伊志嶺亮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
伊志嶺 亮
いしみね あきら
生年月日 1933年1月19日
出生地 沖縄県宮古郡多良間村
出身校 岡山大学医学部卒業
所属政党 無所属

在任期間 2005年11月13日 - 2008年12月31日

Flag of Okinawa Prefecture.svg 第16-18代 平良市長
在任期間 1994年7月 - 2005年9月
テンプレートを表示

伊志嶺 亮(いしみね あきら、1933年1月19日[1] -)は、日本政治家。元沖縄県平良市長(3期)、前宮古島市市長(1期)。

略歴[編集]

1933年、当時、父が教員として赴任していた沖縄県宮古郡多良間村多良間島)で生まれる。多良間島で4歳まで過ごした後、父の転勤により伊良部町字佐和田(現宮古島市伊良部佐和田)、次いで小学1年生時に平良町(現宮古島市平良)に移り、1941年には台湾に移り住んだ[2]

岡山大学医学部卒。琉球政府立宮古南静園園長、沖縄県宮古保健所所長、沖縄県立宮古病院院長などを経て、1964年に伊志嶺医院を開業[1]

1994年に平良市長に初当選。以後、3期にわたって平良市長を務める[1]

2005年11月13日に市町村合併に伴って行われた宮古島市長選挙に、沖縄社会大衆党社会民主党共産党民主党自由連合の推薦を受けて、革新統一候補として出馬。413票の僅差で下地敏彦を破って当選した[1]

その後、市職員による一連の不祥事の責任を取って、2008年12月31日付で辞職[3]2009年1月25日に行われた宮古島市長選挙では、自由民主党及び公明党の推薦を受けた下地敏彦が当選した[4]

脚注[編集]