伊東潤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

伊東 潤(いとう じゅん、1960年6月24日[1] - )は、日本歴史小説作家、ノンフィクション作家。日本推理作家協会会員[1]

略歴[編集]

神奈川県横浜市生まれ。早稲田大学社会科学部卒業。日本アイ・ビー・エムに勤務、2003年にコンサルタントに転身[2]。2002年より執筆活動を始め[1]、2007年に初の単行本『武田家滅亡』が発売される[2]。2010年より専業作家となる[2]

文学賞受賞・候補歴[編集]

文学賞受賞[編集]

候補歴[編集]

作品[編集]

小説[編集]

  • 武田家滅亡 - 2007年、KADOKAWA
  • 山河果てるとも - 2008年、KADOKAWA
    • 山河果てるとも 天正伊賀悲雲録 - 文庫版改題
  • 疾き雲のごとく 早雲と戦国黎明の男たち - 2008年、宮帯出版社
    • 文庫化に際し『疾き雲のごとく』に改題し、講談社から出版
  • 戦国奇譚 首 - 2009年、講談社
    • 戦国無常 首獲り - 文庫版改題
  • 北条氏照 秀吉に挑んだ義将 - 2009年、PHP研究所
  • 戦国鬼譚 惨 - 2010年、講談社
  • 幻海 The legend of Ocean - 2010年 、光文社
  • 戦国鎌倉悲譚 剋 - 2011年、講談社
  • 北天蒼星 上杉三郎景虎血戦録 - 2011年、角川書店
  • 黒南風の海 加藤清正「文禄・慶長の役」異聞 - 2011年、PHP研究所
    • 黒南風の海 文禄・慶長の役異聞 - 文庫版改題
  • 城を嚙ませた男 - 2011年、光文社
  • 義烈千秋 天狗党西へ - 2012年、新潮社
  • 叛鬼 - 2012年、講談社
  • 国を蹴った男 - 2012年、講談社
  • 巨鯨の海 - 2013年、光文社
  • 王になろうとした男 - 2013年、文藝春秋
  • 黎明に起つ - 2013年、NHK出版
  • 峠越え - 2014年、講談社
  • 天地雷動 - 2014年、KADOKAWA
  • 野望の憑依者 - 2014年、徳間書店
  • 池田屋乱刃 - 2014年、講談社
  • 死んでたまるか - 2015年、新潮社
    • 維新と戦った男 大鳥圭介 - 文庫版改題
  • 武士の碑 - 2015年、PHP研究所
  • 鯨分限 - 2015年、光文社
  • 天下人の茶 - 2015年、文藝春秋
  • 吹けよ風 呼べよ嵐 - 2016年、祥伝社
  • 横浜1963 - 2016年、文藝春秋
  • 江戸を造った男 - 2016年、朝日新聞
  • 走狗 - 2016年、中央公論
  • 城をひとつ - 2017年、新潮社
  • 悪左府の女 - 2017年、文藝春秋
  • 西郷の首 - 2017年、角川書店
  • 修羅の都 - 2018年、文藝春秋
  • ライトマイファイア - 2018年、毎日新聞
  • 男たちの船出 - 2018年、光文社
  • 真実の航跡 - 2019年、集英社
  • 家康謀殺 - 2019年、KADOKAWA
  • 茶聖 - 2020年、幻冬舎

実用書[編集]

  • 天下人の失敗学 - 2009年、講談社
  • 敗者烈伝 - 2016年、実業之日本社

歴史ノンフィクション[編集]

  • 関東戦国史と御館の乱 - 2011年、洋泉社、乃至政彦:共著
  • 武士の王・平清盛 - 2011年、洋泉社
  • 城を攻める 城を守る - 2014年、講談社
  • 実録戦国北条記 戦史ドキュメント - 2014年、H&I
    • 戦国北条記 - 文庫版改題
  • 北条氏康 関東に王道楽土を築いた男 - 2017年 PHP研究書、板嶋恒明:共著
  • 幕末雄藩列伝 - 2017年、KADOKAWA
  • 歴史作家の城めぐり - 2018年、プレジデント社

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 会員名簿 伊東潤”. 日本推理作家協会. 2020年5月13日閲覧。
  2. ^ a b c 著者紹介”. 伊東潤. 2020年5月13日閲覧。
  3. ^ 本屋が選ぶ 時代小説大賞 2011 受賞作”. PHP研究所 (2011年11月25日). 2020年5月13日閲覧。
  4. ^ 吉川英治文学新人賞過去受賞作”. 講談社. 2020年5月13日閲覧。
  5. ^ a b 第20回中山義秀文学賞受賞作決定!. . 文蔵 (PHP研究所) 112. (2015-01-15). 
  6. ^ 第四回 山田風太郎賞が決定”. KADOKAWA (2013年10月28日). 2020年5月13日閲覧。
  7. ^ 過去の受賞作&候補作一覧”. 高校生直木賞 (2013年10月28日). 2020年5月13日閲覧。
  8. ^ 第146回直木賞は葉室麟氏『蜩ノ記』が受賞”. オリコン (2012年1月17日). 2020年5月13日閲覧。
  9. ^ 第148回芥川賞は史上最高齢で黒田夏子氏 直木賞は朝井リョウ氏と安部龍太郎氏の2作”. オリコン (2013年1月16日). 2020年5月13日閲覧。
  10. ^ 第149回芥川賞・直木賞の候補作が発表されました。”. 紀伊國屋書店 (2013年7月11日). 2020年5月13日閲覧。
  11. ^ 第150回「芥川賞・直木賞」候補11作決まる いとうせいこう氏が2回目の選出”. オリコン (2013年12月20日). 2020年5月13日閲覧。
  12. ^ 第155回「芥川賞」に村田沙耶香氏『コンビニ人間』 直木賞に荻原浩氏『海の見える理髪店』”. オリコン (2016年7月19日). 2020年5月13日閲覧。