伊東祐久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
伊東祐久
時代 江戸時代前期
生誕 慶長14年7月10日1609年8月9日
死没 明暦3年10月27日1657年12月2日
改名 鶴千代/藤松(幼名)→祐久
官位 従五位下大和
幕府 江戸幕府
主君 徳川家光家綱
日向飫肥藩
氏族 日向伊東氏
父母 父:伊東祐慶、母:大田原氏の娘
兄弟 祐久祐豊
正室滝川法直の娘尾張藩重臣)
祐由(長男)、祐春(三男)、祐実(四男)
テンプレートを表示

伊東 祐久(いとう すけひさ)は、江戸時代前期の大名。日向国飫肥藩の第3代藩主

第2代主・伊東祐慶の長男として京都にて生まれた。寛永13年(1636年)5月29日、父・祐慶の死により家督を継承する。このとき、弟・祐豊(主膳正)に3000石を分与し旗本寄合とした。翌寛永14年(1637年)の島原の乱では2500人を率いて天草に出陣した。清武郷の松井五郎兵衛に井堰建設と用水路開削の認可を与え、用水路は寛永17年3月(1640年)に完成した。正保年間、潮嶽神社の修繕を行う。慶安3年(1650年)、外ノ浦に防波堤を築く。

明暦3年(1657年)10月27日、江戸藩邸にて49歳で死去し、家督は長男・祐由が継いだ。

生前、鵜戸権現より勧進し、榎原神社の建立に着手していたが、没後の万治元年(1658年)に完成した。