伊東信宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

伊東 信宏(いとう のぶひろ、1960年9月 - )は日本の音楽学者大阪大学文学研究科教授。中欧東欧の音楽史及び民族音楽学を専門とする。

略歴[編集]

京都市生まれ。1984年、大阪大学文学部美学科卒業後、87年同大学院修士課程修了。91年博士課程単位取得満期退学。日本学術振興会特別研究員、92年リスト・フェレンツ音楽院(ハンガリー)・客員研究員、93年大阪教育大学教育学部助教授、2004年大阪大文学部助教授、07年文学研究科音楽学専攻准教授。

1998年に「バルトーク」で吉田秀和賞(第7回)受賞、アリオン賞奨励賞(音楽評論部門)受賞、2009年『中東欧音楽の回路』でサントリー学芸賞受賞。

著書[編集]

  • 『バルトーク-民謡を「発見」した辺境の作曲家』中公新書、1997
  • ハイドンのエステルハージ・ソナタを読む』春秋社、2003
  • 『中東欧音楽の回路 ロマクレズマー・20世紀の前衛』岩波書店、2009
  • 『バルトークの民俗音楽編曲』大阪大学出版会、2012 
  • 『東欧音楽綺譚 クルレンツィス・跛行の来訪神・ペトルーシュカ』音楽之友社、2018

翻訳[編集]

  • バルトーク・ベーラ ハンガリー民謡』(間宮芳生と、歌詩対訳、全音楽譜出版社、1995)
  • 『バルトークの室内楽曲』 ヤーノシュ・カールパーティ(江原望共訳、法政大学出版局、1998)
  • 『バルトーク音楽論選』 ベーラ・バルトーク(太田峰夫共訳、ちくま学芸文庫、2018)
  • 『月下の犯罪 一九四五年三月、レヒニッツで起きたユダヤ人虐殺、そして或るハンガリー貴族の秘史』
    バッチャーニ/サーシャ、講談社選書メチエ、2019

編著[編集]

  • 『ピアノはいつピアノになったか?』 大阪大学出版会 2007.3

出演[編集]

所属学会[編集]