伊東祐帰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
伊東祐帰
Itō Sukeyori.jpg
伊東祐帰
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 安政2年11月3日1855年12月11日
死没 明治27年(1894年4月25日
官位 正四位修理大夫
主君 明治天皇
日向飫肥藩
氏族 日向伊東氏
父母 伊東祐相
兄弟 祐帰、徽美、亀井茲明正室、
本堂親久正室、宏子、亀井茲明継室、久
木下俊敦岩倉具慶娘文子
酒井忠義娘久子
祐弘
テンプレートを表示

伊東 祐帰(いとう すけより)は、日向国飫肥藩14代(最後の)藩主。飫肥藩知事

生涯[編集]

第13代主・伊東祐相の長男。明治2年(1869年)、父が隠居したため家督を継ぎ、まもなく知藩事となる。そして藩の官制改革などを行なっている。明治4年(1871年)の廃藩置県東京に移住する。

明治10年(1877年)の西南戦争においては、継室の養兄である岩倉具視の要請により、飫肥士族に西郷隆盛率いる西郷軍に加担しないように手紙を送っており、同年4月2日小倉処平ら飫肥隊のもとに届いている[1]

1884年(明治17年)7月8日、子爵を叙爵した[2]。明治27年(1894年)4月25日、東京にて40歳で死去した。鵜戸神宮宮司を務めた[3]

栄典[編集]

系譜[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「飫肥城歴史資料館紀要・読み物編第2集 飫肥西郷と呼ばれた男 小倉処平」
  2. ^ 『官報』第308号、明治17年7月9日。
  3. ^ 『官報』第3252号、明治27年5月5日。
  4. ^ 『官報』第3245号「叙任及辞令」1894年4月27日。


日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
飫肥日向伊東家初代
1884年 - 1894年
次代:
伊東祐弘