伊東歌詞太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
伊東歌詞太郎
Itokashitaro kiokunohakobune.jpg
基本情報
生誕 7月25日
出身地 日本の旗 日本東京都
ジャンル J-POP
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ボーカル
ギター
活動期間 2012年 -
レーベル TOY'S FACTORY2014年 - 2016年
イザナギレコード(2017年 - )
KADOKAWA (2020年 - )
事務所 WAVE MASTER
共同作業者 イトヲカシ
公式サイト 伊東歌詞太郎 Official Web Site


伊東歌詞太郎(いとう かしたろう、7月25日 - )は日本シンガーソングライター東京都出身。血液型はA型。身長180.5cm、体重56.5kg。

イトヲカシでの活動は、該当記事を参照。

来歴[編集]

  • 2011年、動画投稿サイト「ニコニコ動画」に自らの歌唱動画を投稿開始。
  • 2012年12月31日、自主制作CD『my little white cat』をリリース[1]
  • 2014年1月22日、TOY'S FACTORYより1st Full Album『一意専心』をリリースしメジャーデビューする。週間オリコンランキング4位を獲得。
  • 2015年
    • 4月8日、2nd Full Album『二律背反』リリース。週間オリコンランキング6位を獲得[2]
    • 12月30日、舞台『ジアース アート ネオライン 神聖創造物』~その老人は 誰よりも 若かった~」テーマソング「Role Praying」を書き下ろす。
  • 2016年
    • 3月18日、ライブ会場・通販限定CD『ほしねこ』発売[3]
    • 4月9日、BSSラジオ(山陰放送)でレギュラーラジオ「伊東歌詞太郎の僕だけのロックスター☆ラジオ」がスタート。
    • 7月27日、クレイ勇輝(ex.キマグレン)solo Album『AGAIN-また夏に会いましょう-』収録「星を探して」を作曲提供。
    • 9月18日、福島「うつくしまYOSAKOIまつり おもてなし温楽彩」に出演。この出演のためによさこいテーマソング「百火繚乱」を書き下ろす。
  • 2017年
    • 8月14日、レギュラーラジオ「僕だけのロックスター☆ラジオ」初の公開録音を鳥取県・TSUTAYA角盤町店で実施。
    • 10月4日、3rd Full Album『二天一流』リリース。自主レーベル「イザナギレコード」発足。
    • 10月25日~11月10日、ワンマンライブツアー『火鳥風月』開催。
    • 10月30日、ギター弾き語り 譜面集~音楽の入り口~発売
    • 11月2日、ワンマンライブ大阪公演のアンコールでレギュラーラジオ「僕だけのロックスター☆ラジオ」公開録音をサプライズ開催する。
  • 2018年
    • 1月末、声帯結節の手術を行う。
    • 3月12日、発声許可がおりる。
    • 5月11日、歌唱許可がおりる。
    • 5月16日、初の著書『家庭教室』発売。
    • 5月24日、著書『家庭教室』重版出来発表。
    • 5月26日、レギュラーラジオ「僕だけのロックスター☆ラジオ」が放送100回を迎える。
    • 7月25日、CD『BLANK DISK』発売。
    • 9月8日、CD『WEST SIDE STORY』発売。
    • 12月21日、CD『From Far East 21』発売。
  • 2019年
    • 1月3日、新曲「&LOID」を中国で発表。
    • 1月19日~1月20日、中国ワンマンツアー『桃園の誓い』を北京/上海にて開催。
    • 4月26日、楽曲「つながって」が、『ぷよぷよ』のeスポーツ大会応援ソングに決定。
    • 5月16日、OFFICIAL FAN CLUB 「Home Town」開設。
    • 7月23日、舞台「ABSO-METAL」に書下ろし主題歌を提供。
    • 8月31日、CD『Overture』発売。
    • 8月31日~10月20日、ワンマンライブツアー『君住む街へ』開催。
    • 11月2日~11月17日、ワンマンライブツアー『君住む街へ 阪名東編 ~マイホームタウンへ~』開催。
    • 12月7日~12月8日、中国ワンマンツアー『桃園の誓い2』を成都/広州にて開催。
  • 2020年
    • 1月25日、京都市主催「ヒューマンステージ・イン・キョウト」へトーク&ライブ出演。
    • 2月21日、純粋カフェ・ラッテ Full Album『追い風フォルテシモ』収録「Very Star」を作曲提供。
    • 7月22日、初のエッセイ『僕たちに似合う世界』を発売。
    • 7月24日、初の無観客配信ワンマンライブ『Live in Astra』開催。
    • 7月29日、Newシングル『記憶の箱舟』を発売。(アニメ「デカダンス」エンディング楽曲)
    • 11月14日、自身初となるクラッシック編成での無観客配信ライブ『Live Classics』開催。
  • 2021年
    • 1月9日~3月14日、ワンマンライブツアー『プレアデス』開催予定。
    • 2月10日~2月14日開催、舞台「ABSO-METAL2 〜群盲の逆襲〜」主題歌担当。

