伊東寛斎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

伊東 寛斎(いとう かんさい、文政9年5月19日1826年6月24日) - 明治26年(1893年7月28日)は、幕末蘭方医。幕府奥医師。名は盛貞。

人物[編集]

文政9年(1826年)、武蔵国府中六所宮禰宜、織田筑後の二男として生まれ、緒方洪庵よりオランダ医学を学ぶ。伊東玄朴の長女を妻とし、紀州藩医となる。また公使タウンゼント・ハリスの治療で名声を挙げる。安政5年(1858年)7月7日、将軍徳川家定の急病に際し紀州藩医より幕府医師に登用。同年11月23日、法眼に叙せらる。元治元年(1864年)12月16日、法印に昇叙、瑤川院と号す。明治以降、宮中侍医を勤め、明治26年(1893年)没。谷中霊園に葬る。織田研斎は実兄である。