2010年12月 新潮文庫)
    • 書き下ろし
  • 実験4号(2008年4月 講談社)
    • 後藤を待ちながら(書き下ろし)
      • The ピーズの曲「実験4号」をモチーフとしている
    • 山下敦弘監督の映画「It's a small world」のDVDとセットでの発売
  • モダンタイムス(2008年10月 講談社 / 2011年10月 講談社文庫【上・下】)
    • 初出:『週刊モーニング』2007年18号 - 2008年26号
    • 『魔王』に連なる作品
    • 連載時の花沢健吾による挿絵が収録された特別版も同時刊行
  • あるキング(2009年8月 徳間書店 / 2012年8月 徳間文庫 / 2015年5月 新潮文庫)
    • 初出:『本とも』2008年4月号 - 2009年3月号
    • 新潮文庫版は雑誌版、単行本版、徳間文庫版の三編すべてを収録した完全版
    • 完全版の初回3か月分のみ、掌編「書店にまつわる小噺あるいは、教訓の得られない例話」(『キノベス! 2003』)封入
  • SOSの猿(2009年11月 中央公論新社 / 2012年11月 中公文庫
    • 初出:『読売新聞 夕刊』2008年10月3日 - 2009年7月18日
  • オー!ファーザー(2010年3月 新潮社 / 2013年7月 新潮文庫)
    • 初出:『河北新報 夕刊』他13紙 2006年3月 - 2007年12月順次掲載
  • バイバイ、ブラックバード(2010年6月 双葉社 / 2013年3月 双葉文庫
    • 初出:I話 - V話は「ゆうびん小説」(2009年5月 - 2010年2月)、VI話は書き下ろし
    • 伊坂幸太郎のロングインタビューと、門賀美央子による本書の解説、太宰治グッド・バイ』を収録した『「バイバイ、ブラックバード」をより楽しむために』が同日刊行
  • マリアビートル(2010年9月 角川書店 / 2013年9月 角川文庫)
    • 書き下ろし
    • 『グラスホッパー』に連なる作品
    • 文庫版のみ、短編「ついていないから笑う」(『ダ・ヴィンチ』2010年3月号)収録
  • PK(2012年3月 講談社 / 2014年11月 講談社文庫)
    • PK(『群像』2011年5月号)
    • 超人(『群像』2011年7月号)
    • 密使(『NOVA 5』2011年8月 河出文庫)
  • 夜の国のクーパー(2012年5月 東京創元社 / 2015年3月 創元推理文庫)
    • 書き下ろし
  • 残り全部バケーション(2012年12月 集英社 / 2015年12月 集英社文庫)
    • 残り全部バケーション(『Re-born はじまりの一歩』2008年3月 実業之日本社)
    • タキオン作戦(『紡』vol.1 2010年12月)
    • 検問(『小説新潮』2008年7月号)
    • 小さな兵隊(『小説すばる』2012年10月号)
    • 飛べても8分(書き下ろし)
  • ガソリン生活(2013年3月 朝日新聞出版 / 2016年3月 朝日文庫)
    • 初出:『朝日新聞 夕刊』2011年11月21日 - 2012年12月10日
    • 文庫版の初版分のみ、掌編「ガソリンスタンド」(書き下ろし)をカバー裏に掲載
  • 死神の浮力(2013年7月 文藝春秋 / 2016年7月 文春文庫)
    • 書き下ろし(冒頭のみ『別册文藝春秋』2012年1月号に掲載)
    • 『死神の精度』に連なる作品
  • 首折り男のための協奏曲(2014年1月 新潮社 / 2016年11月 新潮文庫)
    • 首折り男の周辺(『Story Seller』2008 Spring)
    • 濡れ衣の話(『小説新潮』2010年7月号)
    • 僕の舟(『小説新潮』2011年12月号)
    • 人間らしく(『新潮』2013年1月号)
    • 月曜日から逃げろ(『yom yom』vol.27 2013年2月)
    • 相談役の話(『』vol.14 2010年12月)
    • 合コンの話(『Story Seller vol.2』2009 Spring)
  • アイネクライネナハトムジーク(2014年9月 幻冬舎 / 2017年8月 幻冬舎文庫
    • アイネクライネ(『papyrus』11号 2007年4月)
    • ライトヘビー(斉藤和義のシングルCD「君は僕のなにを好きになったんだろう/ベリーベリーストロング〜アイネクライネ〜」初回盤特典)
    • ドクメンタ(『GINGER L.』2011 SPRING 02)
    • ルックスライク(『papyrus』46号 2013年2月)
    • メイクアップ(『papyrus』52号 2014年2月)
    • ナハトムジーク(書き下ろし)
  • キャプテンサンダーボルト(2014年11月 文藝春秋 / 2017年11月 文春文庫)
  • 火星に住むつもりかい?(2015年2月 光文社 / 2018年4月 光文社文庫
    • 書き下ろし
  • ジャイロスコープ(2015年6月 新潮文庫)
    • 浜田青年ホントスカ(『蝦蟇倉市事件1』2010年1月 東京創元社ミステリ・フロンティア)
    • ギア(『エソラ』vol.3 2006年4月)
    • 二月下旬から三月上旬(『新潮』2014年6月号)
    • if(『小説トリッパー』2015年夏号)
    • 一人では無理がある(『小説新潮』2014年12月号)
    • 彗星さんたち(『エール! 3』2013年10月 実業之日本社文庫)
    • 後ろの声がうるさい(書き下ろし)
  • 陽気なギャングは三つ数えろ(2015年10月 祥伝社ノン・ノベル / 2018年9月 祥伝社文庫)
    • 書き下ろし
    • 「陽気なギャング」シリーズ第3作
  • サブマリン(2016年3月 講談社)
    • 書き下ろし
    • 『チルドレン』に連なる作品
  • AX(2017年7月 KADOKAWA)
    • AX(『小説 野性時代』2012年1月号)
    • Bee(『しあわせなミステリー』2012年4月 宝島社)
    • Crayon(『小説 野性時代』2014年2月号)
    • EXIT(書き下ろし)
    • FINE(書き下ろし)
    • 『グラスホッパー』『マリアビートル』に連なる作品
  • ホワイトラビット(2017年9月 新潮社)
    • 書き下ろし
  • クリスマスを探偵と(2017年10月 河出書房新社
    • 初出:『文藝別冊 伊坂幸太郎』(2010年11月 河出書房新社)
    • 自身初となる絵本で、マヌエーレ・フィオールが作画を担当
  • フーガはユーガ(2018年11月 実業之日本社)
    • 書き下ろし

