伊東政吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

伊東 政吉(いとう まさきち、1922年9月30日- )は、日本の経済学者、一橋大学名誉教授。日経・経済図書文化賞受賞。

略歴[編集]

神奈川県出身。横浜市立横浜商業専門学校塩野谷九十九ゼミ出身[1]東京商科大学(現一橋大学)卒、66年「アメリカの金融政策 その論争点の分析」で経済学博士(一橋大学)。1950年一橋大学経済研究所アメリカ経済研究部門で、都留重人教授や小原敬士教授の下で助手に就任[2]。一橋大学経済研究所教授を経て、74-76年一橋大学経済研究所所長、86年定年退官、名誉教授、東京国際大学教授、成城大学教授を務めた[3]。66年『アメリカの金融政策』で日経・経済図書文化賞受賞。指導学生に牧野裕など[4]

著書[編集]

  • 『アメリカの金融政策 その論争点の分析』岩波書店 1966
  • 『アメリカの金融政策と制度改革』岩波書店 1985

共編[編集]

  • 『アメリカの金融革命 歴史・制度・理論・政策』江口英一共編 有斐閣選書 1983

翻訳[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 松坂兵三郎「自作年譜」成城大学リポジトリ
  2. ^ 「一橋のアメリカ経済研究 」如水会
  3. ^ 『現代日本人名録』日外アソシエーツ、1987年
  4. ^ 「昭和57年度 学位授与・単位修得論文一覧」一橋大学