伊東祐吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
伊東祐吉
時代 戦国時代
生誕 永正14年(1517年
死没 天文5年6月8日1536年6月26日
別名 六郎十郎
氏族 日向伊東氏
父母 父:伊東尹祐、母:福永祐炳
兄弟 福永源兵衛室、男子(生母は中村氏)、
祐充義祐、玉蓮夫人(島津忠治室)、祐吉
テンプレートを表示

伊東 祐吉(いとう すけよし)は、戦国時代武将日向国戦国大名日向伊東氏10代(伊東氏15代)当主。伊東祐充義祐は同母兄。

概要[編集]

天文2年(1533年)、兄・祐充の死後まもなく、叔父伊東祐武が反乱を起こし、家中で専権を振るっていた外戚福永祐炳ら福永一族4人が自害に追い込まれた(武州の乱)。祐吉は荒武三省に擁立された兄の祐清(後の義祐)と共にこれを鎮圧したが、荒武三省が米良一揆に敗れて戦死すると、祐清を嫌った長倉祐省を始めとする重臣層によって次期当主に擁立され、家督を相続した[1]

宮崎城を居城とし、伊東氏の内紛に乗じて侵攻した県土持氏を撃退したが、天文5年(1536年)に病死した[1]。享年20[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b 阿部 & 西村 1990, p. 108.
  2. ^ 『日向郷土史年表』

参考文献[編集]

  • 阿部猛; 西村圭子編 『戦国人名事典』(コンパクト版) 新人物往来社、1990年9月。ISBN 4-404-01752-9。