人物[編集]

  • 歴史が好きで、インターネットで活動する際に、好きな新撰組の隊士を伊東甲子太郎と答えたところから「甲子」を音楽に関連した「歌詞」に替え、「伊東歌詞太郎」と命名した。
  • 好きな歴史の時代は縄文時代弥生時代幕末戦国など。
  • 動植物が大好きで、自宅で二匹を飼っている(メス:みみ、オス:ぽん太)。
  • 大学生時代に年間1000冊の本を読んだことがあるほど、文学好き。好きな作家は、宮沢賢治夏目漱石川端康成など。
  • 好きな漫画は「幽☆遊☆白書」「3月のライオン」。
  • 愛用するギターはギブソン J-45。
  • ジーンズが好き(生地や形にこだわるタイプでコレクターではない)。
  • 学生の頃よりバンド活動を開始。バンドマン時代に観葉植物やティッシュを食べていたことを生放送で告白している。
  • 荒川の土手を母親の運転する自転車に乗って走っていたとき、通りすがりの見ず知らずの人に自転車を蹴られ、母親と土手を転げ落ちたのが最古の記憶である。
  • ネットで活動を開始する際に、第六感で顔を隠そうと思い、Amazon.comで「お面」と検索して一番上に出てきたのが狐のお面だったことから現在も着用している。歌詞太郎本人もそのお面を今もamazonで購入している。
  • 学生時代の同級生の宮田“レフティ”リョウとのユニット“イトヲカシ”では2013 - 2014年に47都道府県フリーライブを行う。同時に、日本の最四端(宗谷岬納沙布岬与那国島波照間島)での路上ライブを決行。
  • フリーライブの実施は、動画を投稿して再生数をみたときに、再生数分のリスナーに対して直接「ありがとう」を伝えたいと思ったのがきっかけだと色んなところで本人が話している。
  • これまでニコニコ動画に投稿した伊東歌詞太郎による歌唱動画の総再生数は5,800万回を超えている[4]
  • 国語が得意で、昔塾講師をしていた。話も上手で、時々施設などで講演会を開いている。

ディスコグラフィ[編集]

最高位は、オリコンウィークリーチャートに基づく[5]

アルバム[編集]

発売日 タイトル レーベル 規格品番 収録曲 最高位
1st 2014年1月22日 一意専心[6] TOY'S FACTORY TFCC-86453 4位
2nd 2015年4月8日 二律背反[7] TOY'S FACTORY TFCC-86506 6位
3rd 2017年10月04日 二天一流[8] イザナギレコード POCS-1647 9位

ミニアルバム[編集]

発売日 タイトル レーベル 規格品番 収録曲
2012年12月31日 my little white cat luminouscore
2016年3月18日 ほしねこ 自主制作 KSTR-001
2018年7月25日 BLANK DISK イザナギレコード IZNG-002
2018年9月8日 WEST SIDE STORY イザナギレコード IZNG-003
2018年12月21日 From Far East 21 イザナギレコード IZNG-004
2019年8月31日 Overture イザナギレコード IZNG-005

CDシングル[編集]

発売日 タイトル レーベル 規格品番 収録曲 最高位
2020年7月29日  記憶の箱舟  株式会社KADOKAWA ZMCZ-14172 16位

 配信限定シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格 品番 収録曲
1st 2017年9月13日  百火繚乱  デジタル・ダウンロード 00602567007999
2nd 2019年5月31日  つながって  A72964

書籍[編集]

発売日 タイトル 発売元 ISBN
 2018年5月16日   家庭教室  株式会社KADOKAWA 978-4048961417
 2020年7月22日   僕たちに似合う世界   株式会社KADOKAWA 978-4048967839


タイアップ[編集]

曲名 タイアップ 時期
ポプラの丘で風が吹く ポプラ「秋のお菓子フェア2014」キャンペーンソング[9] 2014年
By Your Side 「ダイハツ COPEN XPLAY プロジェクト」テーマソング[10]
One Step Ahead KBCラジオ「VERO Q火曜日」エンディングテーマ
つながって ぷよぷよeスポーツ応援ソング 2019年
記憶の箱舟 TVアニメ「デカダンス」エンディングテーマ 2020年

楽曲提供[編集]

CD[編集]

  • 『AGAIN-また夏に会いましょう-』(2016年7月26日発売)
  • 『いっそやみさえうけいれて』(2017年5月17日発売、Brand-New Music、BNSU-0001)
    • 真空ホロウのアルバム。「さかみち」の作詞作曲を担当。
  • 『Glory』(2018年12月19日発売、AVCD-96058)
    • U-KISSのアルバム。「Glory」の作詞作曲を担当。
  • 『追い風フォルテシモ』(2019年2月21日発売、DAKSYL-2)

