伊徳妃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

徳妃伊氏(とくひ いし、? - 943年以後)は、五代十国時代後唐の荘宗李存勗の妃嬪。

生涯[編集]

曾祖父は検校尚書右僕射の伊慎。祖父は瀘州刺史の伊宗守。父は忻州刺史の伊広。兄弟に伊承俊がいる。

末に李存勗に嫁ぎ、側室となった。李存勗が晋王となると、伊氏は燕国夫人に封ぜられた。李存勗が後唐の皇帝として即位すると、皇后をすぐには立てず、妻妾らは寵愛を争った。結局、側室の一人だった劉氏が皇后に立てられた。同光2年12月(925年)、伊氏は徳妃(高位の妃嬪)に封ぜられた。

明宗李嗣源が即位すると、劉皇后は賜死となり、妃嬪らは実家に帰された。徳妃伊氏は太原に居を遷した。後晋天福元年(936年)、淑妃韓氏と共に契丹に捕らえられ連れ去られた。 天福8年(943年)正月、伊氏は契丹から人を遣わし、後晋の出帝石重貴に馬を献じた。

伝記資料[編集]