エッセイ

  • 3652 伊坂幸太郎エッセイ集(2010年12月 新潮社 / 2015年5月 新潮文庫)
    • 文庫版のみ、掌編「定規」(『アヒルと鴨のコインロッカー』ネットサイン本通販特別付録)・掌編「ソウルステーション」(2009年4月の東京メトロ×ブルーノート東京×コットンクラブのイベント『音楽の話をしよう/32 for music exhibition/音楽を愛する32人の言葉の展覧会 “音楽トレイン”』)収録
    • 文庫版の初回2か月分のみ、掌編「小説新潮の話」(『小説新潮』2011年1月号)封入
  • 仙台ぐらし(2012年2月 荒蝦夷 / 2015年6月 集英社文庫)
    • 初出:『仙台学』vol.01 - vol.10 他
    • 短編「ブックモビール」(書き下ろし)収録

その他

  • 絆のはなし―伊坂幸太郎×斉藤和義(2007年10月 講談社) - 対談集
  • ミステリーの書き方(2010年12月 幻冬舎 / 2015年10月 幻冬舎文庫)
    • 談話「書き出しで読者を摑め!」(『PONTOON』2007年11月号)収録
  • にすいです。 冲方丁対談集(2013年1月 角川書店)
    • 冲方丁との対談「小説にしか出来ないこと」(『本の旅人』2010年10月号)収録

アンソロジー(編纂)