書き下ろし楽曲[編集]

  • 太鼓の達人レッドver(2014年)
    • 「タイムトラベラー」
  • 舞台「『ジアース アート ネオライン 神聖創造物』~その老人は 誰よりも 若かった~」(2015年)
    • テーマソング「Role Praying」
  • 「うつくしまYOSAKOIまつり おもてなし温楽彩」よさこい(2016年)
    • テーマソング「百火繚乱」
  • TASCAM『MiNiSTUDIOシリーズ』(2016年)
    • イメージソング「IMAGINE」
  • テレビ番組「鈴木ちなみの元気のみなもと~ちなみな~2nd Stage」(2017年)
    • 番組テーマソング「EAT THE WORLD」
  • 舞台「牙狼<GARO> - 神ノ牙 覚醒 -」(2017年)
    • テーマソング「Heeler」
  • 太鼓の達人イエローver(2017年)
    • 「鏡の国のアリス」
  • ぷよぷよeスポーツ応援ソング(2019年)
    • 「つながって」
  • 舞台「ABSO-METAL」(2019年)
    • テーマソング「革命トライアングル」

参加作品[編集]

  • 脳漿炸裂ガール』(2012年12月28日発売、KITTY、KTCD-1012)
    • 「脳漿炸裂ガール」で参加。
  • 『学園四想譚』(2012年12月31日発売)
    • 「恋はなび」で参加。
  • 『VOCAROCK collection 歌ってみた』(FARM RECORDS、2013年4月24日発売、FARM-0331)
    • VOCALOIDを用いたロックの楽曲のカバーを収録したコンピレーション・アルバム。「GALLOWS BELL」「古書屋敷殺人事件」「アイロニ」「カゲロウデイズ」で参加。
  • 『艶唄-ADEUTA-』(2013年5月29日発売、ティームエンタテインメント、KDSD-632)
    • 「強烈な色」「月色回帰」で参加。
  • 『クリック ~泣き歌で歌ってみた~ プリンス盤』(2013年5月29日発売、DefSTAR RECORDS、DFCL-2006)
    • 「Dear」「letter song」で参加。
  • ベストカバーズ〜もっと日本。〜 / (2013年7月31日発売、アリオラジャパン、BVCL-519)
    • 中孝介のカバーアルバム。「桜ノ雨」で参加。
  • 『7S』(2016年11月23日発売、Sony Records、SRCL-9228)
    • 96猫のミニアルバム。「フタリボシ」で参加。
  • 『羞恥心に殺される』(2020年8月26日発売、株式会社バンダイナムコアーツ、LACA-9749~9750)
    • れるりりの10周年アルバム。「Q極進化論」で参加。

ライブ・イベント[編集]

ワンマンライブ[編集]

日程 タイトル 公演規模・会場
2016年12月15日 伊東歌詞太郎 ~冬空のむこう~ 大阪 味園ユニバース
2016年12月25日 東京 恵比寿ガーデンホール
2018年7月25日 HAPPY REBIRTHDAY 東京 TSUTAYA O-EAST
2018年9月6日 HAPPY UNBIRTHDAY TO YOU 岸和田市立浪切ホール 大ホール

ワンマンツアー[編集]

日程 タイトル 公演規模・会場
2014年5月3日 - 5月18日 伊東歌詞太郎 2014 Tour / こころ
2015年5月16日 - 6月7日 伊東歌詞太郎 2015 Tour / わざ
2017年10月25日 - 11月10日 伊東歌詞太郎ワンマンライブツアー2017「火鳥風月」
2018年8月11日 - 12月16日 伊東歌詞太郎 全国路上ライブツアー2018
2018年12月21日 - 12月29日 伊東歌詞太郎 ワンマンLIVEツアー2018「しらゆり」
2019年8月31日 - 10月20日 伊東歌詞太郎 ワンマンLIVEツアー2019「君住む街へ」
2019年11月2日 - 11月17日 伊東歌詞太郎 ワンマンLIVEツアー2019「君住む街へ」

阪名東編 ~マイホームタウンへ~

2021年1月9日 - 3月14日

伊東歌詞太郎 ワンマンLIVEツアー2021「プレアデス」


海外ワンマンライブ[編集]

日程 タイトル  公演規模・会場
  2019年1月19日 - 1月20日     中国ワンマンLIVEツアー”桃園の誓い”  
  2019年12月7日 - 12月8日     中国ワンマンLIVEツアー”桃園の誓い 2”  

プラネタリウムライブ[編集]

日程 タイトル 公演規模・会場
2016年10月22日 満天のうた 多摩六都科学館

イベント[編集]

