伊木隆司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
伊木 隆司
いぎ たかし
生年月日 (1973-11-12) 1973年11月12日(45歳)
出生地 鳥取県米子市
出身校 中央大学商学部会計学科
所属政党 無所属

当選回数 1回
在任期間 2017年4月24日 - 現職
テンプレートを表示

伊木 隆司(いぎ たかし、1973年11月12日 - )は、日本政治家公認会計士税理士鳥取県米子市長(1期)。

来歴[編集]

鳥取県米子市生まれ[1]米子市立福生小学校米子市立福生中学校鳥取県立米子東高等学校卒業。1996年(平成8年)3月、中央大学商学部会計学科卒業。公認会計士2次試験に合格し、太田昭和監査法人(現・新日本有限責任監査法人)に入社[2]

2004年(平成14年)、米子市にて伊木会計事務所を開設。税理士登録[2]

2017年(平成29年)4月16日に行われた米子市長選挙に自由民主党民進党公明党の推薦を受けて立候補。JR米子駅の南北自由通路一体化事業の凍結を訴えた前市議の山川智帆、日本共産党県委員会常任委員ら2候補を破り初当選を果たした[3]。4月24日、市長就任[4]

※当日有権者数:121,164人 最終投票率:46.09%(前回比:+10.82ポイント)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
伊木隆司43無所属29,922票54.23%(推薦)自由民主党民進党公明党
山川智帆39無所属20,625票37.38%
福住英行41無所属4,631票8.39%

政策・主張[編集]

  • 2018年(平成30年)11月20日に米子市で開かれた、北朝鮮による拉致問題の解決を訴えるシンポジウムで、「安倍内閣が軍事行動をするというのであれば、全面的に支持したい。憲法を改正するというのであれば、全面的に支持したい」と述べ、北朝鮮への軍事行動を容認する考えを示した[5]
  • 米子市では市の管理施設について、2019年4月までに屋外を含めた敷地内の全面禁煙を予定しているが、それに反対した米子たばこ販売組合が伊木を尋ね、屋外喫煙所の設置を求める意見書を提出した。伊木は意見書に対し、「たばこ税が非常に貴重な財源になっていますが喫煙者とそうでない人とのバランスをとっていきたい」と述べた[6]

脚注[編集]