伊東祐崇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
 
伊東祐崇
時代 江戸時代
生誕 寛文9年(1669年
死没 延享4年11月10日1747年12月11日
官位 従五位下駿河
氏族 日向伊東氏
父母 父:伊東祐春、母:土岐頼泰(縫殿助)娘
兄弟 祐崇、祐連
正室:分部信政
側室:松平義昌娘・稲姫
伊東祐永正室(伊東祐実養女)

伊東 祐崇(いとう すけたか)は、江戸時代中期の武士日向国飫肥藩の世嗣。表向御礼衆交代寄合伊東祐春の長男。同母弟に表向御礼衆交代寄合・祐連(靱負)。

天和2年(1682年)12月26日、徳川綱吉に初お目見えする。元禄6年(1693年)3月2日、叔父で飫肥藩5代藩主・伊東祐実に男子がいなかったため養嗣子となり、12月18日に従五位下、駿河守に任官する。

宝永4年(1707年)、病気を理由に廃嫡される。しかし、皮肉にも婿・祐永、外孫・祐之よりも長生きした。

延享4年(1747年)、79歳で死去。

参考文献[編集]

  • 「寛政重修系図 第1輯」