  • 伊東歌詞太郎 自主企画ツーマンライブ
日程 タイトル 公演規模・会場 ゲスト
2015年2月25日 唯心縁起その1 大阪BIG CAT ケラケラ
2015年3月31日 唯心縁起その2 渋谷 TSUTAYA O-WEST LOST IN TIME
2015年9月26日 唯心縁起その3 名古屋 ボトムライン SAKANAMON
  • 小説「家庭教室」出版記念朗読会
日程 会場
第1章 2018年4月25日(水) 都内某所
第2章 2018年5月2日(水) 都内某所
第3章 2018年5月9日(水) 都内某所
第4章 2018年5月18日(金) 都内某所
  • 出版記念「家庭教室」朗読会&小説家ニコニコワークショップ
日程 会場
第1回 2018年4月12日(木) ニコニコ本社
第2回 2018年5月17日(木) ニコニコ本社

レギュラー番組[編集]

ラジオ「伊東歌詞太郎の僕だけのロックスター☆ラジオ」[編集]

2016年4月9日、BSSラジオ(山陰放送)で「伊東歌詞太郎の僕だけのロックスター☆ラジオ」がスタート。
当初は山陰放送で第二・第四の隔週で放送。半年後の10月1日に毎週土曜に放送が拡大された。2019年4月よりBSSは制作から撤退。放送局名は番組ホームページ内の表記に準じる。

*毎週土曜日~放送

放送局 放送時間  放送開始日   備考 
BSSラジオ(山陰放送) 土曜23:00~23:30 2016年4月9日
HBCラジオ北海道放送 日曜24:00~24:30→→→日曜25:00~25:30 2016年10月1日
KBS京都(京都放送 木曜20:30~21:00→→→→→月曜20:30~21:00 2017年4月1日
RSKラジオRSK山陽放送 土曜23:00~23:30→日曜24:00~24:30 2017年4月1日
KRYラジオ(山口放送 土曜18:30~19:00→日曜20:00~20:30 2017年10月1日
熊本放送 日曜17:00~17:30→金曜22:30~23:00→木曜23:30~24:00 2017年10月1日
MRTラジオ(宮崎放送 日曜19:30~20:00→日曜21:00~21:30 2018年4月1日
OBS大分放送 月曜21:30~22:00→月曜19:00~19:30 2019年4月1日
ラジオ福島 金曜22:30~23:00 2019年4月5日
NBCラジオ・NBCラジオ佐賀長崎放送 日曜22:30~23:00→土曜18:00~18:30 2019年4月7日
SBSラジオ(静岡放送 日曜25:00~25:30→日曜18:30~19:00→金曜23:00~23:30 2019年10月6日
以前のネット局

BSNラジオ(新潟放送

RCCラジオ(中国放送

CRTラジオ(栃木放送

ぎふチャン岐阜放送

KNBラジオ(北日本放送

MROラジオ(北陸放送

RBCiラジオ(琉球放送

YBCラジオ(山形放送


文化放送 超A&G「A&G ARTIST ZONE THE CATCH 伊東歌詞太郎のTHE CATCH」[編集]

2020年8月に1ヶ月限定で担当した「A&G ARTIST ZONE THE CATCH」に同年10月~木曜パーソナリティとしてレギュラー出演。

放送局 放送時間  放送開始日   備考 
  超!A&G+    毎週木曜 18:00~19:00(再配信: 翌日 6:00 - 7:00)   2020年10月1日              


出演・講演[編集]

講演会[編集]

  • 2019年7月7日  岡山県 玉野市立図書館・中央公民館

  『伊東歌詞太郎 講演会(トーク&ライブ)』

  • 2020年1月25日 京都府 ロームシアター京都サウスホール

  『ヒューマンステージ・イン・キョウト 2020 伊東歌詞太郎トーク&ライブ』

舞台[編集]

  • 朗読劇 大人の麦茶の朗読の時間 「DAY IN A SUN~一日だけ日の目を見る日」

雑誌[編集]

  • 2.5SongMATE 2014年2月号 (2013年12月20日、フールズ・メイトJAN 491-0169010245
  • 2.5SongMATE 2014年6月号 (2014年4月21日、フールズ・メイトJAN 491-0169010641
  • click clap!! 2015年5月号 (2015年3月20日、グリニッジクリエイティブマネジメント・メイト)JAN 491-0133350551
  • 2.5SongMATE 2015年6月号 (2015年4月20日、フールズ・メイトJAN 491-0169010658
  • BACKSTAGE PASS 2017年3月号 (2017年1月27日、シンコーミュージック)JAN 491-0175570375
  • BACKSTAGE PASS 2017年7月号(2017年5月27日、シンコーミュージック)JAN 491-0175570771

トークイベント[編集]

  • 朝日新聞社主催・中高生応援フェア「夢をかたちに!」(2017年12月22日浜離宮朝日ホール 小ホール)

脚注[編集]

[脚注の使い方]