  • スペシャル・ブレンド・ミステリー 謎005(2010年9月 講談社文庫)
  • 連城三紀彦 レジェンド 傑作ミステリー集(2014年11月 講談社文庫)
  • 連城三紀彦 レジェンド2 傑作ミステリー集(2017年9月 講談社文庫)

アンソロジー(収録)

「」内が伊坂幸太郎の作品
★のつく作品は自身名義の単行本未収録

ザ・ベスト・ミステリーズ 推理小説年鑑

  • ザ・ベストミステリーズ 2003(2003年7月 講談社)
    • 【分冊・改題】殺人の教室 ミステリー傑作選(2006年4月 講談社文庫)
    • 「チルドレン」
  • ザ・ベストミステリーズ 2004(2004年7月講談社)
    • 【分冊・改題】孤独な交響曲 ミステリー傑作選(2007年4月 講談社文庫)
    • 「死神の精度」
  • ザ・ベストミステリーズ 2005(2005年7月 講談社)
    • 【分冊・改題】 仕掛けられた罪 ミステリー傑作選(2008年4月 講談社文庫)
    • 「死神と藤田」
  • ザ・ベストミステリーズ 2006(2006年7月 講談社)
    • 【分冊・改題】セブンミステリーズ ミステリー傑作選(2009年4月 講談社文庫)
    • 「死神対老女」
  • ザ・ベストミステリーズ 2009(2009年7月 講談社)
    • 【分冊・改題】Bluff 騙し合いの夜 ミステリー傑作選(2012年4月 講談社文庫)
    • 「検問」
  • ザ・ベストミステリーズ 2014(2014年5月 講談社)
    • 【分冊・改題】Life 人生、すなわち謎 ミステリー傑作選(2017年4月 講談社文庫)
    • 「彗星さんたち」

その他

  • ああ、腹立つ(2004年10月 新潮文庫)
    • 「映画館は平和だ」 - エッセイ
  • 事件を追いかけろ サプライズの花束編(2004年12月 光文社カッパ・ノベルス / 2009年4月 光文社文庫)
    • 「バンク」
  • 秘密。私と私のあいだの十二話(2005年3月 メディアファクトリー
    • 「ライフ システムエンジニア編」★(『ダ・ヴィンチ』2004年9月号)
    • 「ライフ ミッドフィルダー編」★(『ダ・ヴィンチ』2004年9月号)
  • I LOVE YOU(2005年7月 祥伝社 / 2007年9月 祥伝社文庫)
    • 「透明ポーラーベア」★(書き下ろし)
  • 十夜(2006年1月 ランダムハウス講談社
    • 「イン」
  • 不思議の足跡(2007年10月 光文社カッパ・ノベルス / 2011年4月 光文社文庫)
    • 「吹雪に死神」
  • Re-born はじまりの一歩(2008年3月 実業之日本社 / 2010年12月 実業之日本社文庫)
    • 「残り全部バケーション」
  • 短篇ベストコレクション 現代の小説2009(2009年6月 徳間文庫)
    • 「検問」
  • 蝦蟇倉市事件1(2010年1月 東京創元社ミステリ・フロンティア)
    • 【改題】晴れた日は謎を追って がまくら市事件(2014年12月 創元推理文庫)
    • 「浜田青年ホントスカ」
  • NOVA 5 書き下ろし日本SFコレクション(2011年8月 河出文庫)
    • 「密使」
  • Happy Box(2012年3月 PHP研究所 / 2015年11月 PHP文芸文庫)
    • 「weather」★(書き下ろし)
  • しあわせなミステリー(2012年4月 宝島社)
    • 【改題】ほっこりミステリー(2014年3月 宝島社文庫)
    • 「Bee」 - 兜(『AX』)シリーズ第2作
  • 文学 2012(2012年4月 講談社)
    • 「PK」
  • あの日、君と Boys(2012年5月 集英社文庫)
    • 【再編集・改題】短編少年(2017年5月 集英社文庫)
    • 「逆ソクラテス」★(書き下ろし)
  • 最後の恋 MEN'S つまり、自分史上最高の恋。(2012年5月 新潮文庫)
    • 「僕の舟」
  • ベスト・エッセイ 2012(2012年6月 光村図書出版
    • 「う・さぎの話」 - エッセイ
  • 短編工場(2012年10月 集英社文庫)
    • 「太陽のシール」
  • エール!3(2013年10月 実業之日本社文庫)
    • 「彗星さんたち」
  • 奇想博物館 最新ベスト・ミステリー(2013年12月 光文社)
    • 【改題】奇想博物館 日本ベストミステリー選集(2017年5月 光文社文庫)
    • 「小さな兵隊」
  • 私がデビューしたころ ミステリ作家51人の始まり(2014年6月 東京創元社)
    • 「喋るデビュー作」★(書き下ろし) - エッセイ
  • Wonderful Story(2014年10月 PHP研究所 / 2017年9月 PHP文芸文庫)
    • 「イヌゲンソーゴ」★(書き下ろし)
    • 伊坂幸犬郎 名義
  • 日本文学100年の名作 第10巻2004-2013 バタフライ和文タイプ事務所(2015年6月 新潮文庫)
    • 「ルックスライク」
  • 20の短編小説(2016年1月 朝日文庫)
    • 「if」
  • ベスト・エッセイ 2016(2016年6月 光村図書出版)
  • X'mas Stories 一年でいちばん奇跡が起きる日(2016年11月 新潮文庫)
    • 「一人では無理がある」
  • 殺意の隘路 最新ベスト・ミステリー(2016年12月 光文社)
    • 「ルックスライク」
  • 短篇ベストコレクション 現代の小説2017 (2017年6月 徳間文庫)
    • 「無事これ貴人」★(『小説新潮』2016年3月号)

