伊東祐之 (薩摩藩士)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

伊東 祐之(いとう すけゆき、文化13年2月1日1816年2月28日) - 慶応4年3月12日1868年4月4日))は幕末薩摩藩の武士。は祐之。幼名新蔵。通称は作四郎、新十郎、茂右衛門、猛右衛門。陽明学者。曾孫は文豪の埴谷雄高という。家格御小姓与。

経歴[編集]

先祖は伊東平右衛門祐氏の次男の伊東新右衛門という。その分家筋の伊東新左衛門祐勝と伊東平左衛門祐良の娘との間に長男として誕生し、伯父で本家の伊東新之亟祐可の養嗣子となる。

東郷実友の近所(現・鹿児島市加治屋町)に住み、東郷実猗東郷平八郎兄弟や海江田信義が師事したという。

子は伊東蒙助祐章と伊東猛助祐実の2人であるという。長男伊東祐章は5男2女を儲けるが、次女のあさ以外は夭折する。あさは般若三郎の妻となり、般若豊(埴谷雄高)を産んだとされる。

参考文献[編集]

  • 大平義行「幕末薩摩藩士 陽明学者 伊東猛右衛門祐之とその家族」(1992年3月18日)