伊東光一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
いとう こういち
伊東 光一
本名 前島 昌彦 (まえじま まさひこ)
生年月日 (1907-07-08) 1907年7月8日
没年月日 不詳年
出生地 日本の旗 日本 静岡県伊東市
職業 俳優
ジャンル 演劇劇映画時代劇現代劇特撮映画サウンド版トーキー)、テレビドラマ
活動期間 1932年 - 1976年
主な作品
白雪先生と子供たち

伊東 光一(いとう こういち、1907年7月8日 - 没年不詳)は、日本俳優[1][2]。本名は前島 昌彦(まえじま まさひこ)。大映の名脇役の一人である。

来歴・人物[編集]

1907年7月8日静岡県伊東市に生まれる。実家は医院を経営していた。

1925年、錦城商業学校(現在の錦城学園高等学校)を卒業。1932年松竹蒲田撮影所に入社。後に松竹大船撮影所に移り、大部屋俳優として多数の作品に脇役として出演する。

終戦直後は上原謙と共に実演の舞台にも立っていたが、その後は大映に移籍し、1971年の大映倒産まで脇役として長く活躍する。倒産後もフリーとなって出演を続けたが、1976年10月7日フジテレビが放映したテレビドラマ同心部屋御用帳 江戸の旋風II』第28話「十手の重み」に出演して以降の出演作品が見当たらず、以後の消息は不明である。没年不詳

出演作品[編集]

映画[編集]

  • 西海岸の娘達(1938年)
  • 開戦の前夜(1943年)
  • 二死満塁(1946年)
  • 今宵妻となりぬ(1948年)
  • 鉄拳の街(1947年)
  • 土曜夫人(1948年)
  • オリオン星座(1948年)
  • 幽霊塔(1948年)
  • 毒薔薇(1949年)
  • 流れる星は生きている(1949年)
  • 歌の明星(1949年)
  • 誰が私を裁くのか(1951年)
  • 五十円横町(1955年)
  • 浅草の鬼(1955年)
  • 誘拐魔(1955年)
  • 東京犯罪地図(1956年)
  • 火花(1956年)
  • 四十八歳の抵抗(1956年)
  • 第三非常線(1956年)
  • 慕情の河(1957年)
  • 忘れじの午後8時13分(1957年)
  • 満員電車(1957年)
  • 名犬物語 吠えろシェーン(1957年)
  • 妻こそわが命(1957年)
  • 夜の蝶(1957年)
  • 透明人間と蝿男(1957年)
  • 穴(1957年)
  • 冥土の顔役(1957年)
  • 暖流(1957年)
  • 日露戦争勝利の秘史 敵中横断三百里(1957年)
  • 新婚七つの楽しみ(1958年)
  • 大都会の午前三時(1958年)
  • 氷壁(1958年)
  • 巨人と玩具(1958年)
  • 素っ裸の青春(1958年)
  • 夜の素顔(1958年)
  • 消された刑事(1958年)
  • 都会の牙(1959年)
  • 氾濫(1959年)
  • いつか来た道(1959年)
  • 電話は夕方に鳴る(1959年)
  • (1959年)
  • 海軍兵学校物語 あゝ江田島(1959年)
  • 貴族の階段(1959年)
  • 野火(1959年)
  • 闇を横切れ(1959年)
  • 旅情(1959年)
  • 黒い樹海(1960年)
  • 拳銃の掟(1960年)
  • セクシー・サイン 好き好き好き(1960年)
  • 流転の王妃(1960年)
  • からっ風野郎(1960年)
  • 勝利と敗北(1960年)
  • すれすれ(1960年)
  • 犯罪6号地(1960年)
  • 女妖(1960年)
  • 俺の涙は甘くない(1960年)
  • おとうと(1960年)
  • 偽大学生(1960年)
  • 時の氏神 新夫婦読本(1960年)
  • 轢き逃げ族(1960年)
  • 犯行現場(1960年)
  • 弾痕街の友情(1960年)
  • 恋にいのちを(1961年)
  • 黒い十人の女(1961年)
  • 女の勲章(1961年)
  • 献身(1961年)
  • 強くなる男(1961年)
  • うるさい妹たち(1961年)
  • 誘拐(1962年)
  • 黒の試走車(1962年)
  • 真昼の罠(1962年)
  • 女の一生(1962年)
  • 風神雷神(1962年)
  • 禁断(1962年)
  • 黒の報告書(1963年)
  • 背広の忍者(1963年)
  • 停年退職(1963年)
  • 嘘(1963年)
  • 夜の配当(1963年)
  • わたしを深く埋めて(1963年)
  • ぐれん隊純情派(1963年)
  • 囁く死美人(1963年)
  • 風速七十五米(1963年)
  • 黒の商標(1963年)
  • 巨人 大隈重信(1963年)
  • 喧嘩犬(1964年)
  • 夜の勲章(1965年)
  • 若親分出獄(1965年)
  • 妻の日の愛のかたみに(1965年)
  • 学生仁義(1965年)
  • 銭のとれる男(1966年)
  • わが愛を星に祈りて(1966年)
  • 大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン(1966年)
  • 陸軍中野学校(1966年)
  • 白い巨塔(1966年)
  • 夜の罠(1967年)
  • 陸軍中野学校 竜三号指令(1967年)
  • 若親分を消せ(1967年)
  • 大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス(1967年)
  • 妻二人(1967年)
  • 砂糖菓子が壊れるとき(1967年)
  • 監獄への招待(1967年)
  • 毒薬の匂う女(1967年)
  • ある殺し屋の鍵(1967年)
  • 夜の縄張り(1967年)
  • 大悪党(1968年)
  • ジェットF104脱出せよ(1968年)
  • 不信のとき(1968年)
  • 女賭博師みだれ壷(1968年)
  • 女賭博師さいころ化粧(1969年)
  • あゝ海軍(1969年)
  • 女体(1969年)
  • あゝ陸軍隼戦闘隊(1969年)
  • 天狗党(1969年)
  • 続・いそぎんちゃく(1970年)
  • でんきくらげ(1970年)
  • やくざ絶唱(1970年)
  • 皆殺しのスキャット(1970年)
  • 男一匹ガキ大将(1971年)
  • 高校生心中 純愛(1971年)
  • 君は海を見たか(1971年)
  • 日本沈没(1973年)
  • 華麗なる一族(1974年)
  • あにいもうと(1976年)

テレビドラマ[編集]

  • 海の非常線(1959年)
  • 悪魔の掌の上で(1960年)
  • 東京タワーは知っている
    • 第8話「子ブタ物語」(1960年)
    • 第9話「海路幸あれ」(1960年)
  • 黒いパトカー(1961年)
  • 土曜日の虎 第2話(1966年)
  • 白い牙 第22話(1974年)
  • 丹下左膳 乾坤篇(1974年)
  • 華麗なる一族(1975年)
  • 特別機動捜査隊 第709話「華麗なる殺人計画」(1975年)
  • 同心部屋御用帳 江戸の旋風II 第28話「十手の重み」(1976年)

脚注[編集]

  1. ^ 『日本映画俳優全集 男優篇』 キネマ旬報社、1979年、61-62頁。
  2. ^ 『日本人物レファレンス事典 芸能篇1 (映画・演劇・タレント)』 日外アソシエーツ、2014年