単行本未収録作品

小説

  • 悪党たちが目にしみる(第13回サントリーミステリー大賞佳作受賞作、のちに全文改稿され『陽気なギャングが地球を回す』として出版)
  • 書店にまつわる小噺あるいは、教訓の得られない例話(『キノベス! 2003』 / 『あるキング 完全版』初回3か月分付録)
  • ブギ(『エソラ』vol.4 2007年7月)
  • マリアビートル・イントロダクション(『野性時代』2007年11月号)
  • ギブ(『エソラ』vol.7 2009年4月)
  • 小説新潮の話(『小説新潮』2011年1月号 / 『3652 伊坂幸太郎エッセイ集』文庫版初回2か月分付録)
  • Eの874(『朝日新聞』2014年1月1日封入の広告特集『もう一人の嵐たち』) - 二宮和也をイメージした掌編
  • スロウではない(『オール讀物』2015年8月号)
  • 三人の男が猪苗代湖で会う話 -スパイ・失恋・エスケイプ-(2015年8月に福島県猪苗代町で開催されたイベント『オハラ☆ブレイク '15夏』に寄稿) - The ピーズの曲「グライダー」をモチーフとしている
  • Drive(冒頭のみ『小説 野性時代』2015年11月号) - 兜(『AX』)シリーズ第4作(未完)
  • ガソリンスタンド(『ガソリン生活』文庫版初版分付録 2016年3月)
  • シーソーモンスター(『小説BOC』vol.1 2016年4月 - vol.5 2017年4月) - 8組の作家による企画「螺旋」に参加
  • 猪苗代湖の話2016 -スポンジとサマー-(2016年7月 - 8月のイベント『オハラ☆ブレイク '16夏』に寄稿) - TOMOVSKYの曲「スポンジマン」と、The ピーズの曲「サマー記念日」をモチーフとしている
  • ロングレンジ(2017年7月 幻冬舎 電子書籍 / 『小説幻冬』2017年9月号)
  • スピンモンスター(『小説BOC』vol.6 2017年7月 - vol.10 2018年7月) - 8組の作家による企画「螺旋」に参加
  • 猪苗代湖の話2017 -プとラとイとド-(2017年8月のイベント『オハラ☆ブレイク '17夏』に寄稿) - The ピーズの曲「負け犬」をモチーフとしている
  • 鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)(『群像』2018年1月号)
  • 猪苗代湖の話2018 -マグカップと作戦会議-(2018年8月のイベント『オハラ☆ブレイク '18夏』に寄稿) - TOMOVSKYの曲「作戦会議」「その2つ以外は」をモチーフとしている
  • 竹やぶバーニング(『小説宝石』2018年10月号)

エッセイ

  • 芥川龍之介の思い出ーー「トロッコ」と「蜜柑」について(図録『人間・芥川龍之介』2007年4月 仙台文学館 / 『文藝別冊 芥川龍之介』2017年11月)
  • 先日の出来事。(『yom yom』vol.3 2007年6月)
  • 五十嵐大介さんのこと(『文藝別冊 五十嵐大介』2014年8月)
  • 噓でも本当でも(『PR誌 ちくま』2016年1月号)
  • 火の鳥」黎明編(『仙台文学館ニュース』第三十号 2016年3月)
  • 御手洗潔のこと(『ダ・ヴィンチ』2016年6月号)
  • 私の『十角館』(綾辻行人十角館の殺人 限定愛蔵版』2017年9月 講談社)
  • おぼえていることと勝手にかんがえていること(『群像』2018年4月号 / 『大江健三郎 全小説』全巻予約特典 2018年 講談社)
  • 本屋大賞について(『本の雑誌増刊 本屋大賞2018』2018年4月)

解説

  • 佐藤正午『アンダーリポート/ブルー』(2015年9月 小学館文庫)

メディア・ミックス

映画

ドラマ

舞台

ラジオドラマ

いずれもNHK-FM青春アドベンチャーにて

  • オーデュボンの祈り (演出:濱田裕之・出水有三)
    • 2004年4月12日 - 16日、19日 - 23日(全10回)放送
    • 2007年4月30日 - 5月4日、5月7日 - 11日放送(再放送)
  • 死神の精度 (演出:川野秀昭)
    • 2006年10月30日 - 11月3日(全5回)放送
  • 終末のフール(演出:川野秀昭)
    • 2010年2月1日 - 5日、8日 - 12日(全10回)放送

漫画

  • オーデュボンの祈り(漫画:木村哲也) - 新潮社『デジコミ新潮 コム・コム』2007年3月号 -
    • 単行本 全2巻(新潮社 Bunch Comics Extra 2009年7月)
  • 陽気なギャングが地球を回す(漫画:耕野裕子) - 講談社『BE LOVE KCDX』2006年7号 - 9号
    • 単行本 全1巻(講談社 KCデラックス 2006年4月)
  • 終末のフール(漫画:塩塚誠) - 集英社『週刊ヤングジャンプ』増刊『漫革』2006年Vol.54 - 2007年Vol.59
    • 単行本 全1巻(集英社 ヤングジャンプコミックス 2007年12月)
  • 魔王 JUVENILE REMIX(漫画:大須賀めぐみ) - 小学館『週刊少年サンデー』2007年27号 - 2009年30号
    • 単行本 全10巻(小学館 少年サンデーコミックス 2007年11月 - 2009年8月)
    • 廉価版 全4巻(未完)(小学館 My First BIG 2011年8月 - 11月)
  • グラスホッパー(漫画:井田ヒロト) - 角川書店『コミックチャージ』2008年10号 - 2009年3号
    • 単行本 全3巻(KADOKAWA CHARGE COMICS 2008年10月 - 2009年6月)
  • Waltz(漫画:大須賀めぐみ) - 小学館 ゲッサン2009年11月号 - 2012年3月号 ※書き下ろし原作
    • 単行本 全6巻(小学館 ゲッサン少年サンデーコミックス 2010年3月 - 2012年5月
    • 新装版 全6巻(小学館 ゲッサン少年サンデーコミックス 2015年10月 - 12月)
  • アイネクライネナハトムジーク(漫画:いくえみ綾) - 幻冬舎 Webサイト「デンシバーズ」2018年10月 -連載中

関連項目

脚注

  1. ^ zakzak (2008年7月8日). “静かになりたい…伊坂幸太郎氏が「直木賞」選考辞退”. 2018年10月13日